ペットボトルの水の開封後と開封前の賞味期限は常温だとどれくらい違う?

Pocket

ペットボトルの水、買ってますか?今やコンビニでも自動販売機でも当たり前に水が売っている時代、毎日買って飲んでいるという人も多いと思います。そうして毎日のように買っていると、バッグの中や車の中に、前日飲みきれなかった開封後のペットボトルをうっかり忘れていたなんてことありませんか?

常温に置きっぱなしで1日経過してしまった開封後のペットボトルの水は、まだ飲めるのでしょうか?開封前でも開封後でも常温保存出来る?開封前のペットボトルの水は、常温ではどのくらいもつのでしょうか。

ペットボトルの水には賞味期限ってあるの?開封前と開封後では賞味期限に違いは出るのでしょうか。賞味期限が分かれば安心ですよね。

今回は、ペットボトルの水の賞味期限は常温で保存した場合、開封後と開封前ではどれくらい違いが出るのかを『ペットボトルの水の開封後と開封前の賞味期限は常温だとどれくらい違う?』と題して、調べてみました。

【スポンサードリンク】

ペットボトルの水は、腐る?

結論から言うと、ペットボトルの水は、基本的には未開封であれば腐ることはありません。

水は・・・

・なんらかのきっかけで菌が繁殖した
・水中の不純物が酸化してしまった

上記の状態にならなければ腐ることはありません。

開封後、中身の水が空気に触れて酸化したり、ペットボトルに直接口をつけて飲んだりストローを使って飲むことにより、口の中の雑菌がペットボトルの中に入り込むことによって、菌が繁殖します
つまり、開封前であればペットボトルの水は時間が経っても腐ることはありませんが、開封後は時間が経つと腐ってしまうというわけです。

【スポンサードリンク】

開封前と開封後、賞味期限はどれくらい違う?

ペットボトルの水には、商品によって違いますがおよそ1年~5年の賞味期限が書いてあります。

500ml前後の小さいペットボトルは1年2Lの大きいペットボトルは2年というのが相場のようです。近年は、災害備蓄用に3年~5年の長期保存が可能な商品もあります。いずれも常温での保存の場合です。

ペットボトルの水のラベルに記載されている「保存方法」を読むと、「高温・直射日光をさけてください」と書いてあります。つまり、ペットボトルの水は、高温・直射日光をさければ常温でも1年~5年は保存が可能だということです。

しかし、ペットボトルを開封してしまうと中身が空気に触れて酸化してしまうため、中身の劣化が一気にすすみます

あるメーカーによると、「開栓後なるべく早くお飲みください」と書いてある場合の「なるべく早く」の目安は3日~5日以内、「開栓後はすぐにお飲みください」と書いてある場合の「すぐに」の目安は1日以内だそうです。

ペットボトルの水の多くは、「開栓後はすぐにお飲みください」と記載されています。つまり、開封後のペットボトルの水の賞味期限は1日ということになります。

ペットボトルに直接口をつけずに、コップに移して飲んだ場合でも、開封した時点で中身の酸化が始まりますし空気中の雑菌が入り込むことがありますから、口をつけたつけないにかかわらず、開封後は1日以内に飲みきったほうがよさそうですね。

まとめ

いかがでしたか?
開封前のペットボトルの水は、常温では1年~5年ももちますが、開封後は1日しかもたないことが分かりました。車の中やバッグの中に忘れてしまった前日に開封したペットボトルの水は、飲まないほうがよさそうです。
しかし実際には、1日放置したくらいならもったいないから飲むという人もいるでしょう。

ですが、ペットボトルの水は100円前後で買えます。放置した開封後の水をもったいないからと飲んで、もしお腹が痛くなった場合に市販の薬を買ったり病院に行けば、数百円~数千円かかってしまいますよ。

【スポンサードリンク】

どちらが損か得か、よく考えて、それでも飲むという人は、自己責任でお願いします。
保存方法に気をつけて、美味しいお水を飲みましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月23日
最終更新日:2016年10月2日

カテゴリー:Uncategorized 健康 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ