顔の産毛の処理法(剃ると濃くなるの?)

Pocket

みなさんは産毛についてどのような処理法で対処してきましたか?
濃くなるのも怖いですよね。

男性の方は顔の産毛を剃る人や濃くなると剃る人もいますが、そのままにしている人もいますね。

一方女性にとっては顔の産毛はムダ毛なのでほとんどの女性はレーザー脱毛などの適切な処理法で剃る人がほとんどですね。

また、顔の産毛を適切な処理法で剃ると毛が濃くなると言われていますが実際は顔の産毛を剃るなどをしても濃くなることはありません。

濃くなると感じるのは理由があります。
今回はそんな『顔の産毛の処理法(剃ると濃くなるの?)』と題して詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

顔の産毛の処理法

顔の産毛は、無理に処理する必要はないのですが、見た目が気になる人やや化粧のりが悪い方は処理することををおすすめします。

しかし、顔の産毛の処理は失敗すると肌を傷つけてしまいますので、自宅でできる産毛の正しい処理方法について紹介していきます。

気をつけるポイントは次の通りです。

  • 家庭用脱毛器を使う
  • 自分の顔に適した脱毛器を選ぶ
  • 毛抜きはNG
  • カミソリを使う場合はL字型のカミソリや電動シェーバーを使う

1つずつ詳しくみていきましょう。

【家庭用脱毛器を使う】
産毛の処理をあまりしないのであれば市販で売っているカミソリを使うだけでも十分なんですが、産毛の処理を続けていくのであれば家庭用脱毛器を使うことをオススメします。

1番良い脱毛器はフラッシュ脱毛器で痛みがほとんどなく、脱毛サロンと同じ感覚で処理ができるなど良い効果のある脱毛器なのでオススメです。

【自分の顔に適した脱毛器を選ぶ】

フラッシュ脱毛器でどこまでがOKかをしっかり選んでください。
基本的に顔専用のフラッシュ脱毛器はありません。

ですので購入する際に説明書や注意事項をしっかり読んで「どこまでがOKでどこまでがNGなのか」を理解して選んでください。

【毛抜きはNG】
太い毛は毛抜きで処理してしまう人が多くいますが、毛抜きは肌に大きなのダメージを与えてしまうので絶対にやらないで下さい。

毛穴が開いてしまうと毛穴のたるみ黒ずみができてしまいますし、炎症を起こしてしまう可能性があるからです。

【カミソリを使う場合はL字型のカミソリや電動シェーバーを使う】
カミソリで顔の産毛処理をする場合はT時型ではなく、L字型のカミソリで処理してください。

最近では安全性ガードがついたカミソリが多く販売されているので自分にあったカミソリを選んでください。

また、カミソリでは不安だと思っている方は顔用の電動シェーバーをオススメします。電動シェーバーですと安くて3000円ですので1度試してみてはいかがでしょうか?

鼻の下は1週間に1度、それ以外は3〜4週間に1回ペースで処理する。

【スポンサードリンク】

産毛を剃っても濃くならない

ヒゲや産毛を剃ると毛が濃くなると言われていますが、そんなことはありません。

ではなぜ毛を剃ると濃くなるように見えてしまうかというと
基本的に毛は先が細くなった状態で生えてきます。

しかし、適切な処理法でやらずに自己処理で剃ってしまうとまた毛が生える時、毛の断面が太くなった状態で生えてくるので濃くなったように見えてしまいます。

しかし、あくまでも断面太くなっただけなので医学的には剃ると毛が濃く見えることはありえません。

ですので毛を剃ると濃くなると思っている方は安心してください。

まとめ

いかがでしょうか?『顔の産毛の処理法(剃ると濃くなるの?)』
女性の方は自宅で顔の産毛の処理をする人よりも専門店に行って顔の産毛の処理する人は多くいるとおもいます。

【スポンサードリンク】

一方男性の方は顔の産毛を気にしている人は多くいるとおもいますので専門店に行って処理するということも1つの手段ですが、男性も女性も上記で学んだことを活かして少ない費用で手軽に顔の産毛の脱毛処理をしてみては いかがでしょうか?

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月19日
最終更新日:2016年6月17日

カテゴリー:健康

サブコンテンツ

このページの先頭へ