バターコーヒーの効果は?普通のバターで代用できるの?

Pocket

こみからg バターコーヒー 効果、g普通のバター、代用

【スポンサードリンク】

バターコーヒーとは?

バターコーヒーとはアメリカからきたもので、普通のコーヒーとは違いバターコーヒーはいろんな効果があり、健康やダイエットの効果があります。

バターコーヒーは本来無塩のグラスフェッドバターが必要なのですが他のバターで代用することもでき、普通のバターで代用することができますが、本来のバターコーヒーを味わうことはできません。

バターコーヒーはコーヒーにグラスフェッドバターを加えることによって、通常では味わうことが出来ない贅沢でクリーミーな味へと変貌と遂げます。

しかし、グラスフェッドバターというのは日本では入手困難なバターで、バターコーヒーというのは牧草で育った牛の乳から作られたバターを使わなければいけません。

しかし、グラスフェッドバターを使わなくてもバターコーヒーは普通のバターで代用することはできます。

グラスフェッドバターでも代用の普通のバターでも無塩のバターの方が身体に良いですし、しかもバターコーヒーにはダイエット効果があり、オススメです。

しかし、バターコーヒーでダイエットをする場合グラスフェッドバターでなければ効果がありませんので、普通のバターではバターコーヒーでダイエットすることはできません。

ですので、普通のバターでも代用はできるのですが、本来のバターコーヒーを味わう又はバターコーヒーでダイエットをするには普通のバターではなくグラスフェッドバターでなければいけません。

バターコーヒーでダイエットをする

バターコーヒーでダイエットをするには必ずグラスフェッドバターが必要で、市販で売っている普通のバターではバターコーヒーでダイエットすることはできません。

理由はグラスフェッドバターにあり、グラスフェッドバターには良質の不飽和脂肪酸が豊富に含まれているからです。

不飽和脂肪酸とはコレステロールや中性脂肪が減量するなどの効果があり、ダイエットに効果があります。

普通のバターですと逆に太ってしまいますので注意してください。

また、バターコーヒーはクセのある味があるので、腹持ちが良いのです。

そのため、無駄な間食が少なくなるなどの効果がありますので、ダイエットにオススメです。

しかし、グラスフェッドバターを使ったバターコーヒーは一般のコーヒーに比べカロリーが300kcal近く高くなるので頻繁に摂取すると逆効果になりますので1日一杯や2杯ぐらいの感覚でバターコーヒーを飲んでください。

【スポンサードリンク】

ダイエット向けのバターコーヒーの作り方

グラスフェッドバターを使ったバターコーヒーの作り方としては

1.コップ1杯のフレンチブレスもしくはドリップで淹れられたコーヒーを用意します。

2.大さじ1・2杯の無塩グラスフェードバターを入れます。

3.大さじ1・2杯のMCTオイル(ココナッツオイル)を入れます。

4.ミキサーへ入れ、20から30秒間混ぜます。

5.泡立った状態でカップへ注いで完成です。

以上がバターコーヒーの作り方です。

なぜ、MCTオイルが必要なのかというと中鎖脂肪酸には一般の油より素早く消化・吸収が行われ、すぐにエネルギーになるのが特徴なのです。

ですので、ダイエット用に作るバターコーヒーにはMCTオイルが必要なのです。

まとめ

バターコーヒーは無塩の普通のバターでしたら代用はできますが、本来のバターコーヒーやバターコーヒーをダイエットに使うにはグラスフェッドバターが必要なのです。

【スポンサードリンク】

ですので、結果的にはバターコーヒーには普通のバターでは代用することは難しいです。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年6月7日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:健康 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ