塩分取りすぎでむくみ顔!対処法を学んで解消しよう!

Pocket

夜に塩辛い食事をして寝ると、翌日すごいむくみ顔になってるという経験はありませんか!?
例えばお酒を飲んで、そのままラーメンを食べて寝るという、よくあるパターンですが、ラーメンは塩分の塊です。
ラーメンだけでなく、お酒の取りすぎも体の水分を奪い、むくみ顔の原因になります。
日常生活での、こういった塩分の取りすぎは、翌朝のひどいむくみ顔の原因そのものなのです。
そうならないためにも対処法と解消法があるようなので、普段から塩分を取りすぎた時の対処法や解消法を知っておくといいですね。

ここでは、塩分を取りすぎてのむくみ顔の対処法と、手遅れなむくみ顔でも解消できる対処法を『塩分取りすぎでむくみ顔!対処法を学んで解消しよう!』として、お伝えしていきます。

【スポンサードリンク】

なぜ塩分を摂るとむくむのか?

人間の体は、なんと60%水分で出来ています。塩分を取りすぎると、ナトリウムが体内に増え、カリウムが減ります。
カリウムが減ると、うまく塩分を運べず、代わりに水分を使いはじめます。
そして血中濃度が濃くなり、それを和らげるためにたくさん水を飲むようになります

濃度調整はできるのですが、その分水分を過剰摂取してるので、それがむくみとして現れます。

また、塩分の取りすぎは血圧を上げるだけでなく、塩分排出にも1~3日ほど時間を要しますので、取り過ぎは注意です!

むくみの対処法

もしも塩分を取りすぎてしまった場合、完全に体の外に出きるまで、1〜3日程かかってしまう為、マッサージ運動などの対処法で解決しましょう!

もし時間があれば、お風呂に浸かって汗をかくと、むくみがすっきり解消します。
時間ない時は、温冷刺激が効果的です!

【温冷刺激のやり方】

  • 濡らしたタオルを、電子レンジで温めます。(500wで60秒程)
  • 顔や目にホットタオルを乗せます!
    ※熱すぎる場合は、少し冷ましてから乗せましょう!
  • 次に冷たいタオルを乗せます。
    (この時また電子レンジで、タオルを温める)

温める→冷やすを交互にすることで、血管が拡張し、血流の流れがよくなります。
これを3分程すると、だいぶむくみがとれるので、朝にやる対処法としてオススメです!

むくみに効くマッサージ方法

顔に滞ってる水分を流すように、マッサージしていきましょう。
流すためには、まずは首をほぐすところからです。

【1分でできる、むくみ解消マッサージ】

  • 首を左に3回、右に3回大きく回します。
  • 鎖骨の上のくぼみに手を入れ、左右20回ずつくらいプッシュします。
    ※あまり力は入れすぎないこと!
  • のマッサージをする前に、クリームやオイルで滑りやすくします。
  • あごから耳の上まで、ぐいーっと何回も引っ張りあげます。
    ※耳の後ろに要らない物を集めるイメージで!
  • 耳の後ろをしごき、鎖骨に向かって押し流します。

【よりスッキリさせたい人向けマッサージ】

  • 首を回す前に、肩を大きく前後に回します。
  • 肩甲骨を広げるよう意識して、前に手を伸ばし、今度は肩甲骨をくっつけるように、手を後ろでくっつけます。

※上半身をある程度ほぐしてから、首→顔といくと、より効果的です。

【プラスアルファの小技】

  • 耳をつかんで、引っ張ったり、回したりして刺激すると、顔全体の血流がアップします!
  • 目頭と目尻のツボをプッシュすると、目の周りがスッキリします!
  • スプーンやレンゲを冷蔵庫で冷やしておき、それでまぶたを軽く流してあげると、パッチリな目になります!
【スポンサードリンク】

食べ物での対処法

塩分の取りすぎは、カリウムが効果的です。

バナナトマトジュースなどから、気軽にカリウムを取り込んで分解するのが、簡単です。

あとは水分をたくさん摂って、尿で出してしまうことです。
利尿作用があるお茶などを飲むと、午後にはスッキリしてきますよ。

まとめ

いかがでしたか?
むくんだままの冴えない顔に、そのままメイクしてませんでしたか?

朝の1.2分で出来るむくみ法があれば、怖いものなしですね!
食べすぎた次の日は是非試してみてください!

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月27日
最終更新日:2016年10月2日

カテゴリー:健康 日常 運動 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ