★その肌荒れの原因、花粉症かも!花粉症の人が気をつけたいスキンケア!

Pocket

春になると花粉が飛び始め、花粉症の人にとっては辛い季節ですね。

目が痒くなって、涙が出たり、鼻がぐしゅぐしゅでマスクや、ティッシュが手放せない・・・。

花粉症は、鼻水・くしゃみ・目の痒みが代表的な症状ですが、肌荒れの症状が現れる方もいます。

目をこすったり鼻を一日中かんだりというような摩擦行為により、「花粉皮膚炎」が原因で肌荒れになったり、春は気候や温度変化が大きく、乾燥しがちなので、肌荒れしやすくなります。

できるだけ肌トラブルを避けた、スキンケアを心がけたいですよね。
そこで、花粉症による肌荒れの原因は何故起こるか知りたい。

花粉による肌荒れの対策のスキンケア方法知りたいなど気になる花粉症による肌荒れの原因からスキンケアまで花粉症に悩まされている方に一挙ご紹介!

今回は『その肌荒れの原因、花粉症かも!花粉症の人が気をつけたいスキンケア!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

花粉による肌トラブルについて

花粉によって起こる肌トラブルはどんなものがあるのか見ていきましょう。

 

花粉の時期になると、肌が敏感になり、カサつき・痒み・湿疹・発赤などの症状が現れる方がいらっしゃいます。

さらには、普段使用しているはずの化粧水が染みたりする方も。

これらの症状は、物に触れることで起こるかぶれによる”接触性皮膚炎”と呼ばれるものです。

最近では、“花粉症皮膚炎”と呼ばれています。

  • ・目の周りや鼻の周りなどの肌の色が他の場所と違う
  • ・ニキビのような赤い湿疹が出ている
  • ・マスクが肌と擦れる部分がヒリヒリする
  • ・ところどころ白く粉吹きが見られる

これらの症状に当てはまる方は、花粉症皮膚炎の可能性が高いです。

乾燥した状態をほうっておくと、角質層の下にまで影響がおよびます。

肌のハリやもっちり感を支えているコラーゲンやエラスチンが失われていき、たるんでしまったり、肌をこすりすぎによる色素沈着で黒いクマが目の周りにできたりすることもあります。

【スポンサードリンク】

肌を守るための対策は?

マスクやサングラスなどで花粉対策することもできますが、肌のバリア機能を高めて、粒子を寄せ付けないにすることも大切です。

  • 【生活習慣】水分をたっぷり含んだ肌は、細胞間気質が密集している状態ですが、古い角質が残っていると、バリア機能が正常に働かないことがあります。

    花粉から肌を守るためにも、たっぷりの睡眠と健康的な食生活でお肌のターンオーバーを正常に保つようにしましょう。

    ビタミンAは、肌や粘膜を健康に保つために必要なビタミンです。

    また、肌によいビタミンCや、免疫機能を向上させるビタミンBも合わせて摂るようにしたらよいでしょう。

    レバーやうなぎ、ニンジンなどの緑黄色野菜を使ったメニューがおすすめです。

  • 【スキンケア方法】肌がピリピリする方は、肌のバリア機能が低下している状態です。

    そのため、「肌を極力触らない」ことが大切です。

    ゴシゴシと洗顔せず、ぬるま湯洗顔など変えたりして、洗顔料を使う回数を控えるとよいでしょう。

    また、スキンケアは肌に優しい敏感肌用に変えるとよいでしょう。

  • 【メイク方法】メイク落としの摩擦で肌に負担をかけてしまうことがありますので、花粉の時期はベースメイクは軽めにしましょう。

    成分も、無香料、無人工着色料、無鉱物油、パラペンフリーのものを選んだりして、負担を減らすようにしましょう。

    また、目の周りなど皮膚が薄いところは特に肌が荒れやすいので、アイメイクも控えめにしましょう。

さらに肌を守るための一手間

洋服や髪につけたまま家に持ち込んでしまう花粉もあります。
そのため、花粉の他にもPM2.5を防ぐスプレーなどで対策をするとよいでしょう。
洋服や髪に花粉を付けたまま、家に入ってしまう場合があります。
外出時は花粉がつきにくく、花粉を落としやすい素材の洋服を選びましょう。

そして、帰宅の際、玄関先ではしっかり花粉を払ったり、髪をとかしてから家に入りましょう。

すぐに手洗い・うがいとともに顔を水洗いするとよいでしょう。

自宅でのケアを行っても、なかなか症状が治まらない場合は、皮膚科へ行くようにしましょう。

まとめ

今回は、花粉症による肌荒れの原因や、スキンケアの方法についてご紹介しました。

目や鼻などで悩まされている中、少しでも肌荒れで悩まないようにしっかり対策を行いましょう。

【スポンサードリンク】

あまりにもひどい場合には、無理をせず皮膚科へ行きましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年2月26日

カテゴリー:健康 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ