日差しと陽射しの違いとその意味とは?

Pocket

日差し陽射しの違いはどんな意味があるからなのでしょうか。

辞書で調べると、日差しと陽射しは「太陽の光、日光、またその照り具合」とあります。

ということは、日差しと陽射しは同じ意味なのか?!

それとも意味に違いがあるのでしょうか?

日差しと陽射し、もしかしたら同じ意味も持つのか?

違いはあるのか?

そこで今回は『日差しと陽射しの違いとその意味とは?』というテーマで詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

日差しと陽射しの違いは?

日差しと陽射しは違う意味があるのでしょうか?

「日差し」を調べると、陽光が降り注ぐ、日光が降り注ぐ、日差しが降り注ぐ、が降り注ぐ、が差すなどとあります。

「陽射し」を調べると、日の光がさすこと。また、その日の光、陽射しが強い、陽射しを浴びる、などとあります。

文字は一見違うようでも、実際に書いている内容は、よく似ているようですね。

「日差し」と「陽射し」はそもそも辞書では、横並びに書いてあって、それぞれの意味を表示していません。

ただ、文字が違うので、私達ヒトの認識としては、意味が違うように感じますね。

しかし、もしかしたら文字を変えて表現しただけで、同じ事柄をあらわすのでしょうか?

【スポンサードリンク】

日差しと陽射しのイメージの違いは?!

それでは、日差し陽射し、この二つの言葉のイメージを考えてみましょう。

「日差し」はどちらかと言うと真夏のまぶしい光をイメージするようなヒトが多く、「陽射し」は春の陽気な雰囲気の陽射しと、冬の木漏れ日の様な暖かさをかもしだすイメージを持つヒトが多いようですね。

もしそのイメージがそのままの意味を持つなら、どうでしょうか?

以外と違和感がなく、使える言葉なのかもしれません。

意味を色々考えることも大切ですが、その漢字のもつ意味を感じ、そのイメージを作ることも、その言葉の意味を考えることになることがわかります。

違いとその意味は?

日差しと陽射しの違い、意味は大きく違わないのかもしれません。
同じように扱われている辞書も多く見かけられます。

しかし、その文字から受ける印象がヒトに大きな影響を与えるようです。
真夏の光のイメージをさせる「日差し」。

冬や春の柔らかな光のイメージをさせる「陽射し」。
響きは同じでも、見た目が全く違うものです。

言葉ひとつ、どちらでもいいように思う方もいるかもしれませんが、書き下ろした時のその文字に意味を持たせ、その一文字一文字に大きな意味があることを知っている人にとっては、大きな違いですね。

日本でこそ、同じ響きの言葉で「見た目の違い」これがヒトに与えるイメージの違いの大きさですね。

まとめ

【スポンサードリンク】

どうでしたか?『日差しと陽射しの違いとその意味とは?』

辞書にあるとかないとかよりも、また意味が違うかどうか、正しい使い方がどうかというよりも、まずはその「一文字」のもつ印象から捉えるものを感じてみる、そうすると「違い」の意味もわかることでしょう。

日本の文字の奥深かさがわかりますね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月19日
最終更新日:2016年8月6日

カテゴリー:健康 日焼け

サブコンテンツ

このページの先頭へ