抗酸化の作用のある食べ物は?バナナがよいって本当?

Pocket

抗酸化作用とは何なのでしょう。

よく抗酸化作用と耳にするのですが、抗酸化が何なのか作用とは。

抗酸化作用のある食べ物があるそうです。
その食べ物の一つにバナナです。

バナナだったら身体によいですよね。

バナナは食べ物のなかでも良いとされているし、食べ物でバナナでしたら手ごろに採れてよいですね。

今回は『抗酸化の作用のある食べ物は?バナナがよいって本当?』について書いていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

抗酸化作用とは 。

抗酸化作用の酸化とは、物が錆びたりくさったりすることです。
人の身体は酸化していきます。

人は酸素を取り入れてエネルギーを作っていますが一部の酸素は化学変化を起こして、活性酸素というものを発生させます。

過剰に発生した活性酸素は人間の身体を酸化(サビ)させて、動脈硬化などを引き起こして生活習慣病老化を招きます。

添加物が含まれた食品、喫煙、大気汚染、紫外線、ストレスなどは活性酸素を発生させやすいもので、活性酸素は病気の原因とされています。

現代の生活環境には活性酸素が発生しやすい状況なのです。

その活性酸素を抑えることを抗酸化作用というのです。
私たちの体には元々、抗酸化作用を持っているのです。

適度な運動をすると抗酸化作用を高めて酸化ストレスが減少すると言われています。

運動をすると活性酸素が発生します。適度な運動はそれを打ち消すほどの抗酸化作用を高める事が出来るようです。

ですので適度な運動はよいのですが、過激な運動なよくないとされています。

適度な運動を定期的に行う事は心肺機能の向上や自律神経バランスの向上など、抗酸化作用の向上にもプラスといえるのです。

活性酸素から身体を守るには次のことに気を付けましょう。

  • 紫外線に注意する
  • タバコを吸わない・煙を吸わない
  • 食品添加物を控える
  • ストレスをためない
  • 無理なく自分のペースでできる運動をする

活性酸素が増加する原因がこのようにあります。

体内で発生する要因は日常生活に潜んでいるのです。

【スポンサードリンク】

食べ物でよいとされているバナナの抗酸化作用とは 。

活性酸素による身体のサビつきを防ぐために普段の食生活から心がけましょう。

抗酸化作用に強い食品は、ビタミン類・カロテノイド・ポリフェノールの含まれた食品です。

☆ビタミン類
ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE

☆カロテノイド
リコピン・β-クリプトキサンチン・カプサンシン

☆ポリフェノール
アントシアニン・タンニン・カテキン・リグナン(セサミンの一種)

さまざまな食品、食べ物の中で抗酸化作用が最も高いのはバナナなんです。

バナナはアミノ酸や各種ビタミンの宝庫なのです。

食物繊維もたっぷり含まれており、さらに抗酸化作用が高いとなれば毎日バナナ1本を食べないといけないですね。

活性酸素は、体内に侵入してきたウイルスや細菌から身を守るために作られる成分でして必要以上に作りだされると、体内の正常な細胞までも攻撃してしまいます。

体内の細胞や組織をさび付かせ、老人性痴呆白内障シミシワの原因にもなり、エイジング(老化)の引き金にもなることが指摘されています。

活性酸素は有害な過酸化脂質の生成を促し、動脈硬化・高血圧・悪性腫瘍・糖尿病などの生活習慣病や老化促進の原因になると考えられています。

バナナに含まれる抗酸化成分で血液内に悪玉コレステロールが溜まるのを防ぎ、血流を改善する働きがあります。

【バナナに含まれている栄養素】

β-カロテンビタミンAケルセチンβ-クリプトキサンミリセチン
ビタミンCリコペンビタミンEポリフェノール類などの栄養素を含みます。

バナナは皮の色別にことなる健康効果を持ちます(熟成度により健康効果が変化します)

☆青めのバナナ
善玉菌を増やして腸内環境の改善に効果があります。
便秘の人によいです。
食欲を抑えて、脂肪の燃焼をたすけるのでダイエットやメタボ対策に効果があります。
食物繊維効果で、結腸ガン・乳がんのリスクを低下させます。
バナナ全体が青くなっていなくても、両端が青みかかっているものでも大丈夫です。

☆黄色いバナナ
アンチエイジング効果があります。美容3ビタミンといわれ、ビタミンB2、B6、ナイアシンを含んでいます。新陳代謝を活発にして、若々しぃ肌作りをします。

☆茶色いバナナ
免疫力の向上。塾したバナナほどポリフェノールが多く、赤ワインの6~7割ぐらいあります。コレステロール抑制効果とリラックス効果があります。

青いバナナは7日ほどで茶色いバナナに熟成がすすみます。

ですが、リンゴと一緒に袋などに入れて保存すると熟成が早く進むそうです。

こう見てみると、バナナには驚くべき効果があるのですね。

まとめ

いかがでしたか?『抗酸化の作用のある食べ物は?バナナがよいって本当?』

抗酸化作用のある食べ物『バナナ』。バナナ一つにこれだけの栄養素が含まれているのはすごいですね。

これだけの栄養素全てに抗酸化作用があるので、バナナは「抗酸化食品の王様」でありますね。

さらに、アミノ酸・糖分・食物繊維も豊富なので「完全食品」と言ってもいいかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

一日一本のバナナでアンチエイジングをしませんか。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月30日
最終更新日:2016年6月17日

カテゴリー:健康 美容

サブコンテンツ

このページの先頭へ