ひじきの栄養と効能は?ダイエットにも効果はあるの?

Pocket

ひじきと言えばよく仕出しのお弁当にちょこっと入れてあったり、
小学校の給食でひじきご飯として食べたという方もたくさんいらっしゃると思います。

そんなひじきですが、一体どんな栄養が含まれているかご存知ですか?またその効能ってどんなものがあるのでしょう?
小学校の給食で出されるくらいだからその栄養と効能は素晴らしいものだという想像はつきますよね。

ひじきと言えばとってもヘルシーなイメージを持たれているのではないでしょうか?
ひょっとしたらひじきの栄養の効能の中にダイエットも含まれているかもしれませんね。
ひじきはまとめて作って冷凍しておけば2週間くらい美味しく食べることができます。

その栄養の効能にダイエットにもよいものが含まれていれば毎日食べることだってできます。

健康にもよくてダイエット効果もあるなら嬉しいですよね。
ダイエット効果は本当にあるのでしょうか?
そこで今回は『ひじきの栄養と効能は?ダイエットにも効果はあるの?』と題して詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

ひじきの栄養と効能は?

ひじきに含まれる代表的な栄養は次のようなものがあります。

  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄分
  • マグネシウム
  • ヨウ素

その他には炭水化物ビタミンAB群EKマグネシウムリン亜鉛カリウムといったものも含まれています。

ひじきはホンダワラ科ホンダワラ属の海藻の一種で、スーパーなどに売られているのは乾燥ひじきが大半を占めています。

保存もきいて、これだけの栄養が含まれているなら、毎日の食卓に小鉢でちょっと並べるだけで栄養バランスもとてもよくなりますね。

それでは1つずつ効能についてみていきましょう。

【食物繊維】
ひじきの栄養の約半分が食物繊維です。
ひじきの食物繊維は水溶性で、不溶性食物繊維と比べると水溶性食物繊維のほうが摂りづらいといわれています。

便秘解消はもちろん、糖分の吸収速度を穏やかにするので、食後の血糖値が急上昇するのを防いでくれます。

【カルシウム】

カルシウムといえば『』ですよね。
骨やは、爪や髪の毛といったものを形成し、強くしてくれます。

女性は高齢になるとカルシウム不足で骨粗しょう症になる方が多くいらっしゃいます。

コツコツ食べて歳をとっても元気な身体でありたいですね。

【鉄分】
鉄分は貧血防止をしてくれます。

ただし、ひじきに含まれる鉄分は『非ヘム鉄』というもので吸収されにくいといった特徴があるので、吸収を助けてくれるビタミンCを含む野菜などと一緒にとるようにしましょう。

【マグネシウム】

マグネシウムは動脈硬化高血圧心疾患といった病気を予防してくれます。

そして、カルシウムの吸収にマグネシウムは欠かせない栄養です。

【ヨウ素】

ヨウ素は必須ミネラルの1つで、『ヨード』とも呼ばれています。

基礎代謝をあげたり、成長促進作用があります。

また、血圧の安定や髪の毛や皮膚を健やかに保つというい働きもあります。

【スポンサードリンク】

ひじきはダイエットにも効果的なの?

主な栄養をご紹介してきましたが、これらの栄養すべて、ダイエットに効果があるといえます。

食物繊維は整腸作用と腸内コレステロールを体外に排出するという働きがありますし、

鉄分は栄養を体の隅々まで届けてくれるという働きもあります。

ただ、注意したいことが1つあります。
それは、毎日継続して大量に食べないということです。

これだけ栄養も豊富でダイエットにも効果があるとなると、たくさん食べたいと思ってしまいがちですが、
ひじきには『無機ヒ素』というものが含まれています。

この『無機ヒ素』とは、発がん性の物質なのです。
ただし、水でしっかり戻すことでこのヒ素は抜けると言われています。

まとめ

いかがでしたか?『ひじきの栄養と効能は?ダイエットにも効果はあるの?』
ひじきにはたくさんの栄養が含まれ、さらにダイエット効果もあるということがわかりました。

ただ、ひじきを食べる時に注意しなければならないことが2つ。

毎日継続して大量に食べないということと、水でしっかり戻すということです。

この記事があなたの健康にお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年7月1日
最終更新日:2016年7月2日

カテゴリー:ダイエット 健康 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ