唇が切れる!真ん中や端の切れを治すケア方法

Pocket

「痛っ!」

友達の面白い話につられて
おかしくて笑いそうになり口を開いたら
の真ん中がぱっくり切れる

ご飯を食べようと口を大きく開けたら唇の端が切れる!

唇の真ん中や端が切れる、地味だけどけっこう痛い、
そんなトラブルをあなたも経験したことはありませんか?

唇が切れると、案外痛くて日常の色々なことに障害が出ます。

治すにしても意外と治りが遅く、食事や会話の最中にも
「また真ん中が切れるのではないか?」
「唇の端の口角が切れるのが心配。」と、
治すことよりも治らないことばかりに気を取られたりします。
治すことができるのだろうか・・・

乾燥する冬などは特に、唇が荒れたり皮むけしたり、
真ん中がぱっくりと切れる、唇端の口角が切れるなど、
皮脂腺や汗腺などがなく、角質が非常に薄い唇は、
ちょっとしたことでダメージを受けやすく、荒れる、切れるしてしまいます。

そんなデリケートな、『唇の真ん中や端の口角部分が切れるという
身近な唇トラブルの原因と治す方法
を今回はお伝えしていきます。

【スポンサードリンク】

唇の端(口角)でなく、真ん中が切れるその原因と治すための対処法

唇はからだ表面の中でも特にデリケートな器官です。

本来皮膚には皮脂腺汗腺などがあり、乾燥紫外線から皮膚をを守っています。
ですが唇にはこの皮脂腺や汗腺がなく、しかも表面の角質層が薄いため、
非常にデリケートで、ちょっとしたことでダメージを受けやすく、

荒れたり真ん中からぱっくり切れたりしてしまいます。

そしてこの唇の真ん中が切れる、唇が荒れるなどの主な原因は乾燥によるもので、
特に冬場の湿度が低い季節には、室内も暖房で乾燥していますから、
一層切れやすくなってしまいます。

また、気温が低いため血行も滞りやすく、より乾燥しやすくなってしまいます。

乾燥している状態で笑ったり口を開けたりすると
角質が引っ張られて亀裂が入り、唇の真ん中が切れることになるのです。

他にも口呼吸をしたり、唇をなめたりするのも唇が切れる原因になります。

唇を無意識に舐めてしまう人は多いと思います。
唇をなめると、その時は潤った感じがするのですが
その水分が蒸発するときに唇の潤いまでも持って行ってしまうのです。

このため余計に乾燥して唇が真ん中からぱっくり切れる大きな原因になってしまいます。

この真ん中からぱっくり切れてしまった唇を治すのはなかなか難しいので
できるだけ、普段から予防に努めましょう。

また、日々の食生活も大きく影響しています。

これはどういうことかと言うと
胃や腸などの消化器官と唇には密接な関係があり
消化器官が荒れることで唇も荒れやすく、切れる原因の一つになります。

市販のお弁当やお惣菜などをよく食べる人や
ダイエットしていて栄養不足になっていたりすると、
ビタミン類が不足して、荒れたり切れたりしやすくなります。

さらには日々の歯磨き粉が充分落とせていなかったり、
食べたものの油や成分が唇に残っていたり、
口紅やグロスの成分が合っていなかったりすると、
それが刺激となって荒れたり切れたりしてしまいます。

唇が真ん中からぱっくりと切れる症状を治す方法

切れてしまった唇を治す方法としては、
通常の場合ならリップクリームでしっかりと保湿をして、
乾燥から保護することで改善していきます。

また、リップクリームよりも保湿力が高いのがワセリンです。

寝る前などにたっぷりとワセリンを塗って潤いを閉じ込めるようにすると、
かさかさや切れてしまった傷が治りやすくなります。

保湿のために美容オイルやはちみつでリップパックするのもよいでしょう。

【リップパックの方法】

用意するものは次の3つです。

  • 蒸しタオル
  • ワセリン(美容オイル、はちみつなどでもOK)
  • 食品用のラップ

まず蒸しタオルを作ります。

作り方は簡単で、水を含ませたおしぼりを軽く絞って耐熱皿に載せ
電子レンジで40秒から1分強、チンします。
※熱くなりますのでよく注意してください。

肌にあてても熱くない程度に冷めたら
唇に1分ほどやさしくあてて唇を温めます。

そうしたらたっぷりと唇に美容オイルやワセリンやはちみつを塗って
食品用のラップを重ねて密閉
し、しばらくそのままで置いておきます。
唇にワセリンなどを塗るときにオーバーリップ気味にするのがコツです。

ラップを外した後はしっかりと保湿されていますから、
切れた部分や皮むけなどが治す唇本来の力が取り戻されています。

体の内側から治すためにはまず、栄養バランスの整った食事を取るのが大切です。

また、ビタミンB群粘膜や皮膚の治りを早くしてくれて、
健やかな皮膚を作るのに効果的ですので、積極的に取るようにしましょう。

ビタミンB群は野菜の他にも豚肉玄米などにも含まれていますから、
上手く食事に取り入れていくのが良いでしょう。

栄養バランスの取れた食事というと
よく1回ごとの食事でいろんな食品を取ることを考えがちですが
これはとても大変なことで大体が長続きしません。

もっと緩い考え方でかまいません、
1週間の食事で栄養のバランスをとる、くらいの考え方で大丈夫です。

極端な話、月曜は肉だけ、火曜は野菜だけ、水曜は・・・といった感じです。

それで人のからだはバランスよく栄養を吸収してくれます。

あまり神経質になって続けられないよりは
日々の習慣に落とし込んでずっと続けられるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

唇の真ん中ではなく端(口角)が切れる、その原因と治す方法

唇の端(口角)の部分が切れる症状が出るときは
真ん中からぱっくりと切れるときと原因が全く違うことがあります。

唇の端が切れる、裂けるする場合は口角炎の場合が多いようです。

口の端が切れるのはなぜでしょう?
ほとんどの人が乾燥のせいだと思ってほったらかしにしているようですが、
これ、実は単なる乾燥が原因ではないのです。

口角炎とは、唇の両端部分に炎症が生じ、唇の両端の部分が避けるように亀裂を生じたり、腫れ、出血後のかさぶたなどを生じる皮膚疾患です。

口角炎の口角とは唇の両端部分の事を指しますが、
口角炎を発症すると口を大きく開ける事が困難になり、
口を開くことによって裂け目が広がり強い痛みを伴うようになります。

原因として多くあげられるのが、真菌(主にカンジダと呼ばれる真菌類)です。

「ん、真菌? それはなぁに?」 って感じですよね。

ちょっと調べてみたのですが、難しくてよくはわかりませんでした。
細菌にもウィルスにも分類されないような?みたいな?

治す方法を書こうかと思ったのですが
口角炎は立派な病気の一種です。

ちゃんと病院に行くのが一番の得策のようです。

ですが、口角炎になったときに
これはした方がいい、しない方がいいということくらいだけ書いておきますね。

まず、乾燥も口角炎の原因の一つです。
ミネラルウォーターなどでこまめに水分補給をするのがいいようです。

後は口の端が切れると、つい気になって触ってしまいがちですが
触ると汚れや雑菌がついて余計に悪化したり治すの余計に時間がかかったりします。
できるだけ触らないようにしましょう。

ビタミンBが不足すると体の免疫機能が低下して
口角炎になりやすい
とも言われています。

普段からバランスの取れた食生活を心がけましょう。

最後に

『唇が切れる!真ん中や端の切れを治すケア方法』いかがでしたか?

真ん中からぱっくり切れる、唇の端が切れる
乾燥してカサカサになる、皮がむけるなど
唇のトラブルはいろいろあると思います。

それを治す方法もあれこれあると思うのですが
いったん唇のトラブルになってしまうと
治すのに時間がかかる場合が多く、思いの外ストレスになります。

【スポンサードリンク】

ですので、日ごろの生活を見直して、予防に気を配り
トラブルにならないことを考えた方がよさそうですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。
少しでもあなたのお役に立てたのならうれしいです。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月17日
最終更新日:2016年6月14日

カテゴリー:健康

サブコンテンツ

このページの先頭へ