デオドラントの意味とは? 使い方を知り臭いが気にならない毎日を!

Pocket

よく言われるデオドラントとは、どういう意味なんでしょうか使い方わかりますか。

デオドラント成分配合などとよく言いますよね。

そもそもデオドラントとは何なんでしょうか使い方も分からないし、意味も良く分かりませんよね。

匂いを消す成分のことなんでしょう、どのような使い方があるのでしょうか。

デオドラント成分配合とは言われても意味が分からないですよね。

意味も分からずデオドラント使ってませんか。

デオドラント成分とは、どのような成分なんでしょう、どのように使い方があるのでしょうか。

そこで今回は『デオドラントの意味とは? 使い方を知り臭いが気にならない毎日を!』と題して詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

デオドラントの意味

デオドラントとは、汗を抑えるという意味ではないです。

テレビなどで、汗を抑えるということが協調されてますが、汗を抑えるのは、アンチパースピラントと言います。

デオドラントとは、体臭の匂いを抑える働きのある成分だったり薬品です。

匂いの原因となる細菌を殺菌させる働きをもっているものがデオドラントです。

汗の匂いや、体臭を防いだり、取り除いたりする成分です。

デオドラントと制汗剤

アンチパースピラントデオドラントはまったく別物です。
アンチパースピラントとは制汗剤と言われるものです。

このアンチパースピラントとデオドラントを同じものと思っている人がいますが、まったくの別物です。

このアンチパースピラントはデオドラントとはまったく異なる考え方で作られていて違う目的で使われます。

アンチパースピラントは制汗剤といわれるように、汗を抑える、つまり発汗を抑える働きがあります。

これは、汗の出る毛穴を抑えて汗を出にくくさせるものといってよいでしょう。

デオドラントとの違いは、デオドラントは匂いを抑えるものであり、汗を毛穴から出にくくさせる効果はありません。

あくまで、汗の消臭剤という側面でしかないと言えるでしょう。

デオドラントを使うときは、汗の匂いがする、足や脇に使うのが効果的と言えます。

匂いのする場所に効率的にデオドラントを利用することにより効率的に効果を期待することができると言えます。

デオドラントでも、汗を抑えるということが言われていますが、完全に汗を抑えているわけではなく、使用とすると、たまたま汗が引いたように感じるといったほうが良さそうです。

けっきょくアンチパースピラントとデオドラントどう違うのかというと、アンチパースピラントは、汗を止めるものであり、デオドラントは汗の匂いを止めるものといってよいでしょう。

【スポンサードリンク】

デオドラントの使い方

匂いは雑菌により発生します。
デオドラントはこの汗を抑えて雑菌の繁殖を抑えることによって匂いのもとをとります。

デオドラント製品のほとんどが医薬品ではありません。

使えば確実に効果があるというものではないので使い方によりまったく効果がないこともあります。

汗を止めたい人がデオドラントを使っても意味はありません。

アンチパースピラントとデオドラントを間違えないのがデオドラントの使い方と言えるでしょう。

正しい使い方を知って効果的にデオドラント製品を使いましょう。

まとめ

いかがでしたか?『デオドラントの意味とは? 使い方を知り臭いが気にならない毎日を!』
アンチパースピラントとデオドラントという違いがあることすら知りませんでした。

これを間違えると効率的な使い方ができないことも分かりました。

デオドラントの意味を間違いないように使いたいものです。

【スポンサードリンク】

まだまだ、効果的な使い方のあるデオドラントもっと情報の入りしだいまた公開したいと思います。
どうもありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月27日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:健康 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ