舌にできた口内炎の原因とその治療。

Pocket

口内炎、主に唇の裏側から発生し、舌に触れやすいのでとても痛いですね。

舌が触れたとたん飛び上がるほどの激痛が走ることもあります。

舌そのものにできてしまうと舌を動かすたびに気になってしかたがありませんよね。

しかし、口内炎になって舌が触れないか気になってしまったり、口の中のあちこちにできてしまうと日々の生活に影響がでてしまう可能性があります。

口内炎の原因について調べれば治療法や対策をとることができるかもしれません。

そこで今回はそんな口内炎について解説と『口内炎の原因と口内炎の治療法』について書いていこうと思います。

あなたのお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

口内炎とは

そもそも口内炎とはどのような病気かというと
ひとつの病気や疾患を指す言葉ではなく口の内部にある粘膜に生じる炎症を総称しているもので比較的に症状が軽いもの、または口内のあちこちに散らばった(散在性)ことをいいます。

口内炎が特定の部分に狭い範囲内に限られている(限局)場合は、舌炎歯肉炎口角炎、のように呼ばれていることが一般的です。

また、口腔粘膜炎は、抗ガン薬、放射線照射などの治療に関係して発生する病気なので、普通の口内炎とは違います。

口内炎の症状

主な口内炎の症状としては口内の広範囲に赤くただれたり、水ぶくれなどの症状がでます。

最初は、口が荒れたり、唇などがしみて痛い感じですが、症状がひどくなると接触痛が大きくなり、食事が思うようにとれない、食べ物や飲み物がとても飲みにくい、思うように喋れないなど日常生活に大きな影響がでできます。

口内炎の原因

口内炎の原因としては細菌ウィルスアレルギー(歯科金属やフルーツなどの食物)、やなどが主な原因ですが、中には原因が特定できないものもあり、白血病や貧血などの血液の病気などが原因で発生するものもあります。

【スポンサードリンク】

口内炎の誘因

口内炎によって人体に現れるものは疲労体力の低下免疫異常ビタミン欠乏精神的疲労遺伝子的要因口腔清掃不良
などが現れ、日常生活に大きく影響が出てしまいます。

口内炎の対策

基本的には歯磨きやうがい、舌を掃除するなど口の中を清潔にすれば良いのであまり費用はかかりません。

しかし、局所的なところはうがい薬や軟膏が必要になり、ウィルスや真菌感染など原因が判明している場合には、それぞれに効く薬を使用したり、全身的な病気の場合はそれぞれに応じた薬を使用するなど結構厄介になります。

実際に口内炎にかかってしまったら

口内炎の症状が軽い場合は口の中をキレイにするなどをして、1週間〜2週間様子を見るなどをした方がいいです。

症状が長引いている場合はキケンですので専門の医者から治療をした方が得策です。

口全体に口内炎ができてしまうと思うように食事ができず、イライラしてしまうなど体力を消耗してしまうことや、免疫力が低下してしまい、病気になりやすくなってしまうなど負のスパイラルに巻き込まれてしまうので、早急に口腔内科、口腔外科などの専門の方々から治療を受けるべきです。

舌にできた口内炎の治療方法

舌にできた口内炎には非常に厄介で飲み込むだけで痛く辛い経験をした人も多く、そして軟膏が塗りにくいところです。
そこで舌にできた口内炎をすぐに治す方法を教えます。

  • 歯ブラシやデンタルフロスで口の中をキレイにする
  • ガーゼにケナログなどの軟膏を多めに付け、口内炎にガーゼごと保護するように付ける
  • ビタミン不足により口内炎が発生することがあるのでサプリメントや果物を利用してビタミンB2やビタミンCを摂取する
  • 休養、睡眠をしっかりとる
  • 食事が取りづらい場合はウィダーインゼリーなどの高カロリーのゼリーを飲む

まとめ

いかがでしょうか?生活習慣病のひとつである口内炎には重い病気になる原因になってしまうこともあるのです。

日々の生活の中で病気になりやすい、疲れやすい、スポーツなどで体力が中々作れないなどがあった場合はもしかしたら自分の口の中に原因があるのかもしれません。

【スポンサードリンク】

ですので歯磨きや舌をキレイにするなどをしてしっかり予防をすることをオススメします。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月8日
最終更新日:2016年6月10日

カテゴリー:健康

サブコンテンツ

このページの先頭へ