斎藤佑樹選手の2016年成績は?◇

Pocket

2006年の夏の甲子園では、ハンカチ王子こと斎藤佑樹選手とマーくんこと田中将大選手と大きく人気を2分したお二人。

今や人気だけでなく、選手としても大きく差が拡がっているお二人ですが、斎藤佑樹選手は2016年7月14日、登録抹消となってしまいました。

2016年7月13日に先発したオリックス戦では、5回を投げ、三振を4つ、無失点に抑えている中での抹消でした。

その2016年7月13日のオリックス戦に登板した際に、『ありがとう文春!(ベッキーの問題となったあのLINEでの発言ですね)』などのヤジが飛んだとか。

【スポンサードリンク】

なぜ、そんなヤジが飛んだのでしょう?

それには、あの頃の爽やか『ハンカチ王子』のイメージがなくなってしまうそんな側面が明らかになったからです。

なんと、日ハムの会社社長からポルシェを提供されていたということを週刊文春が報じたからです。

また、それだけでなく、『ベースボール・マガジン社』の池田哲雄社長に車をおねだりしたとか…。

それだけでなく、マンションも提供したこともあったといいます。

鳴り物入りでプロ野球入りした斎藤佑樹選手ですが、2016年の成績も全く振るわず…。

あー、あの甲子園のマウンドで見せたハンカチ王子の姿はどこへ行ってしまったのでしょう?

私のように残念な思いをしていらっしゃる方はきっと他にもいらっしゃると思います。

【スポンサードリンク】

2016年の成績が全て出そろう頃には、斎藤佑樹選手、完全復活しているのでしょうか?

今のままではスポーツ選手の転落劇ではなく、堕落っぷりが注目されてしまいます。

同じ時期に甲子園を沸かせた田中将大選手が活躍する中、常に比べられてきたように斎藤佑樹選手は感じているのかもしれませんが、

既に比べられる存在ではなくなっているのではないでしょうか?

日ハム選手といえば、中田翔内選手、大谷翔平選手といった名前がすぐにあがってきてしまうのではないでしょうか?

【スポンサードリンク】

どんなに成績が振るわなくても(もちろん成績を残せればいうことなしですが…)爽やかなイメージだけは保って欲しかったと思う今日この頃です。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年7月14日
最終更新日:2016年8月6日

カテゴリー:Uncategorized 芸能 話題 運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ