スプラウトの栽培方法は?栄養と効果は?

Pocket

スプラウトという名前はあまり聞かないと思います。

また、スプラウトの栄養効果栽培方法もあまりご存知の人は少ないと思います。

スプラウトというのは長く伸びた軸に二葉のついた野菜であり、野菜を食べるよりも栄養効果が高いといわれております。

スプラウトは発芽直後の植物の新芽を栽培した野菜で、発芽野菜と呼ばれています。

またスプラウトは大きく成長するために必要な栄養やパワーを最も豊富に含んだ状態で、
種子や大きく成長した野菜より栄養効果や酵素をたっぷり含んだ状態なので、普通の野菜より多くの栄養や効果があります。

ですので、普通の野菜よりも栄養効果が高いのでオススメです。

また、家でスプラウトを栽培する栽培方法があります。

普通の野菜より栄養効果が高いので栽培方法は難しいと思っているかもしれませんが、実はスプラウトの栽培方法はとても簡単で少ない材料と道具で栽培する方法があります。

そこで今回は『スプラウトの栽培方法は?栄養と効果は?』というテーマで詳しく調べてみました。

スプラウトに含まれている栄養効果

スプラウトといっても複数のタイプのスプラウトがあり、いくつか紹介します。

ここで紹介するスプラウトは…

  • レッドキャベツスプラウト
  • クレススプラウト
  • マスタードスプラウト
  • ブロッコリースプラウト

それでは1つずつ特徴をみていきましょう。

【レッドキャベツスプラウト】
レッドキャベツスプラウトにはβカロテンビタミンCビタミンEビタミンU葉酸の栄養があります。

このスプラウトは美肌効果、免疫力向上、老化防止やいろんな臓器の健康を維持してくれる効果があります。

【クレススプラウト】

クレススプラウトにはβカロテンビタミンCビタミンE、の栄養があります。

クレススプラウトはレッドキャベツスプラウトと同じで美肌効果や老化防止やシミの防止効果があります。

【マスタードスプラウト】
マスタードスプラウトにはβカロテンカリウムの栄養があります。

このスプラウトにはカリウムがあり、体内の塩分の排泄を促進したり、血圧を低下してくれる効果があります。

【ブロッコリースプラウト】
ブロッコリースプラウトには・スルフォラファンβカロテンビタミンCビタミンE、の栄養があります。

ブロッコリースプラウトには美肌効果老化防止抗酸化作用、などの効果がありますがスルフォラファンというものがあり、このスルフォラファンには抗酸化作用や有毒物質解毒する効果があり、身体の毒素を取り除いてくれる働きがあります。

ブロッコリースプラウトは他のスプラウトよりも栄養がとても高く、美容効果がとても高いのでとても人気のあるスプラウトです。

以上が主なスプラウトの種類ですが他にもスプラウトはあります。

スプラウトの栽培方法

上記で紹介した通り、スプラウトには多くの栄養があります。

ではその栽培方法なのですが、難しいと思っている人は多くいると思いますが、スプラウトの栽培方法はとても簡単です。

準備するものは次の通りです。

  • 種をまく容器
  • 水切りネット
  • 段ボールや黒い紙袋

簡単に手に入るものばかりですね。
これらを使って1週間でスプラウトを栽培することができます。

スプラウトを栽培する手順としては

1. 水切りネットをセットする
水切りネットを種を蒔く容器の底と同じ大きさに切って容器にセットします。

2. 種が重ならないように蒔く

3. 容器に水を入れる
容器に種が水に浸るか浸らないかくらい水を入れて光の当たらない場所か、ダンボールや箱などを使って光を遮断した環境で育てます。

4. 容器に水を入れてから2日間は朝と夜に種を洗って水を入れ替えます。

5. 3日目からは種を水に浸すのをやめ、一日2回、朝と晩に根の部分の洗浄と水やりをしてください。

水やりをする理由は雑菌を落とすためで、乾燥も良くないのですが水をやりすぎるとカビが発生してしまうので適度に湿度や気温に合わせて水やりをしてください。

6.  4日目以降はひたすら緑色になるまで水やりなどをして待ち、約1週間でスプラウトが緑色になったら完成なので収穫してください。

以上が主なスプラウトの栽培方法です。

比較的に家でも簡単にスプラウトを栽培することができるのでぜひやってみてください。

まとめ

いかがでしたか?『スプラウトの栽培方法は?栄養と効果は?』

【スポンサードリンク】

スプラウトはそこまで珍しいものではなく家で栽培できるもので、しかも 栄養が普通の野菜よりも栄養がとても高いのでぜひ試食することをオススメします。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年6月16日
最終更新日:2016年6月17日

カテゴリー:健康 美容 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ