ブルーライトの影響は肌にもくるって本当?メガネは効果があるの?

Pocket

ブルーライト』って最近よく耳にしませんか?
ブルーライトを見ると目に悪い影響を与えるのでブルーライトをカットするメガネ効果があるのでメガネをしましょう…と聞きませんか?

ブルーライトって目にだけ影響するのでしょうか?
顔や耳、などには影響はないのでしょうか?

そもそも、ブルーライトはどういった影響がでるのかご存知ですか?

なんとなく悪いというイメージだけではありませんか?

具体的にブルーライトがどういった影響を目や肌に与えるのか、
また、その対策にメガネは効果はあるのでしょうか?

肌にも影響するとしたらその対策もメガネでいいのでしょうか?

ブルーライトが肌に影響を及ぼしていたなんて知らなかった…なんては怖いですよね。

そこで今回は『ブルーライトの影響は肌にもくるって本当?メガネは効果があるの?』と題して詳しく調べてみました。

ブルーライトって何?

まずは基本的なところから。
そもそも『ブルーライト』とはどんなものなのでしょう?

ブルーライトとは、可視光線の中で最も強いエネルギーを持った光で、太陽光にも含まれています。

このブルーライト、水晶体や角膜で吸収されずに、網膜まで達するといわれています。

テレビやパソコン、スマートフォンやLED照明など、生活していくうえで触れない日はないといっても過言ではないほどありとあらゆる場所で使われています。

ブルーライトと聞くと『青い光りじゃないの?』と思われがちですが、青く見える光だけがブルーライトではありません。

白く見える光の中にも青い光は混じっているのです。

ブルーライトの影響は肌にも?

情報化社会と言われる現代。パソコンの普及率も、スマホの普及率もあがり、毎日何らかのブルーライトを浴びて生活している人がほとんどではないでしょうか?

今、あなたが見ているスマホ、もしくはパソコンといったものからももちろん出ているのです。

その影響はざっくり分けて次の3つです。

  • 眼精疲労・網膜の損傷
  • 自律神経が乱れる(体内時計が狂う)
  • 肌への悪影響

1つずつ詳しくみていきましょう。

【眼精疲労・網膜の損傷】
スマホやパソコンを長時間見ていると目が疲れるといった症状、経験があるのではないでしょうか。

ブルーライトカットのメガネが販売されているように、目にはとても危険な光なのです。

ブルーライトは紫外線の次に波長が短く、高周波数で高エネルギーの可視光線。

紫外線の次に危険なのではないかとも言われているものです。

実際、私の知り合いにも長時間パソコンと向き合ったため、目が疲れ、全身の疲労にも繋がってしまったという方を知っています。

また、非常に稀ですが、網膜損傷の危険を秘めているということがあります。

ほとんどが眼精疲労で終わりますが、その危険性も覚えておいていただければと思います。

【自律神経が乱れる(体内時計が狂う)】
こちらは以前から問題視されていますよね。

寝直前までスマホをいじっているとよ良い睡眠がとれない…聞いたことありませんか?

睡眠と深くかかわっている『メラトニン』というホルモン。

このホルモンは睡眠促進の作用があり、夜になるとたくさん分泌され、眠りにつくのです。

しかし、ブルーライトを浴びすぎると、このメラトニンが分泌されにくくなってしまいます。

その結果、睡眠不足自律神経が乱れるといった症状が現れてくるのです。

睡眠不足により疲労がたまると、血行不良代謝も悪くなるので、ストレスが溜まってしまいます。

ストレスは様々な不調を生み出しますので、せめて寝る前、2時間前はスマホやパソコン、テレビといったブルーライトを見るのはやめましょう。

【肌への影響】
ブルーライトの波長の特性から、肌の皮下組織の下の血液にまで浸透すると言われています。
これが皮膚を老化させるといわれています。

また上記にもありますように、『代謝が悪くなる=肌のターンオーバーが乱れる』といったことも起きてきます。

代謝が悪くなるということは便秘にも繋がりますので、肌への影響はさけられません。

メガネは効果があるの?

現代社会では、ブルーライトを見ないで生活する…パソコンやスマホ、テレビといったものを見ずに生活するということはかなり難しいことです。

自分でできるブルーライトの対策としては、ブルーライトカットのメガネをしたり、ブルーライトカットのシートを画面に貼るなどして対策してください。

メガネやシートは効果があります。

まとめ

いかがでしたか?『ブルーライトの影響は肌にもくるって本当?メガネは効果があるの?』
ブルーライトは目だけでなく、肌や身体全体に影響を及ぼすことがお分かり頂けたと思います。

あなたや、あなたの大切な家族を守るためにも、きちんと対策をしたいですね。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年7月2日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:健康

サブコンテンツ

このページの先頭へ