鼻の毛穴の開きの正しい解消方法とは?

Pocket

鼻の毛穴の開きって気になりませんか。

お手入れしているのに、鼻の毛穴の開きが目立ってきているような・・・

解消法はないのだろうか・・・

そんな悩みを持つ女性は多いのではないですか。

鼻の毛穴って顔の中央なんで目立ってしまいますよね。

しかも鼻の毛穴の開きを見られるなんて恥ずかしぃ解消したい。

まずは鼻の毛穴の特徴を知りましょう。

きっと解消法があるはずです。

今回は『鼻の毛穴の開きの正しい解消方法』について調べてみました。

【スポンサードリンク】

鼻の毛穴の特徴

顔の真ん中で目立つ位置にある「鼻」

しかも毛穴まで目立ってしまう箇所でありますね。

多くの女性が悩まされています。年々毛穴が目立ってきているような・・・
そんな不安な声が良く聞こえてきます。

毛穴のトラブルの1つですが、原因によって様々な種類があります。

ご存知でしたか?

まずは、落とし切れていないメイクや汚れが詰まることは毛穴を広げてしまう原因です。

さらに、たるみ加齢紫外線などによる肌のダメージが原因で毛穴が広がってしまうことも。

毛穴のトラブルの特徴原因も知ることは大事です。

トラブルの起きた毛穴の種類は、次の通りです。

  • 黒ずみ毛穴
  • たるみの毛穴
  • 帯状毛穴
  • クレーター毛穴

1つずつ詳しくみていきましょう。

☆黒ずみ毛穴

毛穴から皮脂が正常に排出されず、古い角質と混ざり角栓が出来て、毛穴が開いてしまいます。そして、表面が酸化されて黒くなるのです。

それが鼻の頭の黒いブツブツとして目立ってしまうんですね。

メーク落としや洗顔を怠ったらまたできやすいので要注意です。

小さい黒い点々はメラニンが原因の場合があります。

メラニン毛穴は毛穴ジミとも呼ばれて、紫外線などで毛穴の入口にメラニンが蓄積した状態です。

☆たるみの毛穴

老化によって肌がたるんでくると、丸い形の毛穴が引っ張られて毛穴あ細長く開いてしまいます。これがたるみ毛穴といいます。

この場合は、お肌のハリや弾力を取り戻す事が一番重要です。

お肌の老化を防ぎ、紫外線対策や、顔のエクササイズなど対策を行うことで改善していきましょう。

☆帯状毛穴

これは、毛穴と毛穴がつながってしまうことをいいます。

広がった毛穴がいくつかできると小じわで結ばれてしまって大きなシワとなる可能性もあるのです。

ぽっかり毛穴が無数のシワになってしまうなんて・・・怖いですね。

一度なってしまうとケアが難しく、医療機関でないと改善出来ないようです。

☆クレーター毛穴

ボコボコしたり、イチゴのように毛穴部分とそうでない部分がはっきりとわかるようになっている場合、毛穴の箇所に小さなニキビ跡ができているクレータ毛穴の可能性があります。

ニキビによる炎症や、無理やり毛穴の皮脂を取り除こうとして皮膚をキズ付けたことが原因で跡になって残った状態をいいます。

クレーター毛穴になってしまっては、ホームケアでは治すことが出来ません。

このようにいくつもの鼻の毛穴のトラブルがあるのです。

【スポンサードリンク】

開ききった毛穴の解消

さて、目だってしまう毛穴の開きは解消することが出来るでしょうか。

スキンケアの中で最も重要なことは次の2つです。

  • 洗顔
  • 保湿

これさえきちんとしていれば鼻の毛穴の開きを治す効果は期待できます。

それには、正しく洗顔をすることと肌の清潔を保つこと。

正しい保湿によって肌をきちんと保護することです。

夏場など、皮脂の分泌量が増えるのにエアコンの効いた部屋で肌が乾燥していることに気づかないことが多いのです。

結果、十分な保湿ケアをせずに過ごしてしまうこともあると思います。

では、どの季節でも重要で正しい洗顔保湿の方法です。

【洗顔】

洗顔料はしっかり泡立てる。

強い力でゴシゴシ洗わない。指先・手のひらで優しく泡を滑らすように丁寧に洗う。

朝は洗顔料・石鹸、もしくはぬるま湯で軽く洗顔する。

夜は洗顔の前にクレンジングでしっかりメイクを落とします。

鼻の頭などは洗い逃しやすいので、先にTゾーンを洗い始めるとよいですね。

【保湿】

洗顔後はすぐに保湿ケアをする。

化粧水・美容液・乳液・クリームの順を守る。

化粧水や美容液はたっぷりと使うと効果的です。

乳液やクリームでのケアは強い力は加えない。

鼻の頭はべたつきやすいが、しっかりとケアする。

まとめ

鼻の毛穴の開きを解消するには、ケアと予防が大事なことです。

毛穴の開きを解消するために大切なことは次の3つです。

  • 毛穴の汚れをきちんと洗顔して落とす
  • 毛穴がしずく状に垂れないように、肌のハリを保つ
  • お肌が乾燥しないように、保湿力を保つこと
【スポンサードリンク】

ぜひこの3つを心がけながら日頃のお手入れしてみてください。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月24日
最終更新日:2016年6月9日

カテゴリー:美容

サブコンテンツ

このページの先頭へ