日傘のUV対策・効果と持続性の違いと選び方 〜日傘に消費期限がある⁉〜

Pocket

日差しが強い季節になってきましたね。

シミやシワなど肌トラブルにつながる紫外線は、アレルギー体質の方や女性にとっては天敵ともいえるもの。

UV対策日焼け止めを塗ったり、UVカット加工の衣類を着たり、帽子を被ったりなど様々な対策が必要になってきます。

ここで、プラスワンアイテムとして日傘を使ってみるのはどうでしょうか?

しかもUVをカットしてくれるものについて書こうと思います。

最近では、女子力の高い男性もいるので、男性用の日傘も売られている時代です。

しかもちゃっかりUV対策という理由で持っている男性がいるそうです。

すごい時代になりました。男でもUV対策する時代なんだなと(笑)

そして、今はなんといってもデザインが豊富!お気に入りの日傘をゲットしたなら、早速使いたいものですね。

ただ、ひとえに日傘といっても、種類があるのをご存知ですか?そしてどんな効果があるのか?そして持続性はあるのか?

そして、物によっては消費期限もあるのです。

「持続性?」と思った方もいらっしゃると思いますが、UV対策の効果が持続しているかどうかを気にした方がいいです。

でも、持続性や効果をどうやって気にしたらいいのかわからない・・・

そんな方に向けて効果と持続性の違いで選び方も変わると思います。

そこで今回は『日傘のUV対策・効果と持続性の違いと選び方 〜日傘に消費期限がある?!〜』ということをテーマにまとめてみました。

これから日傘を使ってみようかと思ってらっしゃる方の参考になって頂けたら幸いです。

【スポンサードリンク】

日傘によってUV効果と持続性に違いがある

まず、日傘に付いてるタグに注目して頂きたいのですが、こんな表記があります。

UVカット傘『遮光率99%』『完全遮光

この表記の中で、紫外線対策に1番効果的なのは『完全遮光』です。

字の如く、完全遮光なので、光を100%完全に遮断します。

紫外線、赤外線、可視光線を100%カットしますので、遮断効果が高く普通の日傘よりも涼しく感じるものですので、熱さに弱い方にはピッタリですね。

そして、日射しが透けてこないので、目にも優しいのです。
ですので、紫外線アレルギーをお持ちの方は、こちらの完全遮光の日傘をオススメします。

完全遮光は100%ですが、遮光率99%との違いは1%ですね。
ほぼ100%なのに、どこに違いがあるのかというと、作られる過程にあるのです。

まず、完全遮光は『UVカット素材』で作られているため、製品製造時に紫外線吸収剤などを練りこんで作られたものですが、それ以外の日傘は、『UVカット加工』というもので、製品が完成した後に、紫外線吸収剤などを付けたものなので、年々UVカットの効果が低下していきます。

【スポンサードリンク】

物にもよりますが、だいたい2〜3年位しかもたないとのことで、素材が色褪せてきたら替え時のサインですね。

逆にUVカット素材は、そのもの自体に紫外線吸収剤などを練りこんでいるので、効果は変わらないといわれています。

ですが、傷がついたりしますと、その隙間から光が入り込みますので、100%遮断とはいえなくなりますね。

なので、傷がついた時が替え時だと思っていいと思います。

最後に

いかがでしたか?『日傘のUV対策・効果と持続性の違いと選び方 〜日傘に消費期限がある?!〜』違いがお分かりいただけたでしょうか?

UVカット加工されているものは、色を選択するうえで、白でも黒でも大丈夫ですが、どちらかというと淡い色のものよりも、濃い色のものの方がUVカット効果は高いです。

紫外線というのは、上からだけじゃなく、下からも横からも入り込むものですので、日傘の内側の色は濃い色をオススメします。

内側の色が白や淡い色、特に白は光を反射するので、アスファルトなどの照り返しにより、日傘の中でモロに紫外線に当たることになります。

気付けば顔が真っ黒‼なんてことにもなりかねないので、日傘の内側は濃い色にした方がいいですね。

これから夏本番で、普段よりも紫外線対策には気をつけたいものですが、万全に対策し、暑い夏を楽しみましょう!

【スポンサードリンク】

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月10日
最終更新日:2016年6月11日

カテゴリー:日焼け

サブコンテンツ

このページの先頭へ