熱中症の症状?頭痛 吐き気 寒気がだすサイン〜原因と応急処置の仕方〜

Pocket

夏になると熱中症という言葉をよく耳にしますね。
気温の高い日の野外に長時間いると、暑さでボーッとしてくることがよくあります。

頭痛吐き気などの症状は、熱中症の症状といわれているのをよく聞くと思いますが、この頭痛と吐き気の症状を甘くみてはいけません。

熱中症の頭痛も吐き気も身体が異常な状態になってる証なので、早めに頭痛と吐き気に関しては対応しなければ命に関わることもあるのです。

そして、寒気がでたときは最も危険です。
暑いのに寒気がする⁉
この時点で、おかしいですよね。寒気をあなどっている人も少なくありません。

この症状で脳に何らかの障害が発生していることが考えられますので、寒気がでたときはすぐに救急車を呼ぶことをオススメします。

そして、熱中症の症状は、主に夏場の気温が高く長時間屋外にいる人に起こるものだと思っていらっしゃる方が多いと思いますが、実は梅雨明け後から発症することが多いのです。

理由は、暑さにまだ身体が慣れていなく、上手に汗をかくことができないためにおこるといわれています。

今回はこの熱中症について『熱中症の症状?頭痛 吐き気 寒気がだすサイン〜原因と応急処置の仕方〜』と題し詳しくお話していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

熱中症の症状のレベル

熱中症は、軽い症状から命に関わる重症なものまであり、次の4つの症状があります。

  • 熱失神
  • 熱痙攣
  • 熱疲労
  • 熱射病

この4つの症状を総称したものを『熱中症』と呼んでいます。

そして、軽症(1度)、中症(2度)、重症(3度)に分けられ、それぞれの症状により原因応急処置の仕方が変わります。

○軽症【(1度) 熱失神 熱痙攣】
次のような症状を言います。

  • めまい
  • 失神
  • 筋肉痛
  • こむら返り

○中症【(2度) 熱疲労】
次のような症状がある場合は中症です。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 気分の不快
  • 嘔吐
  • 倦怠感
  • 虚脱感
  • 大量の発汗

○重症【(3度)
次のような症状が現れた場合は重症です。

  • 意識障害
  • 痙攣
  • 手足の運動障害
  • 体に触ると熱いという感触
  • 寒気

熱中症は症状が軽症なものでも、処置が遅れるとあっという間に重症の症状になってしまう恐ろしい病気です。

もちろん予防が大事ですが、頭痛吐き気寒気などの症状がでた場合の原因と応急処置をまとめましたので、参考にして下さい。

【スポンサードリンク】

熱中症の症状 頭痛 吐き気 寒気の原因と応急処置

○軽症(1度)の症状がでる原因は、主に大量の発汗により水分と塩分が減少し、水分のみの補給で体内の塩分量が不足したことで起こるものです。

生理食塩水(0.9%の食塩水)を補給し、回復しない場合は救急車を呼ぶこと。

○中症(2度)の症状がでる原因は、軽症と似ていますが、軽症よりも水分 塩分が激しく減少しているので重症度が違います。

かなりの量の発汗があるため、血流が減少し血圧低下もみられる。
そのため頭痛や吐き気の症状がでる。

涼しい場所へ移動し、こまめに水分(0.1〜0.2%の食塩水) イオン飲料などを補給する。
回復しない場合は、すぐに救急車を呼ぶ
こと。

○重症(3度)の症状がでる原因は、高温多湿な環境下に長時間いることにより、体温調節機能が失われることによるもの。

意識障害がでているため、呼びかけに対し反応がにぶかったり、脳に障害がでている可能性がある場合は、寒気を起こすことがある。

すぐに救急車を呼ぶこと。
なお、救急車が到着するまでの間、水をかけたり、首筋 、脇の下 、太ももの付け根などの太い血管を冷やす。

まとめ

いかがでしたか?『熱中症の症状?頭痛 吐き気 寒気がだすサイン〜原因と応急処置の仕方〜』
熱中症は屋外だけでなく室内でも起こりえるものです。

高温多湿の場所に身を置くときは、こまめに水分補給することは大事ですね。
水分をガブ飲みしても、胃に溜まるだけなので、こまめに飲むのがいいです。

そして、症状が軽くてもすぐに重症化するのも熱中症の特徴ですので、少しでも異変を感じた時は、無理をせずに休息することをオススメします。

【スポンサードリンク】

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月20日
最終更新日:2016年8月9日

カテゴリー:健康 日焼け

サブコンテンツ

このページの先頭へ