オイルでやるマッサージ効果とは? またその効能は?

Pocket

オイルマッサージの効果、効能について

オイルマッサージは世界中で愛されていいます。
しかしその内容や効果、効能を詳しくご存じなかたはそう多くはいないと思います。

ではそもそもオイルマッサージはいつごろからやるようになって、その効果と効能はどのようなものなのか?
オイルマッサージは本当に効果があるか?効能があるのか?

また、オイルマッサージを今から受けたいと思ってる方
オイルマッサージを受けて効果、効能に対して疑問をなげかける方
オイルマッサージの効果、効能に関する知識をより深めたい方に対して

ここでは『オイルでやるマッサージ効果とは?またその効能は?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

オイルマッサージの起源

このオイルマッサージは紀元前1800年にはいり注目をされた方法です。
1900年ごろからよく耳にする「アロマテラピ―」はオイルに揮発性の芳香剤を混ぜてマッサージを行うことにあります。

オイルマッサージの効果と効能は人気を博して今現在でも世界中で人気のある施術法なのです。

【スポンサードリンク】

それぞれ効果、効能が違うオイルマッサージの種類は?

このオイルマッサージはオイルをつかってマッサージをして皮膚や筋肉を柔らかくして指圧する刺激、オイルの成分が皮膚に伝わることによっての効果、効能があるということで特に女性には人気が有ります

そのほかの効果、効能は優しくなでるようにオイルマッサージを行うので神経の緊張を緩めることや全身の筋肉のこりをほぐす効果、オイルも方向なのによるリラクゼーション効果、緊張をほぐして血液やリンパ液の循環をよくする効果、効能などがある。

代表的なオイルマッサージのご紹介

【バリ式】

インドネシアなどのバリ島などのリゾートにおいて旅番組などで紹介されてる代表的なマッサージ法です。

ご存知の方が多いと思いますが、日本でもこのバリ式オイルマッサージのお店がたくさんありバリ島でも古くから伝わる方法です。
この効果、効能が世界中に伝わり世界的にも有名なマッサージ法です。

バリ式オイルマッサージの特徴時間をかけて大きく、ゆっくりとリンパ節にそってマッサージを行うことです。
全身、頭の先から足の先までゆっくりと撫でるように施術する。

このマッサージ法によって副交感神経への刺激によってリラックスさせる効果、効能があるとされてます。

またそのほかの効果、効能としてゆっくりとしたオイルマッサージをすることによって血液の流れをよくする、体全体の老廃物を外に出すということが挙げられます。

さらに人間が持ってる自然治癒力を高める効果、効能もあり代謝の活発化により痩身的効能や美容効果などがあると言われております。

【タイ式】

日本でもこのタイ式オイルマッサージのお店が増えてきてます。
タイ式は古く、2500年前から伝えられ大衆に受け入れられているマッサージ法です。

タイ式は東洋医学をもとにされており国民の多くは体調がすぐれないとき病院ではなく、マッサージを受けに行くとされているところです。

特徴としては体に流れてるエネルギーラインを刺激することにあります。

タイ式マッサージは足のさきから頭のてっぺんまでの体のあらゆるところを施術の対象とします。

マッサージはお互いの呼吸を合わせるようにストレッチを行いオイルマッサージの効果により、非常にリラックスした気分を味わうことができます。

まとめ

まとめとしてはオイルマッサージの効果は血液、リンパ、筋肉などに効果的に作用しその効能もかなりあると考えられます。

同じオイルマッサージでもバリ式はリラクゼーション系でバリ式は医学系ということになるでしょう。

マッサージ法によってその効果、効能の違いがあるのでオイルマッサージを受けになりたいと思われる方は参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年10月20日
最終更新日:2016年10月25日

カテゴリー:クレンジング 健康 美容

サブコンテンツ

このページの先頭へ