活性酸素とは?運動不足で老化がすすむの?

Pocket

老化を防いで若返る美容やダイエットを成功するには日頃の食生活を見直して不足している栄養を補って身体の中を綺麗にすることも必要ですが運動も大事です。

また、運動をすると活性酸素を生み出します。

活性酸素とは身体に必要なものであり、身体の中に侵入した細菌やウイルスを撃退するために白血球から放出され、殺菌や消毒の役割をしますので、運動が不足してる人は運動してみましょう。

しかし、活性酸素は良いものばかりではなく、運動をし過ぎると身体の細胞の老化を促進してしまうもので、老化や病気の原因でもあるのです。
ですが、人間の身体には運動によって老化してしまう活性酸素から身を守る為の物質があり、抗酸化物質というものがあります。

しかし、活性酸素による攻撃を受け続けると抗酸化物質の量が不足してしまい、細胞が酸化します。ですが、不足した抗酸化物質の代わりになるものがあります。

今回は老化についてと活性酸素が発生する原因や不足した抗酸化物質の代わりに活性酸素を除去してくれるものについて紹介します。

【スポンサードリンク】

活性酸素は運動や運動不足でも発生し老化する

活性酸素は身体の中に侵入した細菌やウイルスを撃退するために白血球から放出され、殺菌や消毒の役割をします。

しかし、活性酸素は悪影響なものが多く、細胞の外側の細胞膜は不飽和脂肪酸というものがあり、これと活性酸素が結びつくと酸化してしまい、「老化」するのです。

活性酸素が発生する条件は主に運動や呼吸です。

ですのでダイエットの目的で運動をしてしまうと活性酸素が発生してしまうのは仕方のないことなのです。

しかし、活性酸素は生命活動をする、呼吸をする上では必ず発生する代謝物質なのです。

なのでたとえ運動をしなくても呼吸をしている限り、活性酸素は発生し続けます。

ですが、活性酸素からの攻撃を防ぐものがあり、抗酸化物質というものがあります。

抗酸化物質とは

抗酸化物質とはビタミンAミネラル酵素にあり、細胞を活性酸素から防ぐためにあるのです。

そして、この抗酸化物質は運動やトレーニングによって生成されます。

しかし抗酸化物質は、運動が不足してしまいますと代謝されなくなり、抗酸化物質の働きがなくなって活性酸素が増えてしまいます。

つまり、運動をすると活性酸素と抗酸化物質が代謝してお互いを打ち消し合いますが、逆に運動をしないと抗酸化物質が代謝しなくなって活性酸素が増えていき、老化がどんどん進んでしまいます。

【スポンサードリンク】

抗酸化物質の代わりになるもの

しかし、運動をするのが難しいという方は抗酸化物質が代謝しなくなってしまい、活性酸素がどんどん増えてしまいます。

しかし、抗酸化物質と同じ働きがある食べ物があり、水素にあります。

酸化と逆の働きをすると考えられている水素は、体内に存在する活性酸素の中でも、活性酸素だけを還元して無害な水にして体外に排出します。

さらに詳しく解説すると他の多くの抗酸化物質は、体全体に行き渡ることはできませんが、分子サイズが最も小さい水素は容易に血液中に入ることができるため、毛細血管から全身の細胞に到達して活性酸素と結合し無毒化させ、体外に排出することができます。

また、不眠や疲れ、肌の老化は活性酸素が 原因なので最近よく見かける水素水を試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

【スポンサードリンク】

活性酸素によって身体が老化してしまうのは運動していなかったり呼吸をすることによって進行してしまいますので手軽に活性酸素を還元して老化を防ぐにはまずは水素水などから始めてみてはどうでしょうか?

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月25日
最終更新日:2016年6月8日

カテゴリー:健康 運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ