不妊治療の平均費用っていくら?なぜ保険適用外なの?

Pocket

不妊治療というのは不思議ですよね。

不妊治療の平均費用はよく分からないし、保険適用外だったり、とても分かりずらいですよね。

なぜ保険適用外なのでしょうか。

保険適用外ですが不妊治療の平均費用って知ってますか?

不妊治療というのは平均どれぐらいの費用がかかるものなのでしょうか?
保険適用外でも、平均の費用が分かれば、参考になりますよね。

そこで今回は、『不不妊治療の平均費用っていくら?なぜ保険適用外なの?』と題し詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

不妊治療にかかる費用

不妊治療の平均は約140万円と言われていて、そして不妊治療の平均的な治療期間は3年と言われています。

利用する医療機関にもよりますが150万円はかかるとみて良いでしょう。

なぜ不妊治療が高額なのかというと、保険適用外だからといえます。

医療費で法外な金額を請求しているわけではなく、正規の料金であり、保険が適用されないために高額になると言えます。

ほとんどの医療は保険が適用されますが、不妊治療には、保険が適用されないことが、ほとんどのため治療費が高額になります。

特に、人工授精などは、完全な自由診断になりますので、医療費は高額になると言えるでしょう。

費用だけでなく、不妊治療は治療期間も長期になると言えます。

平均的な治療期間は3年という長期の治療が必要となります。

そしてこの治療期間中に、治療費だけでなく、治療以外の費用検査費、と通院のための費用がかかると言えます。

保険適用外になる理由

保険の適用は、医師が病気と診断して、治療が必要と認めたときに保険が適用されます。

不妊は病気と診断されないために、保険の適用範囲外になってしまうのです。

そのため、人工授精体外受精などは、保険の適応はされません。

全ての不妊治療が保険適用外というわけではなく、治療であれば、人工授精、体外受精、顕微授精などが保険適用外になります。

保険対象の治療法を利用するか、保険対象外の治療をするかで、保険の適用が変わってきます。

保険対象外の治療は自由診療となるので、医療機関によって、治療の方法も変わります。

保険対象外の治療であっても助成の対象の治療もありますが、国が定めた医療機関でないと助成を受けられません。

なかなか厳しい条件がありますが、助成金は申請してみると良いでしょう。

保険の対象にならない治療法は、高度不妊治療と呼ばれて保険が効かないため一回当たり、50万円ぐらいかかります。

経済的にかなりの費用がかかるので、助成金を申請すると良いでしょう。

不妊治療で、保険が適用されるのは、病気と診断されたときです。

例えば、子宮などの異常が発見されて治療が必要となるときは、保険が適応されます。

【スポンサードリンク】

不妊治療費の平均費用

平均治療費140万円と言われている不妊治療ですが、体外受精など高度な治療になると166万円にもなり、そして治療期間は32か月が平均となっています。

不妊治療には助成対象の治療もありますのでこれらを利用するのも良いでしょう。

助成金は、不妊治療でしか妊娠の見込みがない、きわめて妊娠が不可能と医師が診断したときに指定医療機関不妊治療を受けたときに給付が行われます。

まとめ

いかがでしたか?『不妊治療の平均費用っていくら?なぜ保険適用外なの?』
不妊治療に、まさかこれほど、高額な医療費が支払われているとは知りませんでした。

なぜ保険対象外なのかも分かり高額治療の意味も分かりました。

高額治療といっても、保険が適用されないだけで、本来の治療費だと分かり安心しました。

保険は適用されませんが、国からの助成金が申請できるのは、とても助かります。

まだまだ、よく分からない不妊治療ですが、また調査して発表したいと思います。

【スポンサードリンク】

それでは、どうもありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年6月24日
最終更新日:2016年7月1日

カテゴリー:妊娠

サブコンテンツ

このページの先頭へ