ループスがセレーナ・ゴメスを休養へ その症状と治療とは?

Pocket

ループスと聞いて、『?』はてっ?と思った方はたくさんいらっしゃると思います。

ループスは病気の名前なのですが、正式には『全身性エリテマトーデス』という名前で、SLEとも呼ばれています。

このルーブスを、セレーナ・ゴメスが患って既に約1年が経っています。

多くの方がご存知だと思いますが、セレーナ・ゴメスといえば、世界の歌姫、そして女優として活躍している方ですね。

そんなセレーナ・ゴメスが休養となるルーブスの症状や治療はどういったものなのでしょう?

世の中にはたくさんの『難病』といわれる病気が存在しますが、ループスもその1つなのでしょうか?

とても素敵なセレーナ・ゴメスはどんな症状が出て、どんな治療をしているのでしょう?

ループスというと、どうも『ループス腎炎』と『ループス腸炎』とあるようですが、その症状と治療はそれぞれどんな違いがあるのでしょう?

この機会にセレーナ・ゴメスが患っているループスの症状や治療を知って、ループスへの理解も広まったらいいですね。

セレーナ・ゴメスは今年5月に『リバイバル』ツアーからの収益をループスの研究に寄付すると発表していました。

まだまだ知られていないこのループスの症状と治療について、調べてみました。

【スポンサードリンク】

セレーナ・ゴメスも患っているループスの症状とは?

ループスはどういった疾患かというと、自分に抗体ができてしまう自己免疫疾患の1つです。

きっと読まれた方はまた『?』が頭にたくさん浮かんだかと思います。

自分の体の成分と反応してしまう抗体ができてしまうことにより、全身の色々な臓器を攻撃し、様々な症状を引き起こしてしまうというやっかいな病気なのです。

このループスは特に20~30代の女性に多いということで、女性ホルモンなどが関係しているのではないかと言われています。

そしてこのループスは命を落とす危険性のある病なのです。

また、『ループス腎炎』や『ループス腸炎』というのは、症状の1つということです。

ループス腎炎は、ループスの患者さんの約半数に現れる症状だということです。

ループスの治療は?

まだまだこの病気にはわからないところがたくさんあるようですが、治療にはステロイドの副腎皮質ホルモン薬が使われています。

また、免疫抑制剤も使われることがあります。

ループスの患者さんの症状によって、さらに他の治療法も併せて行われています。

【スポンサードリンク】

まとめ

セレーナ・ゴメスの患っているループス。

まだまだ研究段階で明らかになっていないことが多いこの病ですが、セレーナ・ゴメスがこの病気であることを発表したことにより、ループス患者さんへの理解がすすむといいですね。

《次の記事も読んでみませんか?》

【スポンサードリンク】

血液型で健康法が違うって本当?なぜ食事まで変わるの?
膝の黒ずみの原因は?ケアは重曹がいいの?
あせもの薬はステロイドだけじゃない!原因と治療法で正しい薬の選び方 ?大人と子供の湿疹の違い?

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月2日
最終更新日:2016年10月8日

カテゴリー:健康 芸能 話題

サブコンテンツ

このページの先頭へ