日焼け後の顔の皮むけのケアと対処法

Pocket

顔の日焼けが気になる季節になりました。

暑い日差しの続く夏の日焼け!

油断をするとすぐに顔が日焼けしてしまい、日焼けしたところが皮むけをおこしてしまいますよね。

日焼け防止をしていても顔は多少は日焼けしてしまいます。

となると、日焼け後の顔のケアは大事です。

日焼け後放っておくと顔にシミが・・・

ってことに!これは皮むけが原因なんてことも言われています。

日焼け跡した顔には何が必要か。

皮むけした顔のケアはいったいどうすればいいのか?

あの顔の皮むけに対してどんなケアをしたらいいのかわからなかった人にはきっと役に立つかと思います。

また顔の皮むけした後のケアと対処法とは。

そこで今回は『日焼け後の顔の皮むけのケアと対処法』について詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

日焼け後の顔のケアをしましょう。

まず、日焼けとは「火傷」の一種であります。

えっ!?火傷?

と思われる方もいるかもしれませんが、日焼けし過ぎた時には炎症をおこしているのですよ。

火傷はⅠ~Ⅲ度と重さが分かれています。
日焼けはその中の「Ⅰ度熱傷」「Ⅱ度熱傷」となります。
ですので、油断して焼けすぎないように注意が必要です。

【日焼けしたお顔のケア】
日焼けしたお顔のケアは、

  • 優しく洗う
  • 日焼けした肌を冷やす
  • 化粧水でたっぷり水分補給
  • 水分補給後のクリームで蒸発防止

1つずつ見ていきましょう。

・優しく洗い上げる
まず日焼けをした日は、洗顔の際は弱酸性の商品で優しく洗い上げましょう。

ゴシゴシこすらないようにクリーミーな泡で肌に負担のかからないようにするのが、日焼け後の顔のケアの一つです。

・日焼けした肌を冷やす
日焼けし炎症がひどくなるのに、約12~24時間程かかるのでその前にしっかり日焼けした顔を冷やしておきましょう。

・化粧水でたっぷり水分補給
日焼けした顔には、たっぷりの化粧水で水分補給をし、カサつき・シワ予防をしておきましょう。

皮膚を黒くするメラニン色素が放出されて、浅黒い肌になってしまうので早めの補給ですね。

ここで注意することが!シートマスクの使用は逆によくないです。

肌に大きな刺激を与えてしまうからです。

もう一つ、刺激の強い美白化粧水も使用もさけましょう。

・水分補給後のクリームで蒸発防止
肌に負担の少ないクリームを使うのがオススメです。

皮膚科でも処方される白ワセリンは保湿力があり、刺激も少なく日焼け後のケアに抜群です。

刺激をあたえ過ぎないようにケアを致しましょう。

【スポンサードリンク】

日焼け後の皮むけした後のケアと対処法とは。

日焼けした後に皮むけが・・・ポロポロとはがれてきますよね。
ついつい剥がしたくなってしまいますが我慢!

しっかりと新しい皮膚ができて自然にはがれるのを待つのが一番です。
肌の再生を早くするのが一番の近道なのですから。

日焼けで皮むけした場合はしっかりとケアをしてあげましょう。

実は新しぃ細胞が作られるのに約1ヵ月時間がかかるといわれています。

新しぃ皮膚となるまでのケアと対処法とは。

【ケアと対処法】
ケアと対処法は次の通りです。

  • 保湿
  • 肌再生を助けてくれる食事
  • 体内からも水分補給
  • 睡眠

・保湿
日焼けしたお顔のケアと同様、保湿は必須です。

・肌再生を助けてくれる食べ物
バランスよく食べるのが一番ですが、栄養面に気を使うとよいでしょう。

肌の再生を助けてくれるのは
亜鉛
新陳代謝を高め、皮膚の再生を促す効果があります。
豚レバー・牛もも肉・卵・アーモンド・玄米・大豆・チーズ・ゴマ・牡蠣等

ビタミンCクエン酸
・疲労回復に使われる成分で、血流の流れを促進し栄養素を身体の細胞に届ける働きをします。
いちご・パイナップル・キウイ・レモン・グレープフルーツなど柑橘系

タンパク質
・皮膚を作る原料
肉類・乳製品・魚類・大豆食品など

・体内からも水分補給
日焼けした身体の水分補給と同時に、身体の内部にもしっかり水分補給をすることです。

新陳代謝がよくなり、ほてりも早く改善されます。

・睡眠時間をとる
代謝を整えるために大切な方法がたっぷり眠ることです。

それも日焼けの治りを早くする方法です。良質な睡眠で成長ホルモンの促進を手助け、ダメージを受けた肌を正常な肌へと生まれかわらせます。

皮むけした後のケアとして、剥がしたくなる皮を無理に剥がさないようにしてください。

皮むけが気になる際はの対処法として、保湿クリームやワセリンなどで対処することが皮むけ後の肌をきれいに保つ事に繋がります。

まとめ

日焼けした後の顔にはたっぷりの水分補給保湿を早めにして下さい。

それに、皮むけし始めたら無理に剥がさない方がいいということです。

その方が皮膚の再生を早めますのでそこは堪えましょう!

【スポンサードリンク】

食事も一つの対処法となりますので、バランスのよい食事を心がけながら食べ物を口にすれば、一層良い効果が期待できるはずです。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月9日
最終更新日:2016年6月10日

カテゴリー:日焼け

サブコンテンツ

このページの先頭へ