靴下の穴の場所は毒素が出てるのが原因って本当?

Pocket

靴下…気づけば大きな穴があいてた~(汗)
なんてことありますよね。

ランチでお座敷に上がろうと思ったら靴下に穴があいてて恥ずかしかった~なんて経験はかなりの方が経験あるのではないでしょうか?

『靴下に穴があくなんて、爪が伸びていたからかしら…』

『靴下の穴はいつもこの場所なのよね』

『子供の靴下、すぐに穴があいちゃうけど原因は何なのかしら?』

すぐに考えられる靴下の穴の原因は『爪』だったり、穴の開いた場所が特に強い圧力がかかった…などですよね。

でも、ちょっと聞いたところによると、靴下の穴の原因はひょっとしたら毒素が原因かもしれないということなんです!

『え~~~っ?!原因は毒素?』

気になりますよね。毒素って一体…。今までずっと出してきたのかしら…。

靴下の穴の場所と毒素が関係していたら、ひょっとしてその場所からたくさんの毒素が出ているということなのかしら?

色々知りたいことが出てきますよね。
そこで今回は『靴下の穴の場所は毒素が出てるのが原因って本当?』といテーマで詳しく調べてみました。

靴下に穴があく原因

靴下に穴があく原因として考えられるのは次の通りです。

  • 爪が伸びている
  • かかとがガサガサ
  • 歩く速さや特定の運動による圧力
  • 靴、靴下のサイズが合っていない
  • 極端に安い靴下
  • 身体から出る毒素

1つずつ詳しくみていきましょう。

【爪が伸びている】
爪が伸びて靴下に穴があく、特に親指の先だけあくといった場合は爪が伸びていて穴があいた可能性があります。

爪が伸びている場合はまめに切るようにしましょう。

【かかとがガサガサ】
かかとが荒れてガサガサしているとどうしても、かかとの部分に穴があきやすくなってしまいます。

靴下を履く前に、クリームなどを塗って保湿しておけば、クリーム+靴下でしっかりかかとケアができます。

【歩く速さや特定の運動による圧力】
歩く速度や運動は、靴下の穴と大きく関係しています。

歩く速度が速いと、穴があきやすくなります。

また、特定の運動により、圧力がかかり、摩擦が大きくなるとその部分に穴があきやすい状況になります。

利き足だけあくと言った場合は、スポーツが関係しているようです。

【靴、靴下のサイズが合っていない】
自分の足に合っていない小さな靴や靴下を履いていると、午後になり1日の中で足の裏が大きくなる頃は、さらに摩擦が大きくなり穴があきやすくなります。

【極端に安い靴下】
どうしても、原価を安く抑えたものは、破れやすい可能性があります。

少しだけランクをあげてみてはいかがでしょうか?

【身体から出る毒素】
ちょっと驚きですよね。
上記のような原因に当てはまらない場合は身体から出る毒素が靴下をじわじわと溶かしている可能性があります。

靴下の穴の場所から毒素が出てる?!

人間の体では毎日新陳代謝がおこなわれており、身体の色々な場所から毒素を出しています。

いわゆる『デトックス』と呼ばれているものです。

足の裏から体内の毒素が出ていっているということは、身体から毒素が排出され、健康に保とうとする働きですね。

足裏と内蔵には因果関係があり、体内の毒素が排出されている場所に対応した足裏の場所から毒素が排出され、繊維を溶かしてしまうというメカニズムです。

この毒素は強い酸性なので、繊維を溶かしてしまうということが起こるのです。

まとめ

いかがでしたか?『靴下の穴の場所は毒素が出てるのが原因って本当?』

靴下の穴は爪が伸びていることだけが原因ではないのですね。

靴下の穴があく原因が、どうも、毒素だな…という場合には、『冷えの改善』が靴下の穴があくのを防止してくれるそうです。

冷えは万病の元といいますよね。一度お試しになってはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年7月1日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:健康

サブコンテンツ

このページの先頭へ