米のとぎ汁洗顔はニキビに効果あり?韓国でも人気の方法を紹介!

Pocket

韓国で話題の美容法「米のとぎ汁洗顔」をご存知ですか?

いつも米を炊く時に洗って捨てている、あの米のとぎ汁を実は再利用する方法があったんです!
あまり知られていないだけで、米のとぎ汁には実は、美容成分がたっぷり入ってるのです。ですので洗顔として利用されています。

しかもこの洗顔はニキビにも効果がある!?と嬉しいくちコミが広がっています。

米のとぎ汁での洗顔ならば、まさに0円で出来て、ニキビ効果な美容方法!ということで、美容大国である韓国では、大ブームになってます。

韓国の女子たちの美しさの秘訣がここにあります!ニキビ効果のある手軽な美容方法ですもんね。

ということで今回は、自宅で簡単に出来る0円美容・ニキビにも効果があるという韓国で話題の「米のとぎ汁洗顔」を『米のとぎ汁洗顔はニキビに効果あり?韓国でも人気の方法を紹介!』として、ご紹介します!

【スポンサードリンク】

米のとぎ汁は安全なの?

様々な化粧品がありますが、その中で肌に合わないものもあります。

米のとぎ汁は、その名の通りお米から出る成分のみなので、アレルギーが出たりということがあまり起きません。

なぜならば、日本人はお米をほぼ毎日食べているので、身体自体がお米に慣れているので、肌から吸収されたものでも、かぶれにくいのです。
もちろん、とぐお米は無農薬であることが前提です。

農薬がたっぷりついてると、農薬入りのとぎ汁になってしまうので、そこだけ気をつけましょう!

米のとぎ汁の驚くべき美容効果

お米のとぎ汁には、ターンオーバーを早める(もしくは正常に保つ)働きがあります。
そのため、天然のピーリング効果が期待できるのです。

一般的なピーリング洗顔は、刺激が強すぎるので、ニキビが出来ている時は使用を控えた方がいいです。

しかしお米のとぎ汁ならば、肌と同じ弱酸性なので、肌への負担が少ない上に、保湿成分セラミドも含んでるので、しっかり乾燥から守ってくれます。

米のとぎ汁は、なぜニキビに効果があるのか?

ニキビは、毛穴のつまりやオイリー肌、 肌の汚れなどが原因でできます。

米のとぎ汁は、汚れをとり、活性酸素まで除去してくれます。

更にオイル成分により、適度に乾燥からも守ってくれますので、ニキビ肌には刺激なく、いいケアになります。

米のとぎ汁の栄養素

お米のとぎ汁には、美容効果があるといわれている栄養素がたっぷり含まれています。

・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンC
・ビタミンE
・セラミド
・脂質
・でんぷん

など、米ぬかに含まれているのと同じ成分が入っているんです。

美容効果はもちろん、様々なものに使えるお米のとぎ汁。
活用法を見ていきましょう!

【スポンサードリンク】

米のとぎ汁の作り方

  • まずはざっと水でお米を洗う。
  • 水を切ったら、お米の粒同士を擦り合わせながら2.3分念入りにとぐ。
    ※お米のエキスを絞り出すイメージで!
  • といだお米に水を投入。
  • お米と水をよくかき混ぜて完成!

一番にとれたものが「一番とぎ汁」で、これをダイレクトに肌に付けるのもオッケーです!

美容成分がたっぷり含まれている原液なので、ビンなどに入れて保管しておくといいです。

保存料もなにもない生物なので、必ず冷蔵庫に入れましょう。
それでも半日以内に使い切るようにしましょう!

米のとぎ汁洗顔法

注意点として、お米のとぎ汁には保存料など入ってない為、必ずその日に作ったものを使いましょう!

  • まずクレンジングや石鹸などを使ってメイクを落とす。
  • 米のとぎ汁を洗面器に入れ、お湯で1.5倍くらいに薄めて、よくかき混ぜる。
    ※人肌の温度になったら洗顔開始!
  • 米のとぎ汁で顔全体を優しく洗う。
    ※ピーリング効果があるので、強くこすりすぎないこと!
  • 顎→頰→眉→額へと、下から上へなであげるように顔を洗う。
  • シミ、ソバカス、ニキビなど気になるところは、米のとぎ汁なじませます。
    ※強くこするのはNG!
  • 最後は水かぬるま湯で、顔全体を3回ほどすすぐ。

これで米のとぎ汁洗顔は終わりです。

洗顔は洗顔で先にやるので、ピーリング&パックといったイメージになります。
ピーリング効果があるので、週に2.3回がオススメです。

まとめ

いかがでしたか?
自宅にいながら、自宅にあるもので出来る0円美容法!

【スポンサードリンク】

韓国の女子たちが美肌な理由がわかりました。
食材を少しも無駄にしない活用法も、とってもいいですよね。
ぜひ試してみてください!

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月26日
最終更新日:2016年10月2日

カテゴリー:Uncategorized 健康 日常 美容 話題

サブコンテンツ

このページの先頭へ