レモン水を作り置き ダイエットに効果があるって本当?

Pocket

海外セレブや有名モデル達が飲んでいると話題の『レモン水

あなたはレモン水を飲んだり、作ったりしたことはありますか?

オシャレなガラスのジャーポットに入れておけば、見てるだけでも可愛いし、とても健康に効果がありそうですよね。

そんなレモン水を作り置きしておけば、毎日飲めて便利ですよね。

また、レモン水はダイエットにも効果があると聞きますが、実際のところダイエットにも効果があるのでしょうか?

レモン水がダイエットにも効果があるならぜひ作り置きして飲みたいですよね。

さらにダイエット以外にも効果があったら最高ですよね。

でも、作り置きってどれくらい保存が効くのでしょう?

また、作り置きするときのポイントは何かあるのでしょうか?

そこで今回は『レモン水を作り置き ダイエットに効果があるって本当?』というテーマで詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

レモン水の効果 ダイエットにも効果があるの?

レモン水でダイエットに成功したと海外セレブやモデル達の間で話題となっています。

見た目も可愛いので、インスタグラムなどにも写真がアップされているのをよく見かけます。

レモンといえば『ビタミンC』と誰もが答える栄養素。

レモンには次のような効果があります。

  • ダイエット
  • 美肌効果
  • 高血圧、むくみ改善
  • 疲労回復
  • 風邪予防
  • リラックス効果

1つずつ詳しくみていきましょう。

【ダイエット】
レモンに含まれるクエン酸には、脂肪糖質の代謝をアップさせる効果があります。

また、レモンに含まれるポリフェノールは脂肪の吸収を抑え、身体の外に排出してくれる働きもあります。

【美肌効果】
レモンの代名詞とも言えるビタミンCの働きにより、シミそばかす肌のたるみといった老化防止に効果があります。

また、コラーゲンの生成を助けるという働きもありますので、ハリや弾力も与えてくれ、美肌効果抜群です。

【高血圧・むくみ改善】
レモンに含まれるカリウムが体内の余分な塩分を排出してくれるので、高血圧や、むくみの改善につながります。

【疲労回復】
クエン酸は体内でエネルギーとなる成分の1つで、疲労回復効果があります。

スポーツなど肉体疲労にはレモンは最高ですね、

【風邪予防】
レモンに含まれるビタミンCは免疫力を高める効果があります。

その他には脳卒中脳卒中や心臓発作といったものを予防する効果が期待されます。

【リラックス効果】
レモンと言えばあの爽やかな香りが特徴ですよね。
あの香りの成分『リモネン』にはリラックス効果があり、気分をスッキリさせてくれるので、ストレスが緩和します。

【スポンサードリンク】

レモン水の作り方 作り置きはどれくらいできるの?

レモン水にはたくさんの素晴らしい効果があるということがお分かり頂けたと思います。

レモン水はとても簡単に作れるのでぜひ、作ってみてください。

材料は…

  • レモン(1個)
  • 水(2ℓ)
  • 保存容器

材料をそろえたら作っていきます。

  • レモンンを2~3mmくらいにスライス
  • レモン水を保存する容器に水を入れ、レモンを入れる
  • 蓋をしたら冷蔵庫で冷やす

スライスしたレモンは水1ℓに対し2~3枚ほどが目安です。

とても簡単ですよね。この作り方だと、2日ほどもつと思いますが、1週間ほどもたせようとするなら、1度沸騰させた湯冷ましを使うとよいでしょう。

注意点としては、スライスレモンを長時間浸しますと、渋みが出てきてしまうので、24時間以内には取り出した方がよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?『レモン水を作り置き ダイエットに効果があるって本当?』
レモン水の作り置きはお水なら2日ほど、湯冷ましなら1週間ほどもち、ダイエットにも効果抜群だということがわかりましたね。

簡単に作れるレモン水、あなたもぜひ作ってみてはいかがでしょうか?
この記事があなたの健康と美容にお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年7月1日
最終更新日:2016年8月6日

カテゴリー:ダイエット 健康 美容 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ