あせもの薬はステロイドだけじゃない!原因と治療法で正しい薬の選び方 ?大人と子供の湿疹の違い?

Pocket

汗を沢山かく季節、あせもってイヤですよね。
あせもで痒みやブツブツって辛いですよね。
あせもの原因ってなんなんでしょうか。

暑い夏に真っ赤なブツブツのあせも、あせもってどうにか治療法などないものなのでしょうか。

大量のステロイドは副作用が気になるし。
あせもの治療を受けて原因から治してみたいものです。

なにか良いあせもの薬ってないものなのでしょうか。
原因をつきとめて早めに治療したいものです。

できればステロイドを使わない原因から完治させる良いあせもの治療法などあれば知りたいものです。

しかし、あせもの薬は副作用の多いステロイドだけじゃありません。
自然の天然成分の薬だってステロイドに劣らない治療法もちゃんとあるんです。

そこで今回は、『あせもの薬はステロイドだけじゃない!原因と治療法で正しい薬の選び方 ?大人と子供の湿疹の違い?』というタイトルで天然の薬を大公開いたします。

【スポンサードリンク】

あせもの薬はステロイドだけじゃない

ステロイド配合の薬は、早く治したいときに有効ですが、即効性を求めなければ、他の薬でも大丈夫とみて良いでしょう。

どうしても早く治したいので即効性を期待するのであれば、ステロイド配合の薬も考慮する必要があるといえます。

一般的に病院の診断で出される薬のほとんどは、ステロイド配合のお薬を処方されます。

短期間で即効性を優先するのであれば、医師の診断を受けて薬を処方していただくのもベストでしょう。

ステロイドを使い短期間で治すのであれば、跡にになることが比較的すくないからです。

症状が少ないときは、とにかく入浴シャワーで肌を清潔にします。

これだけでも、あせもの改善になるのだから薬を塗る前にシャワーを浴びて皮膚を清潔に保ちましょう。

どうしても入浴やシャワーで症状が改善されないようであれば、ステロイドを使わずに天然成分の薬を使うようにしましょう。

ステロイドを使わずに天然の成分で治すならば馬油をお勧めいたします。

馬油は、あせもができてしまったら、できるだけ早く塗ることで改善いたします。

塗る目安としては、量はベトつかない程度を目安にすると良いでしょう。

あせもの原因と治療法

あせもの原因は、汗が皮膚に溜まってしまうことで起こります。

長時間、汗が一定個所の皮膚に留まっていると炎症を起こすこれがあせもとなります。

夏でなくても、高温多湿なところで活動をすれば汗が溜まることがあり、あせもになる可能性もあります。

あせもの治療方法は、まず悪化させないことになります。

悪化させない方法はどうすればいいのかというと、なんといっても保湿になり、保湿力を上げるには衣類の通気性を保つことになります。

治療法として大事なのは、あせもを掻かないということになります。

あせもを掻くと、掻いたところから細菌感染を起こして、化膿する可能性があるから充分に気をつけたいところになります。

食生活での治療法は、辛いものアルコールを避けることになります。

飲食で刺激物を大量に摂取すると皮膚が痒くなり無意識で掻いてしまうからです。

【スポンサードリンク】

大人と子供の湿疹の違い

子供の湿疹は、皮膚バリアが低いために起こる湿疹です、皮膚を清潔に保つことで改善されます。

大人の湿疹は、主に、汗を大量にかくことによって湿疹となります。

どちらも皮膚を清潔に保つことにより改善されるでしょう。

特に子供の場合は食事が原因の可能性があり得ます。

加工食品などのアレルギーが発症して炎症を起こすケースがあげられます。

まとめ

いかがでしたか?『あせもの薬はステロイドだけじゃない!原因と治療法で正しい薬の選び方 ?大人と子供の湿疹の違い?』

あせもは、天然の成分で治せることがわかり、とても助かった思いがあると思います。

特に馬油は効果絶大なので、これを読んだ人は、馬油で完治させてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

それでは、また良い天然の薬があったらお知らせしたいと思います。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月19日
最終更新日:2016年6月17日

カテゴリー:健康

サブコンテンツ

このページの先頭へ