ココナッツオイルの効能とは。それが歯によいというのはなぜ?

Pocket

ココナッツオイルが注目を浴びていますが、ココナッツオイルにはどのような効能使い方があるのでしょう。

ココナッツオイルには様々な使い方や効能があると言われています。一つにに効能があるといわれています。

歯に効能を発揮する使い方があるようです。
ではココナッツオイルが歯に効能を発揮する使い方を調べてみましょう。

ココナッツオイルが歯によいとされる使い方。
どんな使い方をしたら歯によいのでしょうね。

今回は『ココナッツオイルの効能とは。それが歯によいというのはなぜ?』ということをテーマに詳しく書いていきます。

あなたのお役に立てたら幸いです。

【スポンサードリンク】

ココナッツオイルの効能と使い方

ココナッツオイルには様々な効能があります。

  • ダイエット
  • ボディケア
  • ヘアケア
  • 病気の予防

1つずつ解説していきますね。

【ダイエット】
ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は他の油と違って体に蓄積されません。

付いてしまっている脂肪を燃焼してくれる優れものなのです。

燃焼させて、エネルギーに変えてくれます。それに、身体に溜まった便を除去し、腸の動きを整えて便秘解消となります。

ココナッツオイルは冷え症を改善させ血行を良くし、燃焼するので2週間継続摂取すると冷え性が約75%改善となります。

では、どのような使い方をするのでしょう。

温かいお好きな飲み物に、大さじ1杯のヴァージンココナッツオイルを入れます。
ヴァージンココナッツオイルが良いですね。

飲んでいると、唇にオイルが触れてぷるっぷるとリップケアにもなります。
必ず温かい飲み物に利用してください。

冷たい飲み物では、オイルが固形化してしまうので温かい飲み物の方が良いですね。

【ボディケア】
ココナッツオイルでリンパマッサージをしてみましょう。

リンパが滞ると老廃物が流れずむくみの原因となってしまいます。長い時間滞ると脂肪(セルライト)となってしまいます。

まずは、リンパを流すための運動!といいたいですが、マッサージで流してみましょう。
ココナッツオイルでは保湿効能もあり、リンパも流しちゃいます。

さらに、抗酸化作用でアンチエイジングとしてシワ・シミになるお肌の酸化をココナッツオイルが止めてくれます。

ビタミンEが豊富に含まれているため、肌の乾燥を防ぎかゆみや肌荒れを低減させてくれます。

ココナッツオイルは分子が小さくて、浸透率が高くベタつかなく肌がサラサラなのがよいです。

お風呂上りにマッサージオイルとして使ってみるのがよいです。洗い流す必要がないのです。

ボディの使い方があります。砂糖と混ぜてスクラブにします。
全体が湿り、上にオイルが乗るくらいがよいです。

エッセンシャルオイルを一緒に足して香りをプラスしリラックス効能もありですね。
使い方ですが、

  • お風呂で身体を洗った後に身体全体になじませる
  • 砂糖がなくなるまで優しくマッサージをする
  • 溶けたら5~10分ほど置いて流す

 

オイルのぬるぬるが残りますが、そのままがおすすめです。

そうすると、お肌がサラサラつるつるで柔らかくなるようです。

もう一つ、塩と混ぜてスクラブを作ってみて下さい。

塩のスクラブは抗菌作用と古い角質を除去する効能を持っています。

ニキビ対策に効果的で、塩とココナッツオイルの抗菌作用でニキビのもととなる菌を殺して、ココナッツオイルの消炎作用でニキビの炎症を抑えて角質を落としてつるつるにします。

【ヘアケア】
次にヘアケアですが、美髪効能ありです。
髪を洗ったあとのドライヤーの後もしくは前にでも、ヴァージンココナッツオイルを少量髪にぬります。

たくさん塗るのはやめて下さいね。ペターっとなってしまいます。
毛先のみだと頭頂部がぺたっとならなくてよいかもです。

ヘアカラーやパーマでダメージを受けている髪の修復効能が期待できます。

ヴァージンココナッツオイルでヘアパックをすると髪が柔らかくなったと実感できると思います。

【病気の予防】
病気の予防にもココナッツオイルというのも、乾燥を防いでアトピーのかゆみを軽減し、皮膚が柔らかくなるとも言われています。

それは、ラウリン酸ビタミンEが乾燥を防ぎ、バリア機能を回復させてくれる事でかゆみが軽減されるのです。

オーガニックなので、アトピーに悩む方はぜひ試されて見てください。

アルツハイマーの予防にもといわれていますが、その効能は?

神経細胞がエネルギー源としているグルコース(ブドウ糖)を使うことができないガス欠状態となり様々な認知障害を引き起こしているのが、アルツハイマー病です。

栄養源であるケトン体の原料となる中鎖脂肪酸を沢山採ることで、栄養源のケトン体が脳に流れ込み、脳機能を改善出来ることだそうです。

ココナッツオイルには、自然界の中で一番多く中鎖脂肪酸を含んでいるのです。
使い方として、ココナッツオイルを大さじ1杯か2杯(15~30ml)とるだけです。
血液中のケトン濃度をいじするために、これを1日に3回繰り返す必要はあります。

【スポンサードリンク】

歯に効能を発揮する使い方

色んな面でココナッツオイルが良いというのはわかられたと思います。
では、に効能を発揮するのはどういう事でしょう。

実は、虫歯予防効果があるのです。
虫歯の原因はミュータンスという菌なのです。

ココナッツオイルには、この菌の増殖を抑える効果を持っていると研究結果が出ています。

歯は一生ものなので、ココナッツオイルで徹底的に守ってあげればいいですね。

さらに、歯を支える歯茎の健康にも役に立ち抗菌性が高く歯周病の原因となる菌を減らす効能も期待できます

しかも、ココナッツオイルは薬とは違いますので、副作用もありません。
小さな子供にも安心して使えるオイルです。
子供の虫歯予防に活用していくといいですね。

使い方として、「オイルプリング」という方法です。
これは、オイル摂取ではなく口に含んでうがいをするのです。

大さじ1杯のココナッツオイルを口に含み、15~20分程口の中でクチュクチュし、吐き出して水でそそげば完了です。
ちょっと抵抗はあるかもしれませんが、歯を守るためにはやってみることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?『ココナッツオイルの効能とは。それが歯によいというのはなぜ?』
お読みいただいてわかるように、ココナッツオイルの効能はたくさんあり、使い方も簡単です。

身体全体に使えて、体内からも健康にしお肌にもよいものであるなら是非使ってみたいと思いますね。

【スポンサードリンク】

驚くことに歯の虫歯予防・歯周病への効果も期待できますので、子供の時からしっかり予防として利用してほしいです。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月14日
最終更新日:2016年6月12日

カテゴリー: 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ