歯磨きの時間は食後すぐ?それとも食前?

Pocket

子供の頃はよく『ご飯食べたら、すぐに歯を磨くんだよ』と教えられませんでしたか?

しかし最近では、歯磨き時間は食後30分くらいに…とか、歯磨きの時間は食前だよ…といった話を耳にしませんか?

歯磨きの時間で虫歯になりやすかったりなりにくかったとあるので、どちらなのかはっきりして欲しいですよね。

さすがに食前に磨いて、食後には磨かない…となると口の中に食べかすや臭いなどがいつまでも残っていそうで気持ち悪いと思いますが。

食前といっても時間によっては食前に磨いた方がいいという時間帯もあるかもしれませんね。

誰でも虫歯になるのは避けたいところ。

食後すぐに磨けばいいのか、時間をおいて歯磨きするほうが良いのか…。

そこで今回は『歯磨きの時間は食後すぐ?それとも食前?』と題して詳しく調べてみました。

歯磨きの時間は食後すぐ?

最近、テレビ等の情報で『食後30分は歯を磨かないほうがいい』という話を聞いたことがありませんか?

『いやいや、歯磨きはやはり食後すぐだよ』という方もいらっしゃいます。

『食後30分は歯を磨かない方がいい』という根拠はある実験によるものです。

どういった実験かといいますと、

抜歯した歯をスプライト(多くのスポーツ飲料やイオン飲料も同じ考えていただくといいでしょう)につけると、歯の表面が酸で溶ける。

この溶けた歯を取り出し人の口の中に入れると、だ液の作用で再石灰化が起こり、溶けた歯の表面が強化されてくるといったことが起こります。

それが30分以上口に入れたままにしておくと、歯ブラシをしてもあまりすり減ることはないが、30分以下だと(10分や20分では)再石灰化が不十分なため、歯ブラシをするとすり減りやすい…というのです。

こういった実験の結果をふまえて、

  • 食事中に歯の表面が溶けてしまった状態で歯磨きをすると歯が傷ついてしまう
  • 歯の表面が復活するまで30分かかるから、30分は歯磨きは避けましょう

といった結果になり、『食後30分は歯を磨かない方がいい』とテレビの情報では言っているのです。

しかし、この実験はあくまでもアメリカ人を対象に行ったデータで、日本人の口腔内の環境とは違うので適応しないということです。

そういったことから、やはり食後すぐに歯を磨くことをおすすめします。

ただし、日本人でも食後30分くらい経ってから磨いた方がいいという方もいらっしゃいます。

それは、酸蝕症』という歯の表面のエナメル質が溶けてしまう病気の方です。

酸蝕症の場合は、食後は口腔内が酸性になっていて、健康な歯の人と比べると歯が傷付きやすいので、唾液によって中和されるまで30分ほど歯磨きをするのを待った方がいいそうです。

食前には磨くの?

朝食前…というより、朝、起きたらすぐに歯を磨いた方がよいでしょう。

その理由は、1日の中で口腔内の細菌汚染が最もひどいからです。

睡眠中は唾液の分泌が抑制されているため、口腔内細菌が非常に増えていて、臭いです。

朝起きてすぐ、口の中が臭うな…とか、ネバネバしてる…と感じたことがある方はたくさんいらっしゃると思います

原因はこれです。

胃の中へ入ってしまえば胃酸で殺菌されるし…という方もいらっしゃるかと思いますが、1日の中で口腔内の細菌汚染が一番ひどいと知って抵抗はありませんか?

そういったことから、朝起きてすぐに歯を磨いた方がよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?『歯磨きの時間は食後すぐ?それとも食前?』
日本人の歯磨きは食後すぐに行ったほうがよさそうですね。

また、起床後すぐの歯磨きもおすすめします。

この記事があなたの健康にお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年7月5日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:

サブコンテンツ

このページの先頭へ