納豆のカロリーってどれだけ?栄養はどんな美容効果があるの?

Pocket

『納豆』といえばまず思い浮かぶのがあのネバネバと独特の臭いですよね。

最近では色々な種類の納豆も登場し、臭わない納豆なども売られているのを見かけます。

美容や健康にいい栄養がたっぷり入っているのは知っているけど、どうしても納豆は食べれない…という方もいらっしゃるでしょう。

でもやっぱりスゴい納豆の栄養&美容効果♪

納豆の栄養や美容効果もいいけど、納豆1パックのカロリーってどれくらいあるのかな?

ダイエットにも納豆はいいって聞くけど、高カロリーならそんなに効果がないんじゃない?

納豆の臭いやネバネバが苦手で極力食べない方にとって納豆の栄養や美容効果、カロリーなど関係のない世界ですよね。

でも、納豆に含まれる栄養の素晴らしい美容効果を知れば、まずは臭いのない納豆から…と試したくなるかもしれませんよ。

カロリーだけに注目するわけではありませんが、『カロリーを含め、納豆の栄養、美容効果』について調べてみました。

【スポンサードリンク】

納豆の栄養

納豆はあなたもご存じのとおり『大豆』からできています。

大豆は豆類の中でもタンパク質の含有量が最も多く、『豆の王様』や『畑のお肉』とも言われるほどの優れた食品です。

タンパク質以外には、カルシウムや、カリウム、鉄といったミネラルやビタミン、食物繊維や脂質も含まれています。

また、リノール酸サポニンといったコレステロールを下げる成分や、

脳の情報を体内のあちこちへ伝達する神経伝達物質を構成する材料のレシチンといった成分も含まれ、脳の健康にも関わっています。

こんな優れた大豆を納豆菌で発酵させたものが『納豆』なのです。

納豆のカロリーは?

ダイエットにもいいという話を耳にしたことはありませんか?

ということは納豆は低カロリー?と思われがちですが、納豆1パック(約50g)あたりでは、100kcalあります。

えっ?!と思われた方もいらっしゃると思います。

でも、注目すべきはカロリーなのでしょうか?

大豆には脂質が多く含まれるのでどうしてもカロリーは高くなりますが、納豆を食べるのって、1日1パックくらいではありませんか?

納豆の美容効果

納豆に含まれる美容効果は特に美肌によいとされています。

では、どんな美肌によい成分が含まれているのか、見ていきましょう。

  • 大豆イソフラボン
  • ビタミンB群
  • 粘液多糖類
  • ポリグルタミン酸
  • ナットウキナーゼ
  • アルギニン

1つずつ詳しくみていきましょう。

・大豆イソフラボン
大豆イソフラボンは女性ホルモンの『エストロゲン』に似た働きをして、女性らしい美しさを手助けしてくれます。

美肌効果はもちろん、更年期症状を和らげる働きもあります。

・ビタミンB群
過剰な皮脂の分泌を抑えてくれるので、ニキビや肌のベタつきを予防してくれます。

・粘液多糖類
納豆のネバネバ成分です。ビフィズス菌を増やして、腸内環境を整えてくれるので、肌荒れを改善します。

・ポリグルタミン酸
こちらもネバネバ成分の1つで、強力な保水力があります。

・ナットウキナーゼ
こちらの成分は血行をよくしてくれるので、身体の隅々まで栄養がいきわたり、美肌へと導いてくれます。

・アルギニン
成長ホルモンの分泌を助けてくれます。

成長ホルモンは水分を集める役割をもっているので、お肌のハリに必要ですね。

【スポンサードリンク】

納豆のダイエット効果

納豆を食べることによって、

  • ・基礎代謝のアップ
  • ・脂肪の吸収を抑える
  • ・食欲を抑える

 

といった効果が挙げられます。

だからと言って『納豆だけ食べていればいい』というわけではありません。

納豆は素晴らしい食品ですが、なんでも『過ぎたるは猶及ばざるが如し』

何でもバランスが大切です。

最後に

いかがでしたか?『納豆のカロリーってどれだけ?栄養はどんな美容効果があるの?』
納豆は美容はもちろん、体全体の健康にも素晴らしい食品だということが伝わったでしょうか?

日本特有の食べ物『納豆』
この記事があなたの健康のサポートになれば幸いです。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年6月1日
最終更新日:2016年8月6日

カテゴリー:健康 美容 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ