足つる原因は運動のせい?

Pocket

日々の日常生活で足がつる又はつったことがある人はいますか?

又はその足をつる原因が運動にあることをご存知ですか?

足をつるととても痛いですよね。

ですが、その足をつる原因が運動にあったらどう思いますか?

足がつるというのは運動が原因であり、運動による水分やエネルギーが不足するという原因により足がつるのです。

今回は『足つる原因は運動のせい?』という内容で詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

足がつるとは?

つるというのは、足がつる、別名『こむら返り』と呼ばれており、急に痛みを伴って足の筋肉が収縮したり、痙攣を起こしたりする症状です。

一般的な症状は突然強い痛みを伴って、自分の意志とは関係なく、足の筋肉が異常に収縮したり、痙攣したりするのが、足がつったときや、こむら返りが起きたときの症状です。

時には、しびれを感じることもあります。
足がつると筋肉が非常に固くなり、激痛が発生するので、大変動かしづらくなります。

一般的には足がつる場所は複数あり、ふくらはぎに限らず、足の側面や足の指、腱などにもつるという現象が起こります。

また、足がつることを別名「こむら返り」とも呼びますが、「こむら」とは「腓」と書き、ふくらはぎのことを指します。

こむら返りは足だけではなく、手や首、腹、背部などいろんな部位に発生すると言われています。

足がつる原因

足がつる原因は主にサッカーやテニスなど足を激しく動かす運動中に起こりやすいと言われています。

激しい運動をすると、筋肉に疲労物質である乳酸が溜まり、筋肉の異常な興奮が発生することが原因で足がつるのだと言われています。

他の原因は体内の水分の不足準備運動が十分でなかったり、普段使われていない筋肉に急に力を入れたりすることで足がつるという可能性も考えられます。

他の運動にはジョギングやハイキング、ウォーキングなどの軽い運動のときでも足がつることがありますし、運動以外にもベッドで寝ている時に足を伸ばしたりすることで足がつることもあります。

【スポンサードリンク】

足がつるのを抑える方法

足がつるのを抑える方法は3つあります。

  • 適度な運動とこまめな水分補給
  • 寝る前にふくらはぎをストレッチ
  • ツボを押したり、マッサージをする

1つずつ解説していきます。

1.適度な運動とこまめな水分補給
筋肉の量が減ると血行が悪くなって筋肉が伸びていることを感知するセンサーがうまく機能しなくなり、足がつることがあります。

ですので筋力の低下を防ぐために、適度な運動を取り入れるようにしましょう。

また、スポーツドリンクなどのこまめな水分補給ミネラルの補給をしっかり行ってください。

水分不足になると血行が悪くなり、水分だけを補給してしまいますとミネラルのバランスが悪くなってしまいますので不足しがちなマグネシウムやカリウム、カルシウムなどのミネラルを摂り、しっかり補給してください。

スポーツドリンクには、汗などで失ってしまうミネラルがバランスよく配合されていますので、オススメです。

2.寝る前にふくらはぎをストレッチ
筋肉の疲労をためないために、就寝に足のストレッチをして筋肉をほぐしてください。

習慣として続けることが大切なので、手軽で簡単ななストレッチがオススメです。

3.ツボを押したり、マッサージをする
ツボ押しやマッサージをする時はお風呂が効果があり、お風呂でツボ押しとマッサージを行うと、血行が良くなって足の疲労の回復ができます。

強く押したり擦らないように注意して、足首からひざへとやさしくマッサージしていきましょう。

以上の3つです。

まとめ

いかがでしたか?『足つる原因は運動のせい?』
運動だけが原因ではないということがお分かり頂けたと思います。

【スポンサードリンク】

つった時はとても苦しいですよね。
ですので、足や体のつりが発生しないよう軽い運動をしたり、水分補給をしっかり摂ってください。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年6月3日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:健康 運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ