ミントの効果効能と育て方 副作用はあるの?

Pocket

みなさんは、ハーブの一種であるミントについてご存じですか?
おそらく口の中がスースーすることを知っている人はいますが、ミントの効果効能育て方副作用についてあまり知らない人が多くいると思いますが、育て方はとても簡単です。

ミントの葉に含まれている成分には様々な効果や効能があり、昔から薬として使われていました。
また、ミントは育て方が簡単で初心者にはとても優しいぐらい育て方はそこまで難しくありません。

しかし、そんなミントには副作用があり、良い効果や効能がありますが使い方を間違えたり、多く摂取してしまうと下痢や腹痛を引き起こしてしまうなどの副作用があります。

今回はそのガムやいろんな料理に使われているミントについて『ミントの効果効能と育て方 副作用はあるの?』と題し、詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

ミントの効果や効能、副作用

ミントには多くの種類がありますが、日本でよく使われている代表的なミント2種類について解説していきます。

その2種類とは…

  • ペパーミント
  • スペアミント

1種類ずつ詳しくみていきましょう。

【効果・効能】
・ペパーミント
別名セイヨウハッカと呼ばれ、清涼感がある強い香りが特徴です。

このミントの特徴はメントールという成分で、血管の拡張、消化不良や喉の炎症を改善、気分を落ち着かせる特徴があります。

このミントには虫除け効果があり、ミントの精油を水とエタノールに混ぜた、虫よけスプレーして使うことができます。

また、ミントポリフェノールという抗アレルギー作用物質があり、鼻の粘膜の腫れを抑えることができ、花粉症の予防・改善の効果があります。

・スペアミント
スペアミントは多くの品種の元であり、メントールの含有量が少なくとても爽やかな香りがします。

このミントから発する香りには胃腸の働きを整える、口臭乗り物酔いの予防、殺菌の効果があります。

古くから薬として使われており、現代は薬以外にお菓子の上に添えたり、ガムや歯磨き粉の香りづけに利用されています。

【ミント全般の効果】
長期記憶、注意力、集中力が上がる。
また、ミントには長期記憶注意力集中力が上がる効果があり、理由のない不安感や、焦り、イライラに襲われるときに1番効果が高いペパーミントを摂取すると注意力や集中力が上がるなど良い効能があります。

【ミントの副作用】
ミントは摂取しすぎると粘膜を乾かし、胃痛などを起こしてしまいます。
精油は肌への刺激が強いため、体が過敏に反応してしまう可能性があります。

ですのでまだ未熟な子供は中毒症状が発生してしまう恐れがありますので十分注意してください。

【スポンサードリンク】

ミントの育て方

初心者にはミントはとても育てやすいといわれています。
理由はミントの茎は地下茎で増えることから非常に繁殖力と交配力が強く丈夫だからです。

簡単にミントの育て方をまとめると…

  • 冬に収穫したい場合は10℃以上
  • 最適な環境は乾燥に弱いので日当たりが良く風通しが良い環境で育てる
  • 苗を選ぶときは株元から何本も芽が出ている株
  • ミントは乾燥に弱いので鉢底から水が流れ出るまで水を与える
  • また、植え付け期間は4月〜5月末、収穫期間は5月〜10月末、開花期間は6月〜9月末

以上が初心者でもできる簡単なミントの育て方です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?『ミントの効果効能と育て方 副作用はあるの?』

【スポンサードリンク】

ミントは意外にも育てる方法が初心者に優しいです。また、薬として古くから使われているので自分で育て方を理解してミントを育てて薬としてつかってみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月19日
最終更新日:2016年6月17日

カテゴリー:健康 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ