つわり中の胸焼け、吐き気の症状や原因の対処法

Pocket

『妊娠、おめでとうございます』と言われてほどなくやってくるのが『つわり』

このつわり、よくテレビのドラマなどで、女優さんが口に手を当て、具合が悪そうにトイレに駆け込む…なんてシーン、見たことがあるのではないでしょうか?

つわりにより胸焼け吐き気といった症状は経験した方にしかわからない辛さでしょう。

妊娠したことによってきちんと栄養をとらなきゃ!と思っても、つわりの胸焼けや吐き気といった症状で全然食事を摂ることができなかったという方、現在つわりの胸焼けや吐き気の症状で辛い方、いらっしゃいますよね。

この妊婦さんをブルーにするつわりの胸焼けや吐き気といった症状の原因とは何なのでしょう?

もちろん、根本の原因は妊娠ですが、これって人によってつわりの胸焼けや吐き気といった症状が現れない人もいますよね。

つわりの胸焼けや吐き気といった症状は妊娠したことが原因、そしてその症状を起こしている原因は他に何があるのでしょう?

原因がそれぞれ違っていたら、対処法ももちろん変わってきますよね。

できることならできるだけつわりの症状を抑える対処法をしていきたいと思われるのではないでしょうか?

赤ちゃんが欲しい…と思われている方もつわりの胸焼けや吐き気といった症状の対処法を知っておけば、柔軟に対応することができると思います。

また、対処法を知っておくだけでも安心ですよね。

そこで今回は『つわり中の胸焼け、吐き気の症状や原因の対処法』と題して、詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

つわり中の胸焼け、吐き気といった症状の原因は?

妊娠したことを、なんだかムカムカする胸焼けや吐き気といった症状が現れて知った…という方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか?

妊娠と知って『あーっ、この前気持ち悪かったのはつわりだったのかぁ…』と振り返ってわかる方もいらっしゃいますよね。

つわりの症状としては、人それぞれですが、例としてあげるなら次のような違いが見られたりします。

  • 妊娠初期だけ吐き気がした
  • 妊娠初期から妊娠期間中ずっと吐き気や胸焼けがあった
  • 夕方だけ吐き気があった
  • 1日中ずっと吐き気と胸焼けがあった
  • ずっと胸焼けがしていた
  • 何を食べても食後に吐き気がして吐いていた

人によって全くないという方や、1人目はなかったけど3人目はつわりの症状があった…と本当にその症状は人それぞれです。

つわり中の胸焼けや吐き気といった症状の原因は、ホルモンバランスの変化や体内がアルカリ性から酸性に傾くといったことが言われていますが、ピンポイントで『これ』といった原因というのは解明されていないのが現状です。

つわり中の胸焼けや吐き気といった症状の対処法

つわり中の胸焼けや吐き気といった症状の原因ははっきりしなくても、この症状が起こる引き金となる『何らかの刺激』がある場合があります。

【スポンサードリンク】

原因としてあげられるのが次の2つです。

  • におい
  • 胃が圧迫される
  • 食べたものが消化されていない

1つずつみていきましょう。

【におい】
においといっても、普段妊娠していない状態で感じる臭い臭いによって吐き気が起きる…というわけではありません。

私の回りではよく、ご飯の炊ける臭いがダメだった…という方が何人かいらっしゃいました。

それ以外にも、鍋料理の湯気がダメだったり、コンビニのおでんの臭いがダメだったという方もいらっしゃいます。

その他にも、妊娠前までは全然問題なく使用していた化粧品の臭いがダメで、使えなかったというかたもいらっしゃいます。

【胃が圧迫される】
赤ちゃんが成長するにつれ大きくなる子宮。

子宮が大きくなることによって胃が持ち上げられるということがおきます。

この胃が持ち上げられ、圧迫されることによって食べれる量も制限され、さらににおいという刺激によって吐いてしまうといったことが起きます。

においが原因の場合はやはり、避けることによって軽減されますが、胃が圧迫されるということは避けられません。

そこで、対処法としては水分をしっかり補給するということが重要なポイントとなってきます。

どんなに健康であっても、脱水症状がおきれば命の危険があります。

吐き気で食事を摂ることができなくても、水分だけはしっかりとるようにしましょう。

そして、妊婦さんなんだから、栄養をしっかりとらなきゃ!と思いがちですが、つわりの症状があるときには、無理に食べることはありません。

『食べられるものを食べられる時に食べればいい』と少しゆったりした気持ちで食事と向き合えばよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?『つわり中の胸焼け、吐き気の症状や原因の対処法』参考になりましたでしょうか?

赤ちゃんのために栄養をとらなきゃ!そう思う気持ちはとてもよくわかります。

でも、つわりの症状がひどいときには、『こうしなくちゃいけない!』と思うのではなく、ゆったりした気持ちで過ごすことがつわりの症状を和らげる1つの要因となると思います。

この記事があなたのマタニティライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年8月24日
最終更新日:2016年8月30日

カテゴリー:Uncategorized 妊娠 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ