★デジタルパーマと普通のパーマの違いって?どんな髪質やスタイルがデジタルパーマに向いているの?

Pocket

季節の変わり目やイメチェンなどしたいと思った時に、パーマをかけて雰囲気を変えたりしたいですよね。

最近ですと、ゆるふわパーマなどという言葉をよく聞きますし、ゆるふわスタイルは見ていて可愛いですよね。

そこで美容室に予約しようとすると、パーマだけでもデジタルパーマと普通のパーマと種類があったりします。

これらデジタルパーマと普通のパーマの違いってご存知ですか?

パーマをあてるからには失敗したくないですよね。

このデジタルパーマ、普通のパーマは、髪質によって向いている人、髪質によっては向いていない人というはあるのでしょうか。

また、なりたいスタイルに向いているパーマはどれなんでしょうか。

そんな気になるデジタルパーマと普通のパーマの違いや、どんな髪質やスタイルがそれぞれ向いているのかについて一挙大公開!

今回は『デジタルパーマと普通のパーマの違いって?どんな髪質やスタイルがデジタルパーマに向いているの?』についてご紹介します。違い

【スポンサードリンク】

普通のパーマとデジタルパーマは何?

まずは、普通のパーマとはどのようなものなんでしょう。

  • ・普通のパーマ普通のパーマは「コールドパーマ」とも呼ばれます。

    薬剤によって髪の毛に形をつけます。

    髪に水分があるとウェーブがでるので、水で湿らせた方がスタイリングもキレイにできます。

    水で湿らせた状態でウェーブ用のスタイリング剤をつけ、乾燥させるのが一般的なスタイリング方法とされています。

    そして、個人差はありますが、大体1ヶ月から2ヶ月くらいでウェーブが取れてきます。

    質感は、ツヤめいた、束感があります。

    細かいウェーブやカールも出しやすいとされているため、細い束感のある繊細なスタイルにも適しています。

  • ・デジタルパーマ対して、デジタルパーマとは、薬剤の力に熱を加えてウェーブを作ります。

    「形状記憶パーマ」とも呼ばれ、髪の毛にパーマを形状記憶させるのが、デジタルパーマの特徴です。

    そのため、個人差はありますが、大体普通のパーマより長持ちが良く、1.5倍、3ヶ月から6ヶ月は保つと言われています。

    また、しっかりとしたウェーブができるので、スタイリングが楽になります。

    質感は、コテやアイロンで巻いた時のように、立体的で弾むような質感です。

    かけ方やスタイリング次第で、しっかりカールしたウェーブヘアだけでなく、ドライでフワフワした質感を出すこともできます。

【スポンサードリンク】

それぞれ適した髪質はあるの?

  • ・普通のパーマ普通のパーマは、直毛やゆるいくせ毛までの方に向いています。

    逆に、強いくせ毛の方にはあまりおすすめできません。

    直毛の方は、パーマが取れやすいので、やや強めにパーマをかけると良いでしょう。

    ゆるめのカールで長持ちさせたい場合には、向いていないので、デジタルパーマの方が良いでしょう。

    そして、ゆるいくせ毛のかたは、適度にボリューム感も出せて、パーマも持ちがいいコールドパーマ向きの髪質です。

  • ・デジタルパーマ対して、デジタルパーマはどんな髪質の人にもある程度対応することができます。

    直毛の方は、普通のパーマほどではありませんが、パーマが取れやすいので、やや強めにかけると良いでしょう。

    そして、ゆるいくせ毛の方にもデジタルパーマはおすすめです。

    さらには、強いくせ毛の方も、デジタルパーマの特性上、一度くせを伸ばしてかけるのでボリュームを抑えられたり、ツヤが出るなどすることが可能です。

デジタルパーマが向いているスタイル

  • ・ショート
    ロッド自体が発熱し、根元からかけられないのと、最悪の場合は火傷することもありますので、ショートヘアはデジタルパーマには向いていません。
  • ・ボブ
    強めにかける場合は広がりやすいヘアスタイルなので注意が必要です。
  • ・ロング
    綺麗にパーマがかかりますので、適しています。

デジタルパーマの注意点

薬剤と熱の両方の負担がかかるので、ダメージは大きいです。

また、ロッドと機械の構造上、コールドパーマほど細いロッドがありませんので、出来るヘアスタイルのバリエーションは少ないです。

乾かし方も、ねじりながら乾かす場合が多いので、なれるまでは難しく感じます。

まとめ

今回はデジタルパーマと普通のパーマの違いや、どんな髪質やスタイルが向いているのかについてご紹介しました。

主な違いは、「熱をかけるかかけないか」、「仕上りのウェーブがふわふわかしっかりめか」、「髪質に合っているか」、「長持ちさせれるか」などの違いがあります。

これらを踏まえ、髪質や、なりたいヘアスタイルにぴったりのパーマを美容師さんに相談しながら決めるのが良いでしょう。

【スポンサードリンク】

ぜひ、自分のなりたいイメージ通りな髪型でおしゃれを楽しんでくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年3月24日

カテゴリー:健康 美容

サブコンテンツ

このページの先頭へ