膝の痛みの原因はスポーツのしすぎ?

Pocket

痛みを経験した人は多くいます。

ですが、その膝の痛みの原因がスポーツであることをご存知ですか?

恐らくスポーツが原因だということを知らない人は多くいるかもしれません。

実は膝の痛みの原因はスポーツなどの運動や膝に大きな負担をかけたことが原因なのです。

膝の痛みが原因で、がそく炎や変形性膝関節症などの重い病気が発生する可能性が高くなります。

ですので、今回はその『膝の痛みの原因はスポーツのしすぎ?』という疑問について紹介します。

膝の痛みの原因

膝の痛みの原因は、足の骨と骨が直接当たらないためにクッションのような役割をしている関節軟骨というものがあります。

関節軟骨は神経が通っていないので痛むことはありません。

ですが、関節軟骨がすり減るなどの関節に異常があるとき、関節を包んでいる関節包が引っ張られるときなどに、関節の周囲の神経に痛みが発生します。

この症状の原因は病気によるものやスポーツが原因で起こるものや生活習慣、加齢によるものなど原因は様々にあります。

ですが、ほとんどの膝の痛みの原因はスポーツによるものが多く、サッカーやラクビーなど相手との接触が多い競技やバレーボールやバスケットボールなどのジャンプ系競技。

他にはマラソンなどの陸上競技、ジョギング・ランニングといった運動など、スポーツの多くは下半身を酷使します。

走ったり跳んだり、ひざをひねったりダッシュや急停止、方向転換など、スポーツでよく見られる動作は膝に大きな負担をかけるものが非常に多いため、スポーツ時のケガでの中で最も多く、最も重大なケガになりやすいのが「ひざのケガ」です。

下半身の筋肉強化することは膝の痛みの予防になり、予防の重要になります。

しかし、筋肉の疲労が溜まっている状態で運動を行ったり、過度な運動を続けたりしてしまうと、膝に大きく負担がかかり、膝を支える筋肉や靭帯を痛める原因になります。

スポーツによって膝が痛んだ時の怪我の症状

次の2つがあります。

  • 半月版損傷
  • がそく炎

1つずつ詳しくみていきましょう。

・半月版損傷
この怪我の症状は足が引っかかったような痛みを感じたり、膝の曲げ伸ばしができない状態になる、膝に力が入らない、膝関節部が腫れて膨らんでいる、などで軟骨組織の半月板に大きな負荷がかかることで欠けたり断裂したりするものです。

・がそく炎
膝の内側の腱に炎症が発生し痛みを感じるもので、症状は
膝の曲げ伸ばし時、運動時、圧迫時など膝の内側から膝下にかけて痛む、膝をいっぱいにまで伸ばしたときに痛みが起こる、
などです。

膝の痛みの治療法や対処法

膝の痛みに効く治療や対処法は複数あり、

  • ひざをあまり動かせない人向けの方法
  • 足上げ体操
  • 椅子を使った足上げ体操

といったものがあります。
1つずつ詳しくみていきましょう。

1.ひざをあまり動かせない人向けの方法
まず、あお向けに寝る。
次にひざに力を入れて、ひざを床に5~6秒間押し付け、これを20~30回程度繰り返す。

また、ひざをあまり伸ばせない人は膝下にタオルを置いて押し付けるようにしてください。

2.足上げ体操
まず、あお向けになり、片方の膝を立てて90度に曲げ、もう一方はまっすぐ伸ばし、伸ばした方の脚をゆっくりと上げていく。

次に床から10cm程度のところまで上げたら脚を止め、そのまま5秒間保つ。
そして脚をゆっくり下ろし、5~10秒間休む。

これを10回程度繰り返す行為を両足で行う。

3.椅子を使った足上げ体操
両手でイスのふちをつかみ、浅く腰かける。
次に一方の脚は膝を曲げて床につけ、もう一方は足首を90度に曲げて前に伸ばす。

そして伸ばした方の脚をゆっくりと上げ、床から10cm程のところで止め、そのまま5秒保ち、脚をゆっくり下ろし、5~10秒間休む。

これを10回程度繰り返し、反対側の脚も同様に行う。

以上です。

まとめ

いかがでしたか?『膝の痛みの原因はスポーツのしすぎ?』
足の痛みがスポーツによるものだということが理解できましたか?

【スポンサードリンク】

足の痛みを放置すると痛みが大きくなり運動できなくなりますので気をつけてください

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年6月3日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:健康 運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ