★恥ずかしい脇の黒ずみを消すには?ニベア?レモン?じゃがいも!?本当に効果がある方法は?

Pocket

段々と暑くなってくると、薄着になり、半袖やキャミソール、タンクトップもしくは、水着など着る機会が増えると思います。

でも、腕を上げたくないと思っている方多いでしょう。

黒ずみやムダ毛、ブツブツなど脇にはいろいろトラブルが発生しやすい場所でもあります。

その中でも脇の黒ずみ。

ふと気付いたら、なんか黒っぽくなってる・・・など黒ずみがいつの間にか出来てしまっていることも。
こんな黒っぽい黒ずみの脇だと、水着やタンクトップなどの場合、腕を上げるのが気が引けちゃいますよね。
でも、脇の黒ずみを消す方法はあるのでしょうか。

肌に良さそうなレモンや保湿を行ってくれるニベア、はたまたじゃがいもも効果があるとか?

一体レモンやニベア、じゃがいもなどを使う方法は本当に効果があるのでしょうか。

そんな気になる脇の黒ずみを消すために効果がある方法は、レモン?ニベア?じゃがいも?どれが効果あるのかについてクローズアップ!

今回は、「恥ずかしい脇の黒ずみを消すには?ニベア?レモン?じゃがいも!?本当に効果がある方法は?」についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

脇の黒ずみができる原因は?

脇が黒くくすんだように見える黒ずみ。

原因はなんでしょうか。

  • 【メラニン色素が沈着】まず一つめの要因として、メラニン色素が沈着してしまうからなんです。このメラニン色素が沈着する原因としてカミソリでのムダ毛処理によるものが多いんです。

    カミソリでの脇毛の処理は手軽ですが、脇の肌は非常にデリケートなので、ちょっとした刺激が負担になってしまうんです。

  • 【皮脂や汚れが毛穴に詰まる】そしてもう一つの原因は、皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまうことで起こります。カミソリが原因となる他にも、普段着ている洋服が擦れてしまったり、脇が蒸れてしまうことや、制汗剤、デオドラント剤による刺激などでも黒ずみが出来てしまう原因となるのです。

脇は汗をかきやすくいため、肌に菌が繁殖しやすい上に、更にそれを防ぐ制汗剤なども肌に負担をかけてしまうこともあるのです。

黒ずみにならないための予防は?

できるだけ脇が黒ずみになってしまうのは避けたいですよね。

黒ずみを予防する方法について見ていきましょう。

  • 【カミソリ処理の見直し】カミソリでムダ毛の処理をしている場合、黒ずみの一番の原因となるので、カミソリ処理を見直すようにしましょう。具体的には、むだ毛そり用のクリームやフォームを付けてから、剃るようにしましょう。

    さらに、剃った後はローションと乳液でしっかりと保湿をするようにしましょう。

    お風呂のついでに石鹸を付けてカミソリで剃るなどという行為は、肌に負担をかけてしまいます。

  • 【制汗剤、デオドラントを見直す】汗をかくときには制汗剤やデオドラントを利用される方が多いですよね。制汗剤、デオドラントが原因で脇の毛穴詰まりを引き起こしてしまったり、ターンオーバーが上手くできなくなる可能性があるのです。

    さらに、肌が弱い人の場合、肌に刺激がかかってしまうこともあります。

    制汗剤、デオドラントはつけすぎず、家に帰ったらしっかり、優しく、ソープで洗い流すとよいでしょう。

    脇を常に清潔に保つことで、脇の黒ずみにも臭い対策にも効果があります。

    お風呂で綺麗にしつつ、外出時でも出来る限り汗をかいたらふき取るようにしましょう。

【スポンサードリンク】

脇の黒ずみをなくしたい

できてしまった黒ずみを解消するにはどのような方法が効果テキメンなんでしょう。

  • 【レモン】ビタミンCには美白効果があるというのは有名な話ですよね。レモンに含まれるビタミンCには、メラニン色素の生成を抑える効果がありますので、シミやくすみを予防する効果があります。

    さらに、レモンには活性酸素を取り除く効果と、合成促進作用があるビタミンEにより血行がよくなります。

    血行がよくなることで、新陳代謝がよくなり、肌のターンオーバーを促進させ、黒ずみ解消にも繋がるのです。

    レモンの使い方として、「輪切りにして気になる部分をこする」、「レモン汁をコットンパックにし、10分ほど置く」、「使った後のレモンをお茶っ葉袋などに、入れをお風呂に入れる」といった方法があります。

  • 【ニベア】ニベアには、保湿効果の高さから「ニベアクリームは脇の黒ずみ予防に効果が期待できる」といえるでしょう。しかし、できてしまった黒ずみを除去する効果のある成分は含まれていません。

    なので、脇の黒ずみケアに特化した商品を使うほうがよいでしょう。

  • 【じゃがいも】レモンは少し刺激が強いので、肌が弱い方には合わない方もいらっしゃるでしょう。レモンの代わりとなるのが「じゃがいも」です。

    じゃがいもはレモン同様、美白効果があり、刺激が少ないんです。

    使い方は、じゃがいもを薄く切り、輪切りにしたじゃがいもを脇に当てて、脇の下で円を描くようにくるくるとこすりつけます。

    5分ほど行ったら、ぬるま湯で洗い流します。

まとめ

今回は脇の黒ずみを消すために効果がある方法についてご紹介しました。

折角なんで思いっきり脇を気にせず、ノースリーブなどでおしゃれを楽しみたいですよね。

【スポンサードリンク】

黒ずみができないように予防しつつ、出来てしまった黒ずみは黒ずみの解消が期待されるもので黒ずみ解消を行いましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年4月19日

カテゴリー:美容 装飾

サブコンテンツ

このページの先頭へ