★水仙(スイセン)の花言葉!実はあまり良い意味ではない?贈る前に知っておこう!

Pocket

雪の中でもきれいに咲く事から、別名を雪中花(セッチュウカ)と呼ばれる水仙(スイセン)。

冬から春にかけて咲く花で、寒気の中で凛として咲いている姿と、派手でもなく地味でもない可憐な花の風情から、
春の到来を感じさせてくれる花として古くから愛されています。

冬から春にかけて鉢植えや花束を贈るために花屋さんに行くと、色々な水仙(スイセン)が並んでいて、贈る花に水仙(スイセン)を選ぼうかなどと考えてしまいます。

椿や鉢植えであれば「入院している方に贈る事はNG」といった様な決まりがありますが、水仙(スイセン)は福井県の県花だったり、名所地として有名な所もあったりするので、贈る花として適しているのか適していないかなどと考える事はあまりないと思います。

水仙(スイセン)も椿などの様に、贈るシーンによっては避けた方が良い場合があるのをご存知でしたか?

どの様な時に送るのを避けた方が良いのでしょうか?花を贈る時に花言葉の意味を考えた方が良いシチュエーションがあると思います。
バラやフリージア、シクラメンなど、花の色や贈る本数などによって花言葉の意味が違う花もありますが、水仙(スイセン)もまた花の色や種類で花言葉の意味が違ってくるのです。

それでは水仙(スイセン)の花の色や種類で花言葉の意味はどの様に変わってくるのでしょうか?

そこで今回は『水仙(スイセン)の花言葉!実はあまり良い意味ではない?贈る前に知っておこう!』について紹介します。

【スポンサードリンク】

水仙(スイセン)にはどんな種類がある?

水仙(スイセン)の原種は、スペインのイベリア半島を中心にヨーロッパ中部やイギリス、アフリカ北部を含む地中海沿岸に約30種類ほど自生しています。

古代ギリシャの壁画にラッパズイセンが描かれている程古くから親しまれており、また古くから園芸用として品種改良されています。
日本の水仙であるニホンズイセンは、室町時代以前に中国を経由して渡来したとされ、本州より南の比較的暖かい海岸近くでは野生化した群生も見る事ができます。

水仙(スイセン)の花言葉を見る前に、先ずは水仙(スイセン)にどの様な種類や花の色があるのかを見てみましょう。

原種だけで30種類程度ある水仙ですが、日本で栽培されている主なスイセン類としては、

  • タゼッタ
    一般にフサザキスイセンと呼ばれ花弁が白色で花冠が黄色の日本スイセン、黄花のキブサスイセン、白色のペーパーホワイトなどがあります。
  • ラッパスイセン
    南西ヨーロッパ原産、スイセンの中でも最も大輪の種類で花期は3~4月で花壇、切り花用として栽培されています。
  • クチベニスイセン
    地中海沿岸原産、中輪種で花はいい香りがします。
  • タイハイスイセン
    ラッパスイセンとクチベニスイセンの交雑種でもっとも色彩が豊富。
  • ショウハイスイセン
    クチベニスイセンを主体とした交雑種。
  • ジョンキル
    一般にキズイセンと呼ばれています。
  • ヤエザキスイセン
    ラッパスイセンその他の種類が八重咲きになったものです。
  • ブルボコディウム
    ヨーロッパ南西部原産、花色は黄色で花びらは約1.5センチと小ぶりです。
  • カンランズイセン
    キズイセンとラッパスイセンとの雑種。

※参考文献 : 小学館・大日本百科全書 他
があり、花の色としては白色系と黄色系があります。

水仙(スイセン)の色による花言葉は?

白色系と黄色系がある水仙ですが、花の色に左右されない水仙(スイセン)全体の花言葉は、「自己愛、うぬぼれ」となります。
水仙は学名をNarcissusと言います。このNarcissusはギリシャ神話に登場するナルキッソスの神話に由来しているとされています。

その神話の内容は…
義憤の女神ネメシスに「自分しか愛せない」という呪いをかけられた美少年ナルキッソスが、泉の水面にうつる自分に惚れ込み、泉の水面を眺めたまま死んでしまうと、そのすぐ傍で水仙が泉を覗き込む様に咲いた。という物語です。
ギリシャ神話の中で水仙はナルキッソスの生まれ変わりとされています。ナルキッソスは英語のナルシストの語源とも言われ、花言葉の自己愛とうぬぼれは、まさにナルシストの典型と言えますね。

次に水仙(スイセン)の花の色による花言葉ですが、
白色系
神秘•尊重
黄色系
私のもとへ帰って•愛に応えて

となります。同じ水仙でも白と黄色では意味が全然違っていますね。

黄色の花言葉もまた、豊穣の女神デメテルとその娘ペルセポネ、冥王ハーデスによるギリシャ神話を由来としています。

その神話の内容は…
冥王ハーデスが豊穣の女神デメテルの娘ペルセポネに恋をし、エンナの谷で水仙の花を摘んでいたペルセポネを冥界に連れて去ってしまいます。母デメテルは万能の神ゼウスに娘を自分の元に帰すよう願い出ますが願いは聞き入れられず、デメテルは身を隠しペルセポネもまたハーデスを生涯受け入れる事はなかった。という物語です。

神話の中では連れ去られる時にペルセポネの手から落ちた水仙が、黄色く色づき黄水仙になったとされているので、黄色い水仙の花言葉「私のもとへ帰って」は母デメテルの気持ちから、「愛に応えて」はハーデスの片想いから、花言葉になったとされています。

水仙(スイセン)の種類による花言葉は?

30種近い原種と古くから品種改良が加えられてきた水仙は、多種多様な品種があり、色だけでなく品種によってもまた花言葉が違っています。

それでは品種による花言葉の違いにはどの様なものがあるのでしょうか?

ラッパスイセンの花言葉 「尊敬」
黄色いラッパスイセン 「尊敬、心遣い、あなたを待つ、自尊、報われぬ恋」
尊敬の花言葉を持つラッパスイセンですが、やはり黄色い花になるとギリシャ神話の影響からか、心遣い、あなたを待つ、自尊、報われぬ恋という意味も加わります。

また花言葉ではありませんが、ラッパスイセンはイギリスのウェールズの国章(国家を象徴する紋章や徽章)にもなっています。
日本水仙(ニホンスイセン)の花言葉 「自己愛、神秘」
中国から渡来した日本水仙の原産は地中海エリアとされているので、やはりギリシャ神話のナルキッソスの影響を受けたのか自己愛が花言葉となります。

口紅水仙の花言葉 「すてきな装い、詩人の心、神秘」
白い花弁に淡黄色の副花冠(花弁の内側にある突起の様な花弁)、そして副花冠の縁が口紅を差した様に鮮やかな紅色をしている事から口紅水仙と名付けられました。
実際の花を見ると純白の花弁に薄い黄色とほんのわずかな鮮やかな紅がとても上品に見え、すてきな装い、詩人の心、神秘と言う花言葉も納得できます。

またギリシャ神話でナルッシソスの生まれ変わりとされている水仙はこの口紅水仙と言われています。

【スポンサードリンク】

花言葉意外に水仙(スイセン)の持つ意味は?

花言葉だけでも色々な意味がある水仙ですが、ウェールズの国章などの様に、象徴とされていたり花言葉意外に他の意味を持っていたりもしています。

どの様なものがあるかというと…

「希望」の象徴
水仙は春の訪れと共に咲く事から欧米では「希望」の象徴とされていて、水仙はガン患者をサポートする団体の多くで、「希望」のシンボルとして募金活動のキャンペーンに用いられています。
「縁起」が良い花
江戸時代の日本では、水仙は春の訪れをいち早く知らせるおめでたい花とされ、引越しなどの節目を飾る縁起物とされていました。

ギリシャ神話が由来とされるためか、花言葉だと、自己愛、うぬぼれ 、私のもとへ帰って、愛に応えてなどチョッとネガティブな意味を持つ水仙ですが、まだ寒い時期に春の訪れを告げる様に咲く事から、希望の象徴や縁起物であったりするのはうなずけます。

以上となります。

ギリシャ神話に登場するナルキッソスの神話物語に、その名前の由来があるとされる水仙の花言葉は、花言葉の由来もまたギリシャ神話の悲しい物語にあるとされ、ポジティブな意味がある反面、ネガティブな面もありますので注意してください。


また名前の由来には「昏睡や麻痺」という意味のギリシャ語、「Narce(ナルケ)」を語源とする説もあります。

まとめ

江戸時代であれば、引っ越し祝いや開業祝い、誕生日など節目の贈り物として贈っても問題のなかった水仙ですが、花言葉の意味を顧みると水仙を贈る場合には、贈る時のシチュエーションや贈る人との間柄を考えてください。

【スポンサードリンク】

またポジティブな花言葉の意味を込めて水仙を贈りたい!という時にはメッセージカードを添えるなどの方法もありますので参考にしてください。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年2月22日

カテゴリー:

サブコンテンツ

このページの先頭へ