アンチエイジングとは何か?肌によいものなのか。

Pocket

よくアンチエイジングって聞きますけど、何なんでしょうか。
肌に良いものなのでしょうか。

効果って、どのようなものなのでしょう。
アンチエイジングって何でこんなに流行っているのか知りたいところです。

そもそもアンチエイジングとは何んなのか。
素肌にどれだけ良いのか。

何をもってアンチエイジングと言うのか。
年を取らないと言われるアンチエイジングとは本当に肌に良いのでしょうか。

そこで今回は、『アンチエイジングとは何か?肌によいものなのか。』というテーマで調べた結果をお伝えしたいと思います。

正しいアンチエイジングとはどのようなものか。
間違ったアンチエイジングとは何が悪いのか。

肌に、どれだけの効果があるのか大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

アンチエイジングとは何か

まずアンチエイジングとは何かです。
テレビや雑誌でアンチエイジングという言葉が良く使われます。

エイジングとは、年を重ねるですが、このエイジングをさせないことをアンチエイジングと言います。

アンチエイジングとは日本語で「抗老化」つまり年を取らないということになります。

完全に年を取らないというわけではなく、広範囲に老化の原因を取り除いたりして老化を防止することもアンチエイジングと言われます。

老化の原因を取り除くだけでなく、老化を予防することもアンチエイジングと言われます。

年を取る原因は、活性酸素です。
活性酸素は呼吸するだけで、取り入れてしまいます。

毎日、呼吸するだけでエイジングしているということになります。

アンチエイジングが話題となって、活性酸素を取り入れる有酸素運動が人体に悪影響を及ぼすと言われるようになったのはこのためで、有酸素運動をすればするほど、活性酸素を取り入れるので老化していきます。

呼吸以外でも、タバコストレス紫外線飲酒などでも活性酸素を取り入れることとなります。

多量に活性酸素を取り入れてしまうと、細胞を破壊して、肌のコラーゲンが無くなり、皮膚の、たるみ、肌に皺ができる原因になります。

【スポンサードリンク】

肌に良いアンチエイジング

先ほども述べましたとおり、活性酸素を取り入れないのが最大のアンチエイジングになります。
これが肌に最高に良いアンチエイジングということになります。

では、どうすれば活性酸素を取り入れないアンチエイジングが可能となるのでしょうか。

それは、有酸素運動をしないことです。

美肌を保ちたければ、マラソン、ランニングその他の有酸素運動を避けることです。

有酸素運動をすれば多量に呼吸をして活性酸素を多量に摂取することになります。

できるだけ呼吸をしないことが最良のアンチエイジングということになりそうです。

肌に悪いアンチエイジング

砂糖はアンチエイジングの敵といっても良いでしょう。

アンチエイジングに一番悪いものは糖化です。

糖化を起こせば肌は老化していきます。

小麦粉、砂糖など糖質の多いものを避け、糖質制限断糖を心がけるようにしましょう。

これだけでかなりのアンチエイジングになるといえます。

まとめ

いかがでしたか?『アンチエイジングとは何か?肌によいものなのか。』
アンチエイジングといっても、そんなに難しいことでもありません。

簡単な心掛けで肌の老化を防ぐことができることが分かりました。

特に活性酸素を取り入れないことや、糖質制限などは、明日からでもすぐに実行できそうですね。

まだまだアンチエイジングの歴史は短いですが、また何か最新の情報がありしだい、公開したいと思います。

ぜひ日頃の生活にアンチエイジングを取り入れて美肌を目指したいですね。

【スポンサードリンク】

それではまた次回よろしく、お願いいたします。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月25日
最終更新日:2016年6月24日

カテゴリー:美容

サブコンテンツ

このページの先頭へ