キトラ古墳の一般公開を文化庁が発表 どうやって申し込むの?

Pocket

キトラ古墳の一般公開が9/24から始まると文化庁から発表がありましたね。

一般公開の日をまだかまだかと待ち遠しく思われている方もたくさんいらっしゃるのでは?

逆にキトラ古墳…何となく名前は聞いたことがあるけど、実際何がそんなに凄いのか全然知らない…という方もいらっしゃることでしょう。

歴史や古墳に興味のない方なら当然だと思います。

でも、これを読めばちょっと見てみたいな…という気持ちになるかもしれません。

【スポンサードリンク】

キトラ古墳のどこが魅力的なの?

とっても基本的なことですが、キトラ古墳はどこにあるかご存知ですか?

キトラ古墳があるのは奈良県明日香村。

文化庁と国土交通省から国営飛鳥歴史公園にキトラ古墳の壁画を保存し、公開する施設として『キトラ古墳壁画体験館 四神(しじん)の館(やかた)』が9/24にオープンするのです。

このキトラ古墳の内部の天文図や四神の壁画が色彩を使って描かれているということで話題となっています。

古墳とは、古代のお墓にあたる者ですが、このキトラ古墳は天武天皇の皇子、もしくは側近の高官ではないかとみられています。

その古墳内に描かれている四神(しじん)は、古代中国思想に由来する4つの方位を守る青龍(東)、白虎(西)、朱雀(南)、玄武(北)という動物。

気学でも『四神相応』といわれる四神の存在に最もふさわしいとされる地形というものがあります。

古墳内の4つの壁の中央にそれぞれの四神が描かれ、天井に『天文図』が描かれています。

この壁画はもちろん、長い年月によって損傷しているので、文化庁により修復、保存のための剥ぎ取り作業が行われていたのです。

そしてキトラ古墳の『天文図』は現存している天文図としては世界最古の可能性があるので、世界中から注目されている天文図の1つなのです。

長い年月を経て現代に生きる私たちが見ることができるなんて、その長い時間とロマンを感じませんか?

【スポンサードリンク】

申し込みはどうすればいいの?

文化庁はこの『天文図』も『四神』も一般公開の申し込みを行っています。

この一般公開の申し込みの募集要項は8/12の午前10時から文化庁の『H.28年度 キトラ古墳壁画の公開』のホームページで確認することができます。

一般公開の申し込みは、応募数が多数の場合は抽選となっていて、一般公開の申し込みはインターネットか往復はがきで申し込むようになっています。

期間は9/24~10/23で店員が各日約700人となっていますが、空きがあれば当日申し込みも受け付けるとのことです。

こちらの記事も読んでみませんか?

【スポンサードリンク】

《みんなが見てる記事TOP10》
武井直子氏の経歴は?都知事選に出馬して何がしたいの?
武井直子さん、都知事立候補。無職?!
武井直子 都知事に立候補した無職の女性
『死幣』ドラマは関西では放送されない?
中森明菜を盗撮 現在は?2016年12月に復活?
pokemon go go goアプリは偽物?!レアポケモンはどのポケモン?
ドーナツポップ、ミスドより発売!詰め放題があるの?
歌広場淳、彼女エリカと結婚?!
斎藤佑樹選手の2016年成績は?
アレッポの石鹸は危険!?洗髪後のリンスはどうするのか?

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年8月10日

カテゴリー:話題

サブコンテンツ

このページの先頭へ