チーズを食べると恋愛が成就する!?チーズと「恋愛ホルモン」の関係とは?

Pocket

チーズで恋愛成就?

出会いがないとか。なかなか人を好きになれないとか。
恋愛相談でよく聞く悩みですが、もしかしたらそれは脳内の恋愛ホルモンの分泌によるものかもしれません。

チーズと恋愛と全く関係ないように感じるかもしれませんが、実はチーズと恋愛成就って関係あるんです。

チーズを食べると恋愛ホルモンが出て、恋愛成就しやすくなるとか聞いたことありませんか?
実はチーズには、恋愛成就に関する恋愛ホルモンを分泌しやすくさせる効果があるんです。

気になるチーズと恋愛成就、そして恋愛ホルモンの関係にクローズアップ!

今回は『チーズを食べると恋愛が成就する!?チーズと「恋愛ホルモン」の関係とは?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

恋愛ホルモンとは?

恋愛ホルモンとは人が恋に落ちるときに分泌する「フェニルエチルアミン (PEA)」という脳内物質なんです。

恋をするとPEA(恋愛ホルモン)が分泌するわけではありません。

PEA(恋愛ホルモン)は麻薬様物質で大量に分泌されると、恋人のことしか考えられなくなり、客観的に物事を見ることが出来なくなってしまいます。

そのため、PEA(恋愛ホルモン)が分泌されたときに、人は恋に落ちたと錯覚してしまうんです。

好きな人と一緒にいるだけでドキドキしたり、一目惚れ恋煩いもPEA(恋愛ホルモン)が関係しているそうです。

PEA(恋愛ホルモン)の持続期間は?

PEA(恋愛ホルモン)の持続時間は個人差がありますが、約3年だと言われています。

PEA(恋愛ホルモン)は3ヶ月目から減りはじめ、約3年で枯渇すると言われてます。

付き合って3年ほど経ち、PEA(恋愛ホルモン)が枯渇してしまうと、次なる刺激を求めて浮気に走ったり、単純に相手に興味をなくしてしまったりする可能性が出てくるんです。

そして、3年が経過すると、別のホルモン、βエンドルフィンセロトニンなどの安心感や安定感、うっとりした穏やかさ、居心地の良さなどの幸福感を感じさせるホルモンが出始めます。

つまり、ほとんど意識しないほどにリラックスできる相手になってしまっています。

そして、一度相手に飽きてしまった場合、好きで好きでどうしようもないという激しい感情を復活されることは不可能だと言われています。

チーズと恋愛ホルモンの関係は?

さて、その恋愛ホルモンの成分である「フェニルエチルアミン (PEA)」という物質は、チーズに多く含まれているそうです。

そのため、チーズをたくさん食べる人はそうでない人に比べて、「好き」「尊敬している」などのパートナーに対してのポジティブな感情が高い傾向が見られるそうです。

PEA(恋愛ホルモン)は、カカオやワインにも多く含まれるのですが、チーズは特にPEA(恋愛ホルモン)を分泌させるアミノ酸が豊富に含まれているんです。

そのため、恋愛成就アップや恋愛をしたいならチーズがおススメです。

脳を恋愛モードにさせてくれるので、特に意識しなくても恋愛を中心とした生活を送れるようになるでしょう。

【スポンサードリンク】

チーズでマンネリ脱出?

さらに、チーズを食べることによってマンネリを予防できちゃうんです。

チーズをよく食べる人の方がマンネリを感じるタイミングが遅く、恋する気持ちが持続すると言われているんです。

さらに、パートナーと過ごす時間はチーズをよく食べる人の方が長いそうです。

チーズを食べることによってマンネリ防止になるのであれば、積極的に食べたいですよね。

気分が明るくなる作用もあり?

恋愛ホルモンの「フェニルエチルアミン (PEA)」は、うつ症状の緩和記憶力向上にも効果があるんです。

「脂肪分」が少なすぎる食生活を送っていると、気分が落ち込みやすく、うつ症状を引き起こしやすくなるそうなので、チーズは適した脂肪分を備えているんです。

そのため、うつ以外にもポジティブ思考でストレス解消や健康にも効果があります

さらには、恋愛ホルモンを出し続けることにより、若い頃のようなトキメキを復活させれば豊かな人生を送ることができます。

恋をしていると人間が若くなると言われているのは、PEA(恋愛ホルモン)のおかげなんです。

まとめ

以上、チーズが恋愛成就の恋愛ホルモンに強く関係していることをご紹介しました。

もし、恋愛がなかなか上手くいかないという方はチーズを食べて恋愛ホルモンをアップしちゃいましょう

【スポンサードリンク】

特にチーズの中でもカマンベールチーズが効果的なようですので、ぜひ試してみてくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年1月6日

カテゴリー:健康 恋愛 美容 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ