生前退位の意向をお持ちの天皇陛下。年号はいつ変わるの?◇

Pocket

天皇陛下天皇陛下が、生前に天皇の位を皇太子さまに譲る『生前退位』の意向を示していることが宮内庁関係者への取材でわかったそうですね。

今までは、『皇室典範』第四条、『天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。』とあるように、天皇の生前退位については記載がありません。

そういったことから、天皇陛下のお考え、「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」という生前退位実現ということが、すぐに行われることができない理由だそうです。

この『皇室典範』の改正がなされなければ、実現されないということで、果たして何年かかるか…と言ったことははっきりしていません。

【スポンサードリンク】

昨年末の記者会見で天皇陛下は、「年齢というものを感じることも多くなり、行事の時に間違えることもありました」

「一つ一つの行事に注意深く臨むことによって、少しでもそのようなことのないようにしていくつもりです」と話されていました。

そして2012年の記者会見では、「公的行事の場合、公平の原則を踏まえてしなければならないので、十分に考えてしなくてはいけません。今のところしばらくはこのままでいきたいと考えています」と述べていらっしゃいました。

天皇陛下はいつでもどんなご公務でも全力でなさっているからこそ、公務負担軽減といったことは避けたいご様子ですね。だからこそ『生前退位』を望んでいらっしゃる。

それでは、年号はどうなってしまうのでしょう?

ほとんどの方がご存知かと思いますが、今までは天皇が崩御したときです。

そのタイミングで年号が変わっています。

【スポンサードリンク】

もし、『生前退位』が天皇陛下のご意向通り実現されるなら、もちろん皇太子さまに天皇の位を譲ったときとなります。

昭和天皇が崩御されたときも、『次の年号はこれだ!』的に様々な年号の噂が立ちましたが、今回も同様。

ツイッターで既に新たな年号はこれだ!というものが流れています。

国民のみんなから愛されている天皇陛下。(←けっして右翼だの左翼だのといったことは関係ありません。)

【スポンサードリンク】

私としては天皇陛下の希望が叶うことを願います。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年7月14日
最終更新日:2016年8月6日

カテゴリー:Uncategorized 話題

サブコンテンツ

このページの先頭へ