彼氏とケンカした!仲直り出来るメールの書き方とは?

Pocket

付き合っていればケンカは付き物ですね。
一緒にいればいるほどお互いの嫌なところが見えてきてしまったり、嫉妬してしまったり。すれ違いが増えてきたり、理由は様々ですがやっぱりケンカの原因は「好き」が故に発生するものですよね!どうでも良ければケンカにもなりませんから。
好きであるが故のケンカは、改善してほしいからケンカになるんですよね。となると、仲直りの謝り方も重要になってきます。

ケンカしてしまった時、メールで仲直りしようとしたことってありますか?
ケンカの内容によっては、メールで仲直りしてもいいのか書き方に困ってしまいますよね。

どんなメールの書き方が相手に伝わるのか、どんなメールの書き方が丁寧に思われるか。
しかも仲直りのきっかけに、直接会って話せなかったり電話もできない、出てくれない時にはやはりメールで仲直りするのが一番の近道だったりしませんか。

顔や声が見れない、聞こえない分やはり文章はそのまま伝わりますからどんな書き方にするか迷ってしまいます。書き方によっては違う意味と、捉えられてしまったら修復も難しくなってきたりして・・・

そんな時のために『彼氏とケンカした!仲直り出来るメールの書き方とは?』を調べてみました!

【スポンサードリンク】

どんなメールの書き方だと仲直りできる?

メールの書き方のコツ

【素直になる】

勢いで思ってもないことを言ってしまったり、その場の流れでちょっとヒステリック気味になってしまった時は、気持ちが落ち着いてから素直に謝ってしまいましょう!

「ごめんね。少し言いすぎちゃった」と、この一言だけでもいいんです。
これは言うのが遅くなれば遅くなるほどどんどん言いづらくなって、それだけの話では済まなくなってしまいます。ただの軽い口喧嘩ならなおさら早く謝らないと損です!

男性はプライドが高い人が多いので、自分に非があると思っていてもなかなか自分から謝れません。
こちらに非がなくても、一歩上に立ったつもりで、謝りながらもこうした方が扱いやすいからと思うのもこちらのイライラも解消されますよね。ただし、この場合決して態度に出さないようにしましょう。

【段階に分ける】

ケンカしてすぐは、頭がカッとなってしまっているので一日まるっと放置しましょう!

相手の怒りが少しおさまるまで、自分の怒りも治まって気持ちが落ち着くまで友達と過ごしたりゆっくり一人の時間を持ちましょう。そして落ち着いたと思ったら、謝罪と一緒に普段どおりにメールしてみて相手の反応を伺います。この時重たくならない程度に、好きと伝えましょう。

相手から返信やアクションがなければ、また放置です。
そのことばかり考えすぎないよう、気持ちを他に置きましょう。そして3日後に、再度メールします。この時は好きの気持ちはあまり伝えず、話し合いをしようと軽い感じで文章もよく考えて送ります。
これでもまたなんのアクションもない場合はさらに放置です。

そして一週間ほど経った時、またメールしてみます。今度は相手に自分のことが好きか問いてみましょう。相手も自分のことが好きであれば、一週間頭を冷やせば話し合いにもなるはずです。
少なくとも好きで一緒にいたわけですから、相手もこのままというわけではないと思います。
話し合いできる機会ができたらあとは素直になるだけです。

【関係性によって使い分ける】

相手の方が立場が優位であるか、どちらかといえば自分が上であるかでメールの書き方も変わってきます。自分が好き好きな感じだったら長文は避けましょう。相手から重たく受け止められてしまう可能性大です。

自分の立場が上な感じであれば、少し強気な感じで送ります。
よくわからなくなっちゃった。など、曖昧な感じだと相手も気になってしまいます。

【スポンサードリンク】

メールで送る謝罪の言葉

早く仲直りをしたい時に送る言葉

・ごめんなさい
・本音を言ってくれてありがとう
・~なとこが悪かったよね
・ケンカをしても好き
・次からはこうするね
・もう一度ちゃんと話そう
・前よりも理解出来た
・頼れるからつい・・・無茶言っちゃった
・こんなことで失いたくない

もちろんその時のケンカ内容によって選んでくださいね。重くなるような内容は禁句です。

しかし、お互いに理解しあって深めていきたいものですね。

まとめ

ケンカをしたらつい!余計な事を言ってしまったり素直になれなかったりしてしまいますよね。
誰もが正しい恋愛が出来ている訳でもないので安心して下さい。
相手だってあなたと仲良くしたいはず。
恋愛のやり取り上手になるには、素直が一番かもしれません。

ケンカをしたら感情的にならずに、落ち着いてからメールしてみてください。きっと仲直りできますよ!

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年10月31日

カテゴリー:恋愛 話題

サブコンテンツ

このページの先頭へ