★香水の種類、コロン・トワレ・パルファム、違いは何?初心者におすすめの香水は?

Pocket

すれちがった時などにふわっと香るいい匂い。

私も「一日いい匂いに包まれたい」と思い、香水を買いに行くと、ブランドものの香水などいろんな香水の種類がありますね。

香水の初心者だと種類が多すぎると迷ってしまいます。

そして、香水を手にとってよく見てみると、コロン、トワレ、パルファムなどの種類があって、一体何が違うんだろうと思った経験ありませんか?

実は日本では「香水」という一つの呼び名しかありませんが、フランスではパルファムやオードトワレ、オーデコロンなどと呼び分けられています。

でも、一体なぜ香水がコロン・トワレ・パルファムなどの種類があり、呼び分けられているのでしょう。

そして、初心者におすすめの香水はどれが良いのでしょう。

気になる香水の種類のコロン・トワレ・パルファムの違いから、初心者でも迷ったときの初心者におすすめの香水についてクローズアップ!

今回は『香水の種類、コロン・トワレ・パルファム、違いは何?初心者におすすめの香水は?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

香水の種類

香水の種類って実は4つ種類があります。

それは、「パルファム」、「オードパルファム」、「オーデトワレ」、「オーデコロン」の4つです。

この4種類ひっくるめて、日本では香水と呼ばれてるんです。

この4種類の違いは一体何なんでしょう。

4つの種類の違いは?

  • 【パルファム】香水の最高ランクのほとんどがパルファムです。

    香水の中でも最も香料の濃度が高く、香りも強くて長持ちするのがパルファムです。

    濃度が15%~20%で香りの持続時間は約7時間ほど持ちます。

    付ける時は、「1滴肌に点を落とす感じ」でつけます。

    強く香るので、ドバっと出しすぎないように注意してください。

  • 【オーデパルファム】パルファムより香料の濃度が少し落ちます。

    パルファムより気軽につけれて、安価なので扱いやすいかと思います。

    濃度は10%~15%で、香りの持続時間は約5時間ほど持ちます。

  • 【オードトワレ】濃度、持続時間は下がりますが、普段使いにおすすめです。

    香水の中でも一番メジャーなタイプの香水なので、種類が一番多く、初心者におすすめのタイプの香水でもあります。

    濃度は5%~10%で、持続時間は約3、4時間です。

  • 【オーデコロン】一番香りの濃度が低いため、香りも薄く、すぐに消えてしまいます。

    濃度は2%~5%で、香りの持続時間は1、2時間程度です。

    イメージとしては香水というよりボディミストに近い感じかと思います。

    ちなみに、オーデコロンやオードトワレの「オーデ」(Eau de)はフランス語で「水の」(Water of)という意味です。

    そのため、少し希釈されて薄くなっているという意味なんです。

【スポンサードリンク】

4つの種類の見分け方

日本語でパルファムなのか、オードパルファムなのか書いてあれば種類が分かりますが、その他で見分けるコツはないでしょうか。

その他ですと、香水の瓶の下の方にフランス語で記載があります。

  • パルファムなら「PARFUM」。
  • オーデパルファムなら「EAU DE PARFAM」。
  • オードトワレなら「EAU DE TOILETTE」。
  • オーデコロンなら「EAU DE COLOGNE」。

などと記載があります。

瓶の下も確認してみるとよいでしょう。

香水の正しい付け方は?

これら香水はどのように付けるのがよいのでしょう。

香水はアルコール分が多く含まれているため、蒸発することでその香りを発します。
そのため、体温の高い場所につけるのが効果的なんです。

手首につけることが多いかと思いますが、手首は衣類や物にこすれることが多いため、匂いが消えてしまいやすいのです。

具体的には「ひじの内側」がよいとされています。

ただ、衣服につけると、シミになる恐れがあるので注意が必要です。

また、香水によっては皮膚が荒れることもありますので注意が必要です。

そういう場合は、直接肌に振りかけるのではなく、コットンやハンカチなどに染み込ませて、ポケットに入れておくとよいでしょう。

そして、忘れてはならないのが、香水の種類ごとの付け方です。

「パルファムは点、オードトワレは線、オーデコロンは面」と言われています。

特にパルファム、オーデパルファムは強烈な香りなので、付けすぎないように注意しましょう。

まとめ

今回は香水の種類や初心者におすすめの香水についてご紹介しました。

香水には4つも種類があって、奥が深いものだったんですね。

【スポンサードリンク】

香水の選び方やそれぞれの香水の付け方など、その時にあった香りを楽しんでくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年2月9日

カテゴリー:便利 日常 美容 芸能

サブコンテンツ

このページの先頭へ