爪のでこぼこ、縦線、黒い線は病気のサイン?

Pocket

 

でこぼこイヤになりますよね。

なんで、こんなに爪って、でこぼこになるのでしょうか。

爪の縦線もイヤになりますよね。

その爪の縦線や、でこぼこ、黒い線は、何かの病気のサインかもしれませんよ。

爪の形状で病気も判断できるので、爪のでこぼこも病気のサインかもしれません。

特に、黒い線や縦線は病気の早期発見に役に立つかもしれませんよね。

特に黒い線や縦線は、気になりますね。

爪の、でこぼこ、黒い線、縦線は見過ごさずにチェックしていただきたいところです。

そこで今回は、『爪のでこぼこ、縦線、黒い線は病気のサイン?』として徹底検証。

これは病気なのか大公開したいと思います。

爪がでこぼこになる原因

もし爪が、でこぼこになったら病気でなく、手が水虫になったのかもしれませんので、病院に行って皮膚科で診てもらいましょう。

手が水虫で爪がでこぼこになった場合は、他の指にも水虫がうつり、他の爪もでこぼこになる可能性がありますので早めに診てもらうと良いでしょう。

皮膚のケガにより爪がでこぼこになることもあります。

皮膚にケガをすると、爪が再生されるときに、でこぼこになって再生されたりします。

これは指を扉に挟んだりしただけで、でこぼこになってしまいます。

【スポンサードリンク】

縦線、黒い線は病気のサイン

爪は健康状態を表すと言われています。

よく言われているのは、縦線黒い線老化の現れだったり感染症の恐れがあり、爪は色艶を見れば健康状態が分かります。

縦線は老化の現れであるため、縦線を消すためには、皮膚の老化なので、アンチエイジングで縦線が消えていきます。

ぜひアンチエイジングに力を入れて縦線を消していきましょう。

アンチエイジングは、ハンドクリームなどを爪に塗ることでも可能です。

爪の縦線でもっとも多い病気は感染症糖尿病があげられますので気になる人は病院に行って相談してみてください。

縦線や黒い線でない横線の場合は、栄養障害の可能性もありますので病気が原因かもしれません。

黒い線などは、腎臓病などの病気やガンの恐れがあるので、医師に相談することをお勧めいたします。

特に黒い線で勘違いされやすいのは、爪の内側にホクロができてしまうことにより、黒い線に見える可能性があります。

【スポンサードリンク】

黒い線は、メラノーマというガンの恐れもあるので、早めに皮膚科に行き医師に相談しましょう。

10代で黒い線がでるのはメラニン色素が増えることが原因だと思われます。

メラニン色素の増加は、ホクロと同じなので問題はないでしょう。

メラニン色素が増えた影響で黒い線になったときは、ガンや病気ではないので安心して大丈夫です。

もし、黒い線が広がるようであれば病気かもしれませんので、
医師に相談してください。

黒い線がメラノーマなのか、ホクロなのか見分けるには、
爪の付け根を見ると良いでしょう。

爪の付け根などに黒い線ができるときは、メラノーマの可能性があります。

初期のガンである可能性もあるので、医師の診断が必要と考えたほうが良いでしょう。

黒い線の場合は爪の内側で内出血をおこしている可能性もあります。

特に内出血に多いのは、扉やドアーに指が挟まって爪の内側で出血してしまうばあいです。

内出血とガンの見分けが難しいので、安易に内出血と断定しないほうが良いといえますから、必ず医師に相談をしてください。

最後に

『爪のでこぼこ、縦線、黒い線は病気のサイン?』いかがでしたでしょうか?

爪は体の状態のバロメーターです。病気のサインにかもしれないことが分かりました。

でこぼこや、縦線、黒い線は、早く治したいものですね。

【スポンサードリンク】

ぜひ気になるようでしたら、すぐ医師の診断を受けましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月17日
最終更新日:2016年6月14日

カテゴリー:健康

サブコンテンツ

このページの先頭へ