築地市場の移転はいつ?場所は豊洲なの?なぜ移転するの?

Pocket

『築地市場』といえば、日本を代表する卸市場で広く知られていますよね。

東京から遠く離れた地域の人でも、その名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

そんな大きな築地市場がなんと移転することとなりました。

一体、築地市場はいつ、そして場所はどこに移転するのでしょう?

そして今まででも十分なはずの築地市場がなぜ移転することとなったのでしょう?

築地市場といえば、外国の日本の観光案内にも載るほど有名な場所なので、移転となったら、外国からの観光客の方にも影響は出てきますよね。

築地市場の移転で移転した場所には新たな消費も見込まれますが、築地市場のあった場所は今より淋しくなってしまう可能性もありますよね。

築地市場の周辺の方は、なぜ移転するのかと困ってしまいますよね。

都知事が小池百合子さんに決まったときの選挙では候補者だった鳥越俊太郎さんもこの築地の移転を問題視されていましたね。

こんな重大な築地市場移転、実はこの時点で既にいつなのか、場所は豊洲で…といったことが決まっていました。

しかし、鳥越俊太郎さんは豊洲に移転することをいったん立ち止まってなぜ豊洲に反対なのか、なぜ豊洲に賛成なのか、いつ豊洲に移転なのか、考えようというスタンスでした。

そんな都知事選でしたが、結果は小池百合子さんが当選しましたね。

小池百合子さんはいつ移転すると言っているのでしょう?

そこで今回は『築地市場の移転はいつ?場所は豊洲なの?なぜ移転するの?』と題して詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

築地市場の移転はいつ?場所は豊洲なの?

築地市場の移転はいつになるのでしょう。

今のところ、築地市場の移転、開場は11月7日です。

しかしこの日程、小池百合子都知事は『決まった日程を第一に考えず、東京の皆さんの納得、安心を優先させたい』としています。

これには、一部の業者ですが、環境面や、使い勝手の悪さといった問題を訴えているためです。

どんな問題もすべての人の意見が通るということはありませんが、訴えている声を無視して開場した場合、さらに大きな問題となる可能性も否めませんよね。

あと3ヶ月もない現在ですが、延期の可能性もあるのではないでしょうか。

また、移転する場所は豊洲です。住所は東京都江東区豊洲6丁目

【スポンサードリンク】

なぜ築地市場は移転するの?

今までずっと都民の胃袋を支えてきた築地市場。

色々な問題が出てくるのがわかってもなぜ移転するのでしょうか?

実は築地市場、開場した当初は列車輸送が想定されていたそうです。

そのため、トラックの駐車スペースがとても小さく、狭かったんです。

日本一、世界一の大きさの築地市場なのに、今となれば、当然駐車スペースが少なすぎ、狭すぎです。

そういったことから、違法駐車も増加し、さらに建物も老朽化が進んだということで移転となったということです。

もちろん、改修工事をしながら営業するという選択肢もありましたが、やはり営業にいい影響は与えない、困難だということで移転するということを決定したそうです。

築地市場が豊洲へ移転となれば、『新しいから行ってみよう』と海外からの観光客はたくさん訪れるでしょうね。

そして4年後の東京オリンピック。

色々な面で日本が、東京が世界から注目されることになりそうですね。

まとめ

いかがでしたか?『築地市場の移転はいつ?場所は豊洲なの?なぜ移転するの?』

築地市場の移転は11月7日の予定で、場所は豊洲ということが分りましたね。

さらになぜ移転するのか、やむをえない事情がお分かり頂けたかと思います。

開場予定日が延期になるのか、ならないのか、その辺りは今後の小池百合子都知事と豊洲に移転を反対されている方たちの話し合いによって変わってきそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】

この記事があなたの生活にお役に立てれば幸いです。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年8月27日
最終更新日:2016年8月30日

カテゴリー:Uncategorized 話題

サブコンテンツ

このページの先頭へ