B型長女の性格あるある~!

Pocket

長女でありなおかつB型の性格のあるある特徴ってどうなのでしょう。

日本人は海外の人から言わせると血液型占いとか結構好きで気にしてるよね~と言われます。
科学的根拠とかハッキリしていなくても、何となく当てはまる人が多いから日本人は好きなのです。

日本人で自分の血液型を知らない人は本当に少ないです。小学校のときから自分の血液型を知ってるのではないでしょうか?

いくら迷信だと言われてもそれなりの悪い影響、よい影響は血液型が関係していると思い込ん
でいるところもあります。
ただし血液型だけで考えるとB型らしくないね~とかになってしまうことがあります。

よく言われるB型の性格あるある!
「やっぱりB型だね~」と、あるあるな特徴や何かが違う人がいたりするのは、兄弟でも産まれた順番や性別の関係、何人兄弟か?とかも大きな性格の元となるのです。

そして生まれ育った環境、まわりの人間関係の方が血液型よりも大きく影響供してるためにB型らしからぬ言動をしてることもあります。あるある特徴として、一番わかりやすいのが、同じ両親から生まれて育ってきた、血液型も同じなのに性格が全然違うというパターンがあるからです。

たとえ双子だとしても違う時がありますよね。あれは不思議です。
数秒~数分違いで生まれただけでも血液型が同じで見た目がよく似てて見分けが難しいとしても性格が違ったりします。面白いですよね。
もちろん全くの他人よりは似てるところは多いと思います。

といいましても、B型長女のあるある性格ってよくわからないといわれますので今回は『B型長女の性格あるある~!』として、調べてみました。

【スポンサードリンク】

B型の特徴

日本の血液型でB型は3番目だといいます。そんなに多くないということになります。
1番目はA型、2番目はO型、3番目にB型、4番目にAB型という順番が出ています。

3番目のB型と4番目のAB型は人によっては避けたい人と敬遠されたりすることもある。
ではB型ってどんな特徴があると見られているのか?まとめてみます。

【超マイペース】

周りの状況を知りつつも我がペースでしかできないという感じ、よい言い方をすれば自由楽天的、焦らない
逆から見たら、自己中心的、空気を読めない
周りの人の気持ちに気付かない、危機感がない人から例え親であろうと好きな人からであろうと束縛されるのは窮屈に感じる

【人目を気にする】

人なつこい人が多く、気さくさを感じさせたりもするが、強く言われると断れないところもある。それは人の反応をすごく意識しすぎているところがあったり、執着やこだわりが強かったりする
気さくな性格で話しやすいと言われやすいが、深い人間関係を持津ことが苦手。

【B型の多くの人は意地を張る】

甘えたいのに甘え方が分からないとか恥ずかしいとかを思う。
日本ではB型は自分勝手といわれることが多いためか自分に自信を持てない人も多い

【一つに絞り切れない欲張り】

恋愛でも趣味でも案外に一つに絞って集中するというよりも、多数に気を取られてしまう
よいかどうかわからないけども、目標がハッキリ決められない。

【相手の人が自分の思うようにしてもらえると機嫌がいい】

血液型に関係なく誰でも自分が正しいと思うから言っていると思いますが、B型はそれが態度に出やすい。
自分の感情のコントロールが苦手

【スポンサードリンク】

長女の特徴

長女というのは親にとって初めての子供ということになります。兄がいるけど女の子としては初めて。
どちらにしても親は初めて育てることになりますから、少し手探り状態だったりします。

何をするにもはじめてなので上手くいかないもの。しかしどこかキチンとしたい子供にもさせたい期待感!
そのために両親も厳しく接してしまうことも多くなるようです。

  • いい子に育てたいという強い気持ちから子供にもいい子になるようにと失敗を許さないために完璧主な子
  • 白黒をつけないと気が済まないところもある
  • 初めての子供として親が神経質になって育て多分、子供もどことなく神経質なところがある
  • 親がなんでもしてくれたため大人になっても誰かが何とかしてくれるという甘えが抜ききれない
  • 長女として下の面倒をみる習慣がある人はどうしても自分の考えを押し付けがちになってしまう

まとめ

ざっと書いてみましたが、B型長女は感情はまわりに影響されやすいという感じでしょうか?

ただ生まれた環境で違うとしたら、大人になって独立して会社勤めしたり友達関係、結婚したりすることで新しい考え方を受け入れられる人であれば成長できる柔軟さもあるのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年10月6日

カテゴリー:日常 話題

サブコンテンツ

このページの先頭へ