コットンと綿の違いとオーガニックコットンとプレオーガニックコットンの違い

Pocket

日々の生活で必ず使用する服には綿花を使ってコットン綿など色んな綿を素材にしたものがおおいです。ですが、コットンと綿の違いを知っている方はどれだけいるのでしょうか?

また、コットンにも違いがあり、オーガニックコットンプレオーガニックコットンといった色んな違いがあるコットンがあります。

オーガニックコットンは聞いたことがあるけど、プレオーガニックコットンって?

オーガニックコットンはタオルやシャツなどに使われ、プレオーガニックコットンもタオルやシャツに使われます。

どれも同じようなコットンだと思いますが、オーガニックコットンとプレオーガニックコットンは違いがあります。

そこで、今回は『コットンと綿の違いとオーガニックコットンとプレオーガニックコットンの違い』と題して詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

コットンと綿の違い

まず特徴からですが、綿とは綿花から作られたもので、服の生地にはとても最適です。

しかし、綿にはメリットとデメリットがあり、メリットは…

  • 静電気が起きにくい
  • 肌触りがなめらか
  • 肌触りがなめらか
  • 素材が丈夫なため服が長持ちしやすい
  • 洗濯や漂泊がしやすい

といったメリットがあります。
綿は吸水性が高く、とても微細な繊維のため痛みにくく、色んな環境に耐えられる丈夫さがあります

デメリットは

  • 価格が高い
  • シワになりやすい
  • 汗で黄ばみやすい

などで、綿は天候の影響を受けやすくて価格が変動しやすいです。また、シワになりやすく、綿は色に染まりやすいので汗などで黄ばみやすいなどのデメリットがあります。

ではコットンについてですがこれは綿を英語で読むとコットン(cotton)と読みます。

つまり、綿とコットンの違いは日本語か英語かの違いだけで特徴は同じだけなんです。

オーガニックコットンとコットンの違い

実はオーガニックコットンと普通のコットンの質は同じなのですが、目的が違います。

普通のコットンは栽培するときに農薬を使いますが使用した農薬は時間が経つとほとんど分解します。

しかし、オーガニックコットンは品質を良くするために作っている以外にも、土地などを守るためなどの地球環境の保全を目的として作られているものです。

普通のコットン栽培方法では地下水の汚染や微生物の消滅が発生し、土がやせ細ってしまうのです。

ですが、オーガニックコットンは農薬や肥料をできるだけ使わない環境で栽培を行っているので、土壌や環境に良く、農家たちの健康にも良いのです。

つまり、コットンとオーガニックコットンの違いは栽培する、した後の環境が違うのです。

【スポンサードリンク】

プレオーガニックとオーガニックコットンの違い

また、オーガニックコットンの他にプレオーガニックコットンと呼ばれるものがありますが、プレオーガニックコットンは別名転換綿とも呼ばれ、畑がまだ有機栽培に転換してから3年経っていない場合、オーガニックコットンの栽培方法で栽培したコットンはオーガニックコットンではなく、プレオーガニックコットンになります。過渡的な綿花ということで、転換綿又はプレオーガニックコットンと呼ばれています。

つまり、プレオーガニックコットンとオーガニックコットンの違いは3年経って栽培したのか3年経たずに栽培したのかの違いです。

まとめ

いかがでしたか?『コットンと綿の違いとオーガニックコットンとプレオーガニックコットンの違い』
コットンといっても色んな種類があり、栽培方法によってはその土地や環境に 悪影響を与えてしまう可能性があります。

【スポンサードリンク】

上記の結果からコットンの違いやその栽培方法による環境の影響について理解できましたか?

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月26日
最終更新日:2016年8月6日

カテゴリー:健康 日常 美容

サブコンテンツ

このページの先頭へ