赤ちゃんと子供の気管支炎の治し方

Pocket

気管支炎という名前を知っている方や気管支炎の治し方を知らない人は少ないと思います。

自分が赤ちゃん子供だった頃に痰を含んだ咳をした経験を憶えている方、実は赤ちゃんや子供の頃にしたことのあるその痰を含んだ咳が気管支炎なのです。

気管支炎のなかでも痰を含んだ咳が長く続いたり、 膿性の黄色の痰が出ている場合は細菌に感染している可能性が高く、治し方も違います。

また、気管支炎の治し方はちんがい薬、去痰薬、消炎薬などの錠剤が主な治し方です。

赤ちゃんや子供が気管支炎にかかってしまいますと呼吸困難になってしまい、命に関わってしまいます。

赤ちゃんや子供た気管支炎になったとき、どうすればいいのでしょう?

ですので今回は『赤ちゃんと子供の気管支炎の治し方』と題して詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

気管支炎とは?

気管支とは粘膜に線毛と呼ばれるものが生えた上皮と粘膜を分泌する胚細胞におおわれた空気が通る道です。

そこにホコリや微生物が入ると気管支にくっついて粘膜がそれを固めて痰にして口から外へ咳というかたちで排出します。

しかし、微生物が気管支に侵入して粘膜が炎症しまい、痰を含んだ咳を起こすことを気管支炎といいます。

気管支炎の病気の症状は微生物からの感染の他に、タバコの喫煙大気汚染から、喘息アレルギーなどからも気管支炎が発生します。

子供の場合ですと、気管支炎の症状は風邪以外に激しい咳と痰が出てきます。

最初は乾いた咳から始まり、徐々に痰の絡んだ湿った咳に変わります。

基本的には熱と一緒に出てくるのですが、稀に咳と痰だけ出続けることがあります。

気管支炎の症状には個人差があり、軽いものでしたら自然に治ることもあります。

しかし、こじらせてしまうと気管支の奥にある細気管支にまで炎症が広がって「細気管支炎」を発症するケースがあります。

また、子供の場合ですと少しの喉の腫れでも呼吸に影響してしまい、よく眠れない、食べたものを吐き出してしまう、食欲がなくなるなどの症状もでてしまいます。

主な気管支炎の予防としては普段から風邪を予防することが大切です。

外から帰ったら手洗いとうがいをしっかりして、小さい子供ならウエットティッシュなどで念入りに拭いてあげましょう。

毎日睡眠をしっかりとって、規則正しい生活リズムを保つことも健康を維持する上では大切です。

風邪は1年中いつ発生するかわからないので、普段から風邪予防を意識して生活していくと良いです。

赤ちゃんの気管支炎の治し方

基本的には身体を温めて水分をしっかり摂り、湿度を50〜60%に保って安静にしていれば自然に治ります。

赤ちゃんが咳き込んだときは、縦抱きにしてあげると肺や気管が広がって呼吸しやすくなるので、楽な姿勢にしてあげるなど様子を見ながらケアしてあげてください。

正しい治療法を行えば7〜10日で治ります。

【スポンサードリンク】

子供の気管支炎の治し方

子供が気管支炎だと診断されましたら、処方された薬を服用して家で安静にさせてあげてください。

適切な処置を受ければ7~10日ほどで良くなります。
ウイルスは湿気に弱いので、子供の寝室の湿度は50~60%に保つのが最適です。

部屋の温度も秋~冬でしたら20度前後、夏でしたら27度前後くらいに保つようにしてください。

子供の場合、気管支炎になってしまいますと夜に咳き込んで眠れなくなることが多くあります。
あまりに咳がひどいときは少し上半身を高くしてあげると呼吸が楽になります。

まとめ

いかがでしたか?『赤ちゃんと子供の気管支炎の治し方』
赤ちゃんや子供が気管支炎を発症してしまいますと痰を含んだ激しい咳に苦しめられてしまい、喉が腫れて食欲がなくなったり激しい咳で眠れなくなるなど赤ちゃんや子供たちの日常生活に支障をきたしてしまいます。

【スポンサードリンク】

ですので、日頃から手洗いやうがいなどをして気管支にウィルスや細菌を通さないようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月28日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:健康

サブコンテンツ

このページの先頭へ