ホットヨガのデメリットとメリット。

Pocket

ホットヨガ」とは聞いたことはありますか?

ヨガとはよく聞きますが、ホットヨガ?

ホットヨガとは何だか身体にさらに良さそうでメリットがありそうに聞こえますね。

ホットヨガのメリットは沢山ありそうですが、逆にデメリットはあるのでしょうか?

そもそもホットヨガがどんなものなのか。それでのメリットはどんなものなのか。

デメリットってなさそうに感じたりしますが、果たしてメリットばかりでデメリットなんて無いのか。

わからないのでデメリットがあるのかちょっと調べてみようと思います。

さて、『ホットヨガのメリットとデメリット』どんなものでしょうか。

【スポンサードリンク】

ホットヨガってどんなものなの?

ヨガといったら、室内でマットの上でゆっくりと身体を動かす。
そんなイメージではないでしょうか。

ホットヨガは発汗作用を促し、デトックス効果があり身体のあらゆる不調やダイエット効果をもたらします。

ホットヨガとは、閉め切った空間で<高温多湿(室温約38℃ 湿度65%)でハタヨガを基本ポーズ行うようです。

汗と一緒に老廃物も排出するので、デトックス効果は間違いなしですね。
血行も良くなり冷え性むくみ対策にもなりそうです。

もう一つ通常のヨガと違う点は、動きはさらにゆっくりしていて軽めのポーズがメインです。無理な運動ではありません。

ただ、暑さでヨガに集中できない方もいるようですね。
筋肉が温められて気持ちよく身体が動かせる反面、暑さと息苦しさで疲れが出ちゃうようでもあります。

ホットヨガは、汗をかきデトックスをするのに適していますが筋肉を鍛え引き締めるのではありませんので目的を選んでやってみるといいですね。

基本なことは、呼吸に気を付けること。それに絶対に無理をしないことです。

ホットヨガのメリットとデメリット!

では、まず先にホットヨガのデメリットを知っておきましょう。

【ホットヨガのデメリット】

注意する点は次の通りです。

  • 血圧の高い方は避けてください
  • 妊娠中の方は出来ません
  • 室内の温度調整は自分で出来ません

高血圧の方は血圧が上昇してしまうので、向いていませんが医師の指示に従いましょう。
軽い高血圧なら出来るかもしれません。

妊娠中の方は、血圧のコントロールが重要で身体もデリケートになっているので、ホットヨガは出来ません。妊婦さん向けに開かれているヨガを受けるとよいでしょう。

代謝が良すぎると逆に体調不良の原因となってしまいます。
向いているかどうかは、一度ホットヨガの体験レッスンなどをうけてみるのもよいかもしれませんね。

室内の温度調整はインストラクターの先生がするので自分で調整は出来ません。
室温が合うかどうか確認出来ればしてみて下さい。

【ホットヨガのメリット】

ちょっと大丈夫かなっという点もあるかもですが、次はメリットとなる点です。

【スポンサードリンク】
  • 肩こりが改善する
  • 美肌になる
  • 便秘の解消
  • アレルギー改善
  • 腰痛が改善
  • 代謝が良くなる
  • 痩せやすくなる
  • 冷え性の改善
  • 筋肉が鍛えられる
  • ストレス解消
  • ストレス解消される

などといったようなメリットとなる点がたくさんあります。
心と身体が健康になりそうですよね。

一つ言えるのが、痩せるため!に集中してホットヨガを選ばれるのはやめておいた方がよいと思います。
個人差でもありますが、ホットヨガはデトックス効果を期待して楽しむのがよいようです。

まとめ

『ホットヨガのデメリットとメリット』お分かりいただけたでしょうか?

最近ではホットヨガは減少しています。

その理由として、インストラクターは一日何度も教えるので体調を壊し一般的な常温でのヨガとなっているとも言われています。

ホットヨガは、体内の老廃物を出してネガティブ感情をも出し切り、美肌に繋がるデトックス効果を期待するにはよいですね。

ただ、自宅でホットヨガを行うことが難しいです。

【スポンサードリンク】

ヨガは基本「心身のデトックス
と言われていますので、自分にあうホットヨガか通常のヨガを、良い先生・相性の合う先生に巡り合い楽しんで続けて行くことが一番ですね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月14日
最終更新日:2016年6月13日

カテゴリー:運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ