老化の予防には食生活から!糖化で体が焦げていく?!

Pocket

糖化』って聞いたことがありますか?
『酸化』という言葉はよく聞きますよね。

酸化は活性酸素が増え、体がサビてしまう現象のことです。
それに対し、糖化は『焦げる』と表現されている老化の原因の1つです。

『えっ?!焦げる?!想像するだけで怖~いっ!!』
そうですよね、老化予防は女性だけでなく、男性にも気になるテーマ。

糖化を予防するということは、老化の予防にも繋がります。
糖化は、『あなたの体はあなたが食べたものでできている』ので、食生活が大きく関与。

食生活をちょっと変えることで老化予防、糖化予防ができます。
老化を予防していつまでも若々しくいたいというのは多くの人の願いですよね。

じゃあ、食生活を変えるってどう変えればいいの?
食生活を変えて老化予防できるならしたいけど簡単なの?

そこで、今回は『老老化の予防には食生活から!糖化で体が焦げていく?!』と題して詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

老化予防…糖化のメカニズム

もう少し詳しく糖化についてみていきましょう。

糖化とは、食事などから体内に取り込まれた糖質のうち、エネルギー減として代謝されなかった余分な糖質が、体内のタンパク質などと結びつき、糖化タンパク質となり、体の中に蓄積される現象のことです。

とても分かりやすい例が、ホットケーキ。
実は、ホットケーキがこんがりと焼き色がついていくのが糖化の1つ。

ホットケーキの『砂糖』た牛乳や卵といった『タンパク質』と結びついてできていますよね。

この糖化現象が人の体の中で起きると、肌は弾力を失い、シミやくすみとなっていきます。

体全体の老化が進んでいく…ということは簡単に想像できると思います。
肌や髪といった見た目だけでなく、糖化が血管などに影響を与え始めると様々な症状があらわれます。

血管の細胞が糖化によってもろくなると、動脈硬化のリスクが高くなります。

動脈硬化がさらに進行すると心筋梗塞脳梗塞といったことにつながっていきますよね。

糖化は、老化が進むというだけでなく、健康にも大きく関わってくる現象ですね。

老化予防…食生活から糖化を防ぐには?

糖化によってできた老化物質は、一度作られてしまうと、分解されづらく、体内に蓄積されていきます。

こうなる前に、食生活を変えることで糖化を予防していきましょう。

糖化を抑制するために重要なポイントは血糖値を急激に上げてしまう食品を避けるということです。

GI値』という言葉を聞いたことはありませんか?

簡単に言えば、GI値の数値が低い食品がより血糖値が上がりにくく、GI値が高い食品ほど血糖値が上がりやすいということです。

GI値が低い食品を選ぶこと以外では、食事をどれから食べるか?ということが大切なポイントとなってきます。

主食(ご飯やパン)を摂る前に、野菜を食べる。
次にタンパク質を含む魚や肉などを食べる。

この順番を守りながら、しっかり噛んで食べるということを心がけます。
糖化を防ぐ食品としては、

  • 生姜
  • ニンニク
  • 黒コショウ
  • バジル
  • リンゴ
  • レモン

などがあります。

また、緑茶などに含まれるカテキンは糖化による老化物質が作られるのを阻害する作用があります。

また、色々な種類のお茶が出回っていますが、その中でも甜茶ゴボウ茶カモミールティーグァバ茶など、抗糖化作用があると認められています。

お茶は手軽に取り入れることができるので、毎日続けられ、効果的です。

【スポンサードリンク】

老化予防…その他には?

食生活以外で取り入れたいのが、適度な運動
有酸素運動をすることによって、体内に蓄えられた糖を減少させることができます。

食後、すぐに10分ほど歩くことによって、血糖値の急上昇を防いでいきましょう。

それから『禁煙』
タバコの煙が糖化による老化物質を増やすので、タバコを吸っている人の近くに寄らないことも大切なポイントです。

最後に

いかがでしたか?『老化の予防には食生活から!糖化で体が焦げていく?!』
老化・糖化を予防するには、食生活が重要な鍵を握っていることがお分かり頂けたと思います。

【スポンサードリンク】

焦げない食事を心がけるきっかけになれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月28日
最終更新日:2016年8月30日

カテゴリー:美容 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ