日焼け止め、去年の残りは使える?効果はある?肌によくない?

Pocket

日焼け止めは、みなさん必ず一つは持っていますね!

その効果は、ただの日焼け止めというだけにはとどまらず、皮膚癌や白内障、さらには日焼けが原因の肌のシワ、シミ、たるみ予防にもなります!日焼け止め、使える〜!!

今や一年を通して紫外線対策が必要になってきていますので、年中ドラックストアなどには日焼け止めが常備されています。

今は昔と比べて種類がたくさんありすぎて、時間帯や行く場所によって効果の違うものを使えるようになりましたね。

ところでみなさん、夏になると日焼け止めを使う機会が多いかと思いますが、去年の日焼け止めって持っていますか?

それってまだ効果があって使えると思いますか??

去年人気だった日焼け止め、余分に買いすぎて余ってしまった。。とか、

去年効果あったし、まだあるから使えるか!とか、

使用期限書いてないし去年のでも問題ないよね、、とか

日焼け止めって余ってたら効果なんて書いてある通りだし、腐らないし(多分)使えるからいっか!と、去年のじゃなくてもあれば使いますよね!?笑

私は使います。。笑
でも、よく考えたら大丈夫かな??

ということで、今回は『日焼け止め、去年の残りは使える?効果はある?肌によくない?』です!!

【スポンサードリンク】

日焼け止めの使用期限って??

ズバリ、日焼け止めにはっきりとした使用期限はありません!!が、、、
基本的には開封してしまえば、ワンシーズンで使い切るのが理想とされているようです。

その保存方法や保管場所によっては去年のを使っても問題ないようですね!

直射日光をさけて、しっかり密閉して室内保管をしているものであれば、開封後1年以上経っていても同じように使えるとのことです。

未開封の日焼け止めは??

整理整頓、片付けしてたら押入れの中から。。あ!何年か前に買ったやつー!!と、未開封の日焼け止めを見つけることも、あったりなかったりすると思います!笑
もしくは去年買いすぎて未開封のものがあるとか。。

日本の薬事法によると、品質が変化せず使用上での問題がないとされる場合は3年以内であれば使用期限の明記はされなくてもいいそうです!

となると、、未開封なら3年以内だと使える!ということですね!意外と長い!
でもやはり、保存には注意して開封時同様に直射日光をさけてしっかり密閉した上で室内保管をしていたものに限ります。

【スポンサードリンク】

日焼け止め、種類によって少ーし違う使用期限

液体の日焼け止めを想像して書いていましたが、そのタイプによっても使用期限が様々です。
大きく次の3つに分けてみました。

  • スプレータイプの日焼け止め
  • ミルクタイプ、ジェルタイプの日焼け止め
  • 無添加の日焼け止め

1つずつ詳しくみていきましょう。

【スプレータイプの日焼け止め】
使用方法を守り、高温多湿を避け正しく使用しているのであれば開封していても、未開封でも三年使えるそうです。

【ミルクタイプ、ジェルタイプの日焼け止め】

一般的な防腐剤の入っているミルク、ジェルタイプの場合は未開封で正しく保存されていれば三年が使用期限です。

開封してあっても、正しい保存方法であれば1年くらいを目処に使い切りましょう。

どうしても夏の間に使い切れなかった場合、化粧下地に代用するなどして使い切ってあげましょう!

【無添加の日焼け止め】
無添加の日焼け止めには、防腐剤殺菌剤が含まれていません。天然の分、使用期限も短くなってきます。

未開封であれば1年くらい、開封後であれば半年以内を目安に使い切りましょう。
使用期限が書いてある場合はそちらを守ってください。

さいごに

いかがでしたか?『日焼け止め、去年の残りは使える?効果はある?肌によくない?』今までの疑問がスッキリしたのではないでしょうか。

日焼け止めにはたくさんのメリットがあります。

その用途に応じて使い方は様々ですが、紫外線は年中浴びますので出来るだけ、露出部分には毎日塗りましょう。

【スポンサードリンク】

そして付けたところは必ずその日のうちに洗い流さないと、肌荒れの元となってしまいます。

紫外線対策のひとつとして正しく使いましょうね!

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年10月22日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:Uncategorized 日常 日焼け 美容

サブコンテンツ

このページの先頭へ